明神池と風穴の不思議|山口県萩市でトンビとたわむれる




山口県萩市で、2つ目の目的地
「明神池」&「風穴」
にやって参りました。

明神池と風穴に
ふさわしい言葉は
「天然」

珍しい自然現状に
出会えるのです。

明神池は天然の水族館

明神池は、またの名を
「天然の水族館」。

実はとっても不思議な池。

大きな池、中くらいの池、
奥の小さな池からなる。

池は溶岩塊の隙間を通して
外海とつながっているので
外界の干満に応じて
明神池にも潮の干満が見られる。

 明神池でとんびと鯉とたわむれる

明神池の楽しみは、
生き物とのふれあい(笑)。

池の周りにある売店では、
餌が売られています。

上の写真を見て頂くと
池の中の鯉と
勢いよく飛んでいるとんびが
写っています。

明神池で、餌を投げると
池からは鯉が、
空からはとんびが
餌を狙って近づいてくるのです。

マジで後ろから飛んできますからね!

厳島明神に参拝

池に面してご鎮座されているのは
厳島明神。

毛利元就が信仰していた
厳島明神を勧請されたもの。

「明神池」の名前の由来も
ここからきているのです。

地元の漁師のみなさんが
漁の安全、豊漁を祈願して
奉納した魚が繁殖し、
今の様な「天然水族館」
になったそうです。

旧6月17日、18日では
宮島の厳島神社と同じく、
管絃祭が行われます。

還元祭では巫女が
「昇殿巫女の舞」を
舞う「みこ船」が海上を進みます。

そこに大漁旗を立てた漁師船が続き、
菊が浜の御旅所で神事神輿を
奉すのです。

ご鎮座されているのは
宗像三神です。

最近世界遺産に登録された
宗像沖の島に祀られている
神様と一緒ですね。

絶世の美女として
知られている神様なので、
明神池に来たら
忘れずに参拝しましょう。

天然のクーラー風穴へ

明神池のある萩市笠山一帯には
「風穴」と呼ばれるものがあります。

風穴とは、溶岩のブロックの
隙間から風が出入りする
不思議穴(笑)。

真夏でも15度くらいの
風が噴き出すという
まさに天然のクーラーなのです。

風穴の中にある空間の部分は
冬の期間、外気よりも
温度が高くなります。

その結果、外から冷気が
空間に流れ込んできて
蓄えられるのです。

そして夏。

風穴の空間の温度が
外気よりも低くなった時、
蓄えられていた
冷たい空気が
外に吐き出される結果
天然のクーラーに
なるというわけです。

厳島明神の後ろ側にあります。

見逃さないように!

 萩市明神池のアクセス

山口県萩市椿東








シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。