南紀白浜観光・泳げない寒い時期の訪問記をブログに書きました。

国内旅行

南紀白浜を訪れる人には、白い砂と夏のビーチを求めて訪れる人も多いでしょう。

私が訪れたのは12月の頭。

全く海水浴のできない時期の白浜です。

例え泳がなくても楽しめるのが、南紀白浜だとわかりました。

 




南紀白浜の観光地を巡る

南紀白浜観光マップ

※画像は南紀白浜観光ガイドより。

私たちが訪れたのは、冬の南紀白浜。

上の観光マップの上、臨海から順に半時計周りに紹介します。

この記事で紹介している観光スポット
  • 臨海
  • グラスボート
  • 南方熊楠記念館
  • 白良浜
  • 千畳敷
  • 三段壁
  • アドベンチャーワールド
  • とれとれ市場

まず最初に!

マイカーがなくても便利なのが南紀白浜。

南紀白浜で観光に便利な明光バス

観光の強い味方が、この明光バスです。

南紀白浜で観光に便利な明光バスの1日券

私たちは、1日乗車券を買いました。

3泊したので、後から「2日間乗車券買えばよかったねー」と話してました。

白浜は観光地と観光地が近いので、とても巡りやすい。

そして、よくある田舎の路線バスのように、2時間に1本しか来ないなんてこともありません。

アドベンチャーワールド~とれとれ市場~三段壁まで巡ることが出来ます。

南紀白浜で観光に便利な明光バスから見える絶景

海岸を走るときには、こんな絶景をバスの窓から見ることも出来ます。

明光バスについてはこちらから

臨海(りんかい)

南紀白浜の観光スポット臨海

臨海でバスを降りました。

南紀白浜の観光スポット臨海

看板の矢印に向かって進みます。

グラスボート

南紀白浜のグラスボート乗り場

まずはグラスボートに乗ります。

臨海のグラスボート

きっと乗るであろう、あの船に。

南紀白浜・臨海のグラスボート乗り場

白浜船長さんのお出迎え。

南紀白浜・臨海のグラスボート乗り場

円月島が見えています。

臨海のグラスボート

待つこと10分程度。

船に乗り込みます。

臨海のグラスボート

船の中へー!

臨海のグラスボート

船の外も見えるし…。

臨海のグラスボート

海の底もキレイに見えます。

臨海のグラスボート

円月島がすごいキレイに見えます。

臨海のグラスボート

窓越しに見える太陽とキラキラした海。

天候によっては乗れないこともあるので、事前にホームページからチェックして行かれることをおすすめします。

白浜海底観光船(グラスボート)の公式ホームページはこちらから

お不動様へ

南紀白浜の観光スポット臨海

グラスボート乗り場からずっと奥に歩いてきました。

臨海にある番所山不動堂

こんな岩のトンネルをくぐって進みます。

臨海にある番所山不動堂

なんと…!

臨海にある番所山不動堂
臨海にある番所山不動堂

番所山不動堂です。

お不動様が祀られていました。

臨海にある番所山不動堂

お参りして、こうして楽しく旅が出来ることを感謝しました。

南方熊楠(みなみかたくまぐす)記念館

南紀白浜臨海にある南方熊楠記念館

臨海で最後の目的地、南方熊楠記念館に向かいます。

ここは、地元の方が「とてもおすすめですよ」と教えてくれた場所です。

坂を上る…。

南紀白浜臨海にある南方熊楠記念館

階段を登る…。

なかなか険しい道のり。

ちなみにタクシーで来てる方もいましたよ。

南紀白浜臨海にある南方熊楠記念館

どどん!

到着しました。

南方熊楠は生物学者で、自然保護に尽力された人だそう。

田辺湾の神島が天然記念物になるのに貢献されたそうです。

南紀白浜臨海にある南方熊楠記念館

残念ながら、館内の展示物は撮影禁止がほとんどでしたが、屋上ではこの景色が見れます!

大パノラマの絶景が360度広がっています。

南紀白浜臨海にある南方熊楠記念館

南紀白浜を一望できるこの景色だけでも価値あり。

南紀白浜臨海にある南方熊楠記念館

こんな場所に記念館があって、きっと南方熊楠のとても喜んでいらっしゃるのでは、と思いました。

南方熊楠記念館の公式ホームページはこちらから

白良浜(しららはま)

南紀白浜の観光スポット白良浜

どどん!

白い砂が広がる白良浜です。

南紀白浜の観光スポット白良浜

お昼間と夕日が見えるときと、2回きましたよ。

南紀白浜の観光スポット白良浜
南紀白浜の観光スポット白良浜

夕日です。

南紀白浜の観光スポット白良浜

キレイだね。

千畳敷

南紀白浜の観光スポット・千畳敷

またまた絶景スポット、千畳敷にやってきました。

南紀白浜の観光スポット・千畳敷

海が見えてきました。

南紀白浜の観光スポット・千畳敷

どどん!

南紀白浜の観光スポット・千畳敷
南紀白浜の観光スポット・千畳敷
南紀白浜の観光スポット・千畳敷

想像を超えた、壮大なスケールの大自然がどっかーんと広がっている。

南紀白浜の観光スポット・千畳敷

ただただ、すごかったです。

南紀白浜の観光スポット・千畳敷

海のキレイさもすごいけど、この岩!

千畳敷を隅から隅まで歩けば、結構な運動になります。

南紀白浜の観光スポット・千畳敷

ヒールなど、かかとの高い靴で散歩するのは危険なのでやめた方がいいかも。

南紀白浜の観光スポット・千畳敷のお土産屋さん

お土産やさんにきました。

茜・千畳茶屋です。

南紀白浜の観光スポット・千畳敷のお土産屋さん

みかんいっぱーい!

南紀白浜の観光スポット・千畳敷のお土産屋さん

梅干しもいっぱーい!

南紀白浜の観光スポット・千畳敷のレストラン

2階はレストラン。

南紀白浜の観光スポット・千畳敷のレストラン

千畳敷を見下ろしながら、お食事が出来るなんとも贅沢なレストランです。

南紀白浜の観光スポット・千畳敷のお土産屋さん

せっかくなので、ミカンジュースを飲んでみることにしました。

南紀白浜の観光スポット・千畳敷のお土産屋さん

美味しかった。

茜・千畳茶屋のインスタグラムはこちらから

三段壁(さんだんへき)

南紀白浜の観光スポット・三段壁

南紀白浜、最後の絶景スポットは、三段壁です。

南紀白浜の観光スポット・三段壁

海に向かってすすみます。

南紀白浜の観光スポット・三段壁

どどん!

青い海に「恋人の聖地」

南紀白浜の観光スポット・三段壁

まずは、エレベーターに乗って、洞窟に行ってみます。

南紀白浜の観光スポット・三段壁

エレベーター降りたところで、まずは記念撮影。

南紀白浜の観光スポット・三段壁

洞窟の中を歩いて、海が見える所まで行きます。

南紀白浜の観光スポット・三段壁

海面がすっごい近い!

ド迫力です。

南紀白浜の観光スポット・三段壁

順路に沿ってすすんでいきます。

南紀白浜の観光スポット・三段壁

お不動さまです。

南紀白浜の観光スポット・三段壁

手水舎からは温泉が出ています。

さすが、南紀白浜温泉。

南紀白浜の観光スポット・三段壁
南紀白浜の観光スポット・三段壁
南紀白浜の観光スポット・三段壁
南紀白浜の観光スポット・三段壁

再び、海の見える場所へ。

波の音としぶきの迫力がすごくて感動。

南紀白浜の観光スポット・三段壁

どどん!

洞窟から外に出て、海を見るのも三段壁でやるべきことのひとつ。

南紀白浜の観光スポット・三段壁
南紀白浜の観光スポット・三段壁

三段壁の公式ホームページはこちらから

とれとれ市場

南紀白浜の観光スポット・とれとれ市場

南紀白浜で買い物をするならココ!

とれとれ市場です。

南紀白浜の観光スポット・とれとれ市場

お土産、海鮮、野菜まで何でも揃います。

南紀白浜の観光スポット・とれとれ市場

店内で販売されている新鮮な海鮮をその場でバーベキューで食べることも出来ます。

南紀白浜の観光スポット・とれとれ市場

私たちは、外の食事コーナーで磯揚げをいただきます。

南紀白浜の観光スポット・とれとれ市場

みかん、ゆずジュースと一緒に🍷

南紀白浜の観光スポット・とれとれ市場

だ…大好物の太刀魚を発見。

南紀白浜の観光スポット・とれとれ市場

太刀魚は半分お刺身、半分塩焼き用にカットしてもらい、無事においしくいただきました。

クエも買いましたよ。

南紀白浜の観光スポット・とれとれ市場

これは、あんこう!

とれとれ市場、最高です。

空港や他の観光スポットからも近いので、バーベキュー食べにくるだけでも楽しいと思います。

とれとれ市場公式ホームページはこちらから

アドベンチャーワールド

アドベンチャーワールドについては、内容盛りだくさんなので、別の記事にまとめています。

アドベンチャーワールド訪問記はこちらから