武蔵野八幡宮|吉祥寺のパワースポットで良縁・健康・勝利祈願




吉祥寺の駅から歩いて行ける
パワースポットと言えば
武蔵野八幡宮。

境内には、商売繁盛、
勝負運上昇、縁結びの
神様と一緒に
「疫病」えきびょうの神様も
いらっしゃいます。

キレイなお水とご神木
大地のエネルギーを
頂いてください。

武蔵野八幡宮の御朱印

武蔵野八幡宮の御朱印

吉祥寺の町名と武蔵野八幡宮の由来

1657年、江戸では有名な
「明暦の大火」
(めいれきのたいか)
ちゅう大火事がありました。

これは、延焼面積
死者の数共に
江戸最大の火事です。

「明和の大火」
「文化の大火」と並んで
江戸三大火事と言われる
とても大きな災害でした

被害が大きかった
江戸の町では、
明暦の大火を機に
武家屋敷や神社仏閣を
街中から郊外に
移動させる「移住政策」が
行われることになりました。  

この移住政策で
現在の東京文京区小石川水道橋外にあった
「吉祥寺」というお寺。

このお寺の門前に
住んでいた人たちが
今の「武蔵野市吉祥寺」に
移り住んできたのです。

そして移住後の
1661年、今の吉祥寺に
「吉祥寺村」を開村。

村民の氏神様と
なったのが
「武蔵野八幡宮」なのです。

「吉祥寺」というお寺は
昔のまま文京区にあって
今の吉祥寺には
ありません。  

武蔵野八幡宮の由来

武蔵野八幡宮の手水舎 延暦8年(789年)
坂上田村麿
(さかのうえたむらまろ)
が大分県の
宇左八幡大社の
御分霊を祀ったと
伝えられています。

宇佐神宮は、
全国に4万社ある
八幡宮の総本山と
されるところ。

宇佐神宮の近くには
謎の古代遺跡群があったり、
謎だらけの祭りが
行われていたり、
かなりの昔から
人々が神を信仰していたことがわかる
霊験あらたかな場所です。

大分の奇祭「ケベス祭り」についてはこちらから

坂上田村麿は
平安時代の武官。

とても優秀だった人で
神社仏閣などにまつわる
パワースポット伝説には
何度も名前が
出てくる人です。

ちょっと話はそれますけど
「坂上田村麿黒人説」
いうのがあるんですよ。
( ^)o(^ ) 結局のところ
この黒人説に
証拠はないのですが(笑)  

吉祥寺|武蔵野八幡宮の御祭神

誉田別尊
(ほむたわけ のみこと)

第15代天皇
「応神天皇」
(おうじんてんのう)の諱(いみな)
※諱は、簡単に言うと
崩御後のお名前です。

比賣大神
(ひめおおかみ)

宇佐神宮にも祀られとる神様
天照大神
(あまてらすおおみかみ)
卑弥呼と同一人物では?!
という説があります。

大帯比賣命
(おおたらしひめのみこと)

仲哀天皇
(ちゅうあいてんのう)
の皇后さまにあたる
神功皇后
(じんぐうこうごう)
のこと。 古事記の中で
このように呼ばれています。  

武蔵野八幡宮にいらっしゃる神様

武蔵野八幡宮の境内末社

疱瘡神社(ほうそうじんじゃ)

疱瘡神というのは、
実は天然痘(てんねんとう)
という疫病の神様の事。

疫病をお祀りした

とても珍しい神社です。

広島にも疱瘡神社が
あるのですが、こちらは
天然痘にかかって
亡くなってしまった
平清盛の娘の供養の為に
建てられたとされています。

須賀神社

牛頭天王
(ごずてんのう)
須佐之男命
(すさのおのみこと)を
祭神とする神社。

稲荷神社

稲荷伸を祭ってある
商売繁盛
家運上昇のパワースポット。

鹿島神社

茨城県鹿嶋市の
鹿島神宮が総本山やで
武甕槌神(タケミカヅチ)を
祭神とする神社で
「勝負必勝」のパワースポット。

大鳥神社

大阪府堺市西区鳳北町
(おおとりきたまち)の
大鳥大社が総本山。 ※大鳥大社は
日本武尊
(やまとたけるのみこと)が
亡くなったあと
白鳥になって
最後に留まった大鳥の地。
白鳥を祭るために
建てられたとされています。

11月に開催される酉の市は、
こちらの大鳥神社のお祭りです。

出雲神社

島根県出雲市の「出雲大社」は
縁結びのパワースポットとして
有名な神社です。

三島神社

愛媛、静岡に多く分布する
三島神社。 受験合格
勝負運上昇
物事完結のパワースポット。

大黒天さまもいらっしゃって
「吉祥寺七福神」の
大国さまとしても
知られています。

大鳥居の前には
弁財天さまもいらっいますよ。

武蔵野八幡宮

武蔵野八幡宮境内の天然記念物、文化財

武蔵野八幡宮の狛犬 1813年創建の
石造りの鳥居と
一対の狛犬。 1862年に造られた
お賽銭箱などなど
歴史のあるものが
多く見られます。  

蕨手刀(わらびてがたな)

昭和3年3月、八幡宮境内の
地ならし工事をしていた時のこと。

社殿西側にある
ケヤキの木の根元から
蕨手刀(わらびてがたな)
と言われる刀が
出土しました。

残念ながら
こちらは非公開ということで
普段は見ることは
出来ません。

7~8世紀頃のものでな、
武蔵野市有形文化財に
指定されています。

天然記念物のキハダの木

幹周り2.22m
樹高約19mと
ごっつう大きな木が
境内に立っています。

これは都の天然記念物に
なっとるキハダの木です。

七五三や初宮参りでは
このきはだの木の前で
写真撮影をされる姿を
お見かけします。

吉祥寺秋祭り|武蔵野八幡宮例大祭

武蔵野八幡宮の御神輿が
吉祥寺の商店街を渡御する
「吉祥寺秋祭り」。

神馬、宮神輿の練り歩きに
花を添えるのが
「むさしのばやし」

これは、武蔵野市の
無形文化財にも指定されとる
「お囃子」なのです。

祭りの最後には、
神輿連合渡御で
全ての御神輿が
吉祥寺駅前の平和通りに
集まります。

武蔵野市民が
楽しみにしているお祭りです。

吉祥寺の酉の市と言えば武蔵野八幡宮

詳しく見るにはこちらから

武蔵野八幡宮へのアクセス

東京都武蔵野市吉祥寺東町1 丁目1−23

武蔵野八幡宮

吉祥寺の初詣と言えば武蔵野八幡宮

詳しく見るにはこちらから








シェアする