宮島ロープウェイで弥山登山へ|料金・見どころ・服装まとめ




宮島ロープウェイに乗って
弥山山頂まで
行って参りました。

観光で登るロープウェイとは
一味違い、
登山道を歩いて
更なる上を目指す
観光コースです。

時間をかけて歩いても
行く価値ありのスポット、
見る価値ありの絶景が
待っています。

服装なども準備して行きましょう。

宮島の弥山登山にふさわしい服装

宮島ロープウェーお役立ちマップ

宮島の弥山山頂への道のりは
思いっきり登山道です。

ヒールやパンプス
サンダルでの登山は無理。

(獅子岩駅の展望台までなら
軽装でも大丈夫かも。)

汗だくになりながらも
登る価値ありの
絶景が見られます。

山の天気は変わりやすいので
重ね着できるものを
持っていくことをおすすめします。

また、マムシや蜂などの
虫などには注意が必要。

暑い日でも肌の露出をした
服装は避けた方がよいです。

宮島ロープウェイ紅葉谷駅へ向かいます

宮島厳島神社周辺から
ロープウェイ紅葉谷駅へ行く方法は
2つあります。

1つは無料送迎バスを
利用する方法。

宮島ロープウェイ送迎バスの地図

宮島ロープウェイ乗り場のMAP

約20分間隔で運転。
乗車時間3分。

休日になると
バス停にはけっこう行列が
出来ています。

もうひとつの移動方法は徒歩。

徒歩の場合は20分程度
かかります。

バスを使わず、徒歩で紅葉谷駅まで歩くという方はクリックして読んでください

チケット売り場から紅葉谷駅までまだまだ歩きます。

宮島ロープウェイの切符売り場

チケット売り場まで
送迎バスで来られた方も
安心してはいけません。

チケットを買ったら
すぐに乗り場ではないのです。

チケットを買う時、

「あと10分歩いたら
 乗り場がありますよ!」

と激励されました。

宮島ロープウェイ乗り場に続く道

ひたすら歩きます。

宮島ロープウェイ紅葉谷駅に向かう道のり

緑が広がり、
ことりがさえずっています。

ここは紅葉谷公園。

秋には絶景の紅葉が見られる
人気の散策道なのです。

宮島ロープウェイ紅葉谷駅に向かう道のり

私たちも自然に励まされながら・・・

ひたすら歩きます。
ひたすら歩きます。
ひたすら歩きます。

途中で看板にも
書いてありました。

「もうちょっとです!
 頑張ってください!」

途中で、小さな橋を渡り

宮島ロープウェイも紅葉谷駅に向かう道のり
川を越え、そして再び
歩きます、歩きます
歩きます。

宮島ロープウェイ乗り場に続く道

うぃー!
ロープウェイのりばばで
あと100の看板が
出てきました
(´ω`*)

ロープ―ウェイ乗り場、
紅葉谷駅に到着です。

チケット売り場から
既に10分以上
経過しているような…。

という事で、厳島神社から
ずーっと徒歩で移動すれば
ロープウェイに乗る前に
30分くらい歩くことになります。

紅葉谷駅からロープウェイに乗り込む!

宮島ロープウェイから瀬戸内海を見下ろす

達成感いっぱいで
ロープウェイ乗り場の
写真も撮らず、
乗り込んでしまいました。

6人乗りの小さな
ロープウェイ。

行列でしたが、
5分も待たずに
乗る事が出来ました。

宮島ロープウェイを登ると
上から宮島を一望出来たり、
縁結びのご利益のある
お寺があったりする。

そんな話で盛り上がりながら
ロープウェイは
高く高く登ります。

宮島ロープウェイからの眺め

途中、一度乗り換える
必要があります。

紅葉谷駅を出発し、
最初に降りるのは
榧谷(かやたに)駅。

そこから最終駅である
獅子岩駅を目指します。

宮島ロープウェーお役立ちマップ

獅子岩駅に到着

ロープウェイの最終駅
獅子岩駅に到着。

絶景です!

せっかくなので
ネットでの口コミもどうぞ。

宮島ロープウェイの獅子岩展望台

弥山山頂マップにも
獅子岩展望台からの
絶景が紹介されています。

獅子岩駅を満喫する

獅子岩駅には
恋人の聖地のサテライト
誓いの火と
ハートインもみじがあります。

ハートインもみじ

宮島のハートインもみじ

広島名物、もみじまんじゅうに
ハートが入った
ハートインもみじです。

これは獅子岩駅でしか
見ることが出来ません。

もみじ饅頭の手焼き体験も
することが出来ます。

※10歳未満のお子様は
火傷の恐れがあるので
体験は出来ません。

ハートインもみじストラップも
獅子岩駅の恋人の聖地限定で
販売されています。

誓いの火

宮島ロープウェイの山頂駅獅子岩駅にある恋人の聖地誓いの火 

獅子岩駅には恋人たちに人気の
恋人の聖地、誓いの火があります。

左右にあるボタンを
二人同時に押すと
誓いの火が灯ります。

獅子岩駅からが本物の登山道!

さて・・・

宮島ロープウェイの
終点で降りると…

あれ!? お寺もない。
まだ海も見えない。

エンムスビノカミサマハドチラニ?

恋人の聖地・消えずの火についてはこちらから

縁結びの神様は見えません。

さて、もう一度地図を
見てみましょう。

宮島ロープウェイのお役立ちマップ

獅子岩駅から弥山山頂までは
ここから(地図によると)
あと40分ほど
歩く事になるのです。

そして、この獅子岩駅から
弥山山頂までが
本当の登山道なのです。

ちなみにどのくらい
登山道かというと…。

途中で地面に座って
見境なく休憩している
年配のご婦人がいたり。

木の根っこを
またいで歩いたり。

宮島ロープウェイから展望台までの道のり

山頂から帰ってくる人と
すれ違う広さがなかったり。

私は登山用の
ストックを使いました。

妹は山道でこけました。

弥山山頂を目指すには、
パンプスやヒール、
サンダルではNGです。

服装は本当に注意して
くださいね!

第一の目的地|弥山本堂・霊火堂に到着です

宮島弥山登山の弥山本堂

ストックを頼りに
獅子岩駅から歩く事
30分!

第一の目的地の
弥山本堂、霊火堂に
到着です。

やったー!
(´ω`*)

宮島弥山登山の弥山本堂

外から霊火堂を写すと
後光がさしたように
なっています。

すごい煙とたくさんの
ロウソクでした。

きえずの火は、
「燃え続ける火」
という事で、
恋人の聖地と呼ばれ
縁結びのパワースポットに
なっているのだ。

消えずの火・恋人の聖地の詳細についてはこちらから

宮島弥山登山道と弥山本堂

暑さに耐えて
登ってきた私たちには
残念な情報だった。

ラムネ、お水の販売のところに
「あまり冷えてないです」
と書いてありました。

冷えていないラムネ!

これこそ修行である。

私たちは購入を断念した。

 

弥山山頂へ!ここから更なる登山道

宮島弥山登山道と弥山本堂

霊火堂の横にある階段を
登ると、天狗さまを
お祀りしてある
山鬼堂がありました。
撮影禁止でしたので、
画像はなし。

山鬼堂から更に
同じような階段が伸びていて、
そこから更に山頂を目指します。

ご利益は学業・安産|観音堂・文珠道

宮島の弥山登山道にある観音堂・文殊道

弥山本堂を過ぎると
観音堂・文殊道があります。

文殊堂は学業の仏様で
智恵を授ける文殊菩薩が
祀ってあります。

観音堂には安産の仏様
観音様が祀られています。

不動岩

宮島弥山展望台への登山道にある不動岩

登っている途中に
大きな岩の祠のような
物があり、階段が作ってありました。

「階段がある」

それは

「登れ。そしたら
 何かがある」

を意味している。

登ってみたら…

宮島弥山展望台への登山道

お不動様がいらっしゃいましたー!

初めまして。
お会い出来て光栄です。

こちらは不動岩という
有り難い岩なのです。

奇岩くぐり岩

宮島弥山展望台への登山道にある奇岩くぐり岩

登山道には奇岩くぐり岩があります。

これ、何と自然が創り出した
巨岩のアーチ。

何とも不思議です。

くぐり岩の下は撮影スポット。

若干混みあっています。

くぐり岩を抜けて…。

そろそろ山頂ですね。
くさり場とかなくて
良かったです。

弥山展望台に到着

宮島弥山登山道を登った展望台の眺め

ついに到着~!

獅子岩駅から歩く事
40分くらいです。

瀬戸内海の景色はもちろん
天気の良い日には
四国連山が見えるのです。

「日本三景の一の真価は頂上の眺めにあり」

と伊藤博文が言っている
有名な絶景なのです。

山頂には、座って
くつろげる憩いの
スペースもありました。

私たちも全員、
ひとまず休憩。

ゴロゴロして
若干睡魔も襲うほどに
なりました。

宮島弥山登山道の展望台

下りの道にもまだある弥山登山の見どころ

山頂からの下山の道。

登りと同じ道を帰らず
別の道を降りるのです。

まだまだ見どころがあります。

干満岩

宮島弥山登山道にある七不思議のひとつ干満岩

画像が見にくくてごめんなさい。

弥山7不思議のひとつ
干満岩です。

潮の満ち引きに合わせて
穴の中の水位が変わるという
不思議な岩です。

矢印のあたり、
見る時に参考にしてください。

満潮の時、横穴から
水が溢れ出るのです。

水はしょっぱい味だとか(笑)。

船岩

宮島の弥山登山道にある奇岩舟岩

舟の形をした大きな岩です。

その形から舟岩と呼ばれています。

岩の真下には岩のお地蔵様が
いらっしゃいます。

自然に出来た奇岩です。

疥癬(かいせん)岩

画像が悪くてごめんなさい。

疥癬岩は不思議な力が
あると言われる疥癬岩(かいせんいわ)

不心得な人がこの岩の側を通ると
皮膚病の疥癬にかかり、
疥癬に悩む心深い人が
この岩に触れると
病が岩に移り、完治すると
伝えられています。

大日堂

弘法大師空海が修法の道場として
建てられたのが大日堂です。

昔は厳島神社の奥の院として
厚く信仰されていました。

本堂には金胎両部の大日如来さま
が祀られています。

弘法大師空海作の
不動明王坐像が
安置されているのです。

明治以前、正月七日間
全島の僧が登山して
国家の隆昌を祈願した
道場でもあるのですよ。

現在、ご本体は大聖院の観音堂に
祀られています。

水掛け地蔵

三界萬霊水掛地蔵尊です。

すぐ横の湧水池の水を汲んで
お地蔵さんに水をかけて祈願すると
子供にまつわる全ての願望が
叶えられると伝えられています。

御山神社(みやまじんじゃ)

厳島神社の奥宮である
御山神社(みやまじんじゃ)です。

朱色の美しいお社が三つ建っています。

御山神社のある地に
宗像三女神が降臨したと
伝えられています。

天空のお社と呼ばれています。

鯨岩

宮島の弥山登山道にある鯨岩

鯨の形をしていることから
「鯨岩」と呼ばれています。

上の部分には潮吹き穴のような
穴まであるのですよ。

ぜひご覧になってください。

宮島弥山に伝わる七不思議

詳しく見るにはこちらから

宮島ロープウェイからの弥山登山の料金・所要時間

詳しく見るにはこちらから








シェアする