清水寺の胎内めぐり(京都)|暗闇の中で生まれ変わり願いを叶える参拝方法




京都の清水寺の境内。

ここには、暗闇の中を廻り
生まれ変わる事で
心願上手する
「胎内巡り」
(tainai meguri kyoto)

と呼ばれる
パワースポットがあります。

初めて、京都でこの胎内めぐりを
した時に願掛けしたことが
見事に叶った、
という事で効果も抜群。

お礼参りもかねて
京都に行った時には
必ず清水寺に参拝し、
胎内めぐりをするようにしています。

 

隋求道(ずいぐどう)巡り|胎内めぐりはパワースポット

胎内めぐりが出来る所は
清水寺の三重塔(さんじゅうとう)
の近くにあります。

「胎内めぐり」という
看板がありますので、
その方向に進みましょう。

パワースポットという事で
最近では、外国人の
観光客も増えています。

こちらの胎内めぐり。

2,000年に始まった
ということで
歴史はまだまだ新しい場所です。

胎内めぐりで効果のある参拝の仕方

入館する前、入館料を支払って
靴を脱ぎます。

靴を入れるビニール袋を
もらって、靴を入れましょう。

入館の前には、必ず
「初めてですか?」
と聞かれます。

初めての人には、
隋求道の拝観の仕方を
親切に説明してくれるので
まずは、それを聞きましょう。

ネタばれですが、
説明の内容は、下記の通り…。

このお堂。

大隋求菩薩の胎内に
お堂を見立てているので、

中はずーーーーと真っ暗です。

そんな暗闇の中を
どうやって進むかと言うと…
壁に張り巡らされた
大きな大数珠を頼りに
ひたすら進むのです。

進んだ先には、大きな石があります。

その石に触れたら
願い事をたったひとつだけします。

そうすると、願いがかなえられる
というものです。

清水寺の胎内めぐりは、本当に真っ暗!

入り口での説明を聞き終わり、
入り口の階段を下りていくと
何も見えない暗闇の中。

ひんやりとして
冷たい空気が心地よい。

どのくらい真っ暗かって・・・
何にも見えないほど。

思わずスマホのライトを
つけたくなります。

どのくらい真っ暗かって・・・
何にも見えないほど。

思わずスマホのライトを
つけたくなります。

暗闇をひたすら進みます。
進みます。進みます。

本当に真っ暗で何も見えない。

壁際の大きな数珠から
手が離れてしまったら最後。

何も手掛かりがなくなります。

進みます。
進みます。
進みます。

しばらくすると、やっと
梵字が刻まれている
大きな石が少しずつ
見えてきます。

その石に触りながら
願い事をひとつだけすると
叶えられるというもの。

 

暗闇の中、梵字の石に到達!

ここでは、参拝者一人一人が
石を触りながらお願いをするので、
本の少しですが順番待ちました。

梵字を触りながら
お願いごとをたったひとつだけ。

めっちゃ真剣です。

菩薩さまの胎内巡りはなぜ、願いが叶うのか?

心願成就のパワースポットと
言われるほど
願いが叶う理由とは
何なのか?

それは、この胎内めぐりが

胎内に入り
また出てくるという事で

「生まれ変わる」ことが
出来た!という事なのです。

「出来ることなら
 生まれ変わって
 やり直したい・・・」

そんな事思ったこと
ありますよね?(笑)

また、こちらには
「粟島明神」というお方が
子授け、安産のご利益を下さるのです。

「大聖歓喜天」は絶対秘仏。

このような方の胎内を廻り
生まれ変われるのですから
効果も抜群なのです。

清水寺(京都)胎内めぐりの時間と料金

入館料

100円

拝観時間

9時~16時

胎内めぐりでは、どんな風に願い事をお伝えするのかが大切

胎内めぐりには
たったひとつだけ
難点があります。

それは・・・

たったひとつしか
お願いをしては
行けない!ということ。

でも、願い事は
ひとつではありません。

健康、金運、良縁、子宝。

たくさん願いはあるのです。

私は初めて、この
胎内めぐりに参拝したときのこと。

-説明してくださった方
「お願い事は、たったひとつにしてください」

-私
「願い事はひとつじゃ困るんです。
 どうしても3つあるんです」

-説明してくださった方
「そうですか。

 あなたのお願い事は?」

-私
「彼氏も欲しいし、貯金もしたいし
 仕事も上手く行きたい」

と、めちゃめちゃ煩悩だらけ。

-説明してくださった方
「お金持ちで、仕事が出来る
 彼氏が出来ますように

 とお願いしたらどうですか?」

そういう発想はなかった!

その後、私は彼氏が出来て
何年後かに結婚。

一緒に参拝した友人は、
授かり婚で、旦那と子供が
一気に出来ました。

効果は絶大なのです。

どんな願い事をするか。

入り口でアドバイスをもらうと
良いと思います。








シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。