松江・足立美術館を1日で巡る島根県観光の旅




山陰・島根を観光するなら、絶対に行きたい松江城、足立美術館を1日で巡る旅をして参りました。

たくさんの画像で松江城、松江の堀川巡り、足立美術館の旅をお伝えします。



松江城⇔足立美術館のアクセス

ルート①松江駅⇔安来駅⇔バスで足立美術館

JR松江駅⇔安来駅(足立美術館最寄り駅)

特急だと所要時間20分程

CHECK松江駅→安来駅の時刻表はこちらから

CHECK安来駅→松江駅の時刻表はこちらから

安来駅⇔足立美術館の移動は、無料シャトルバス・またはイエローバスを利用

CHECK足立美術館公式ホームぺージのアクセスはこちらから

安来駅→足立美術館に向かうバスは先着順です。

足立美術館→安来駅に向かう帰りのバスは、整理券が必要になります。

入場したら、すぐに整理券を取る場所があるので、帰りのバスを確保します。

 

ルート②松江駅→米子駅→直通バスで足立美術館

皆生温泉発米子駅経由の足立美術館直通バス

米子を拠点にして観光するには便利なルートです。

皆生温泉・米子駅からは1日1便、足立美術館への直行バスが出ています。

皆生温泉発→米子駅→足立美術館直通バスの詳細はこちらから

9:20AM米子駅発→9:50足立美術館着です。

足立美術館の所要時間は2~2.5時間なので、午後に松江に移動し、ゆっくりと松江を観光するというパターンです。

 

足立美術館

足立美術館

足立美術館に到着です。

足立美術館

見どころは、日本一と言われる日本庭園と、横山大観の日本画です。

足立美術館

足立美術館の創設者である、足立全康(あだちぜんこう)の銅像です。

銅像と同じポーズで写真を撮ると、仕事運がアップすると言われます。

足立美術館

足立美術館

日本庭園。

ガラス越しでこの美しさです。

足立美術館

足立美術館の日本庭園

庭園の奥に滝が見えます。

この滝、「亀鶴の滝」は、落差は15mあります。

横山大観の「那智乃瀧」という作品をイメージし、作られた滝です。

足立美術館の喫茶室大観

私たちは、朝早く出発したので、朝食をとっておらず、ここで一旦食事タイム。

喫茶室「大観」へ。

足立美術館の日本庭園

窓際の席に座ると、日本庭園がばっちり見えます。

池がまるで水かがみの様にきれい。

足立美術館の喫茶室大観のカレーライス

どどん!

美味しかったカレーライス。

足立美術館の喫茶室大観のカレーライスについていたサラダ

セットでついていたサラダも美味しい。

足立美術館の喫茶室大観のハヤシライス

旦那はハヤシライスを注文。

酸味がきいて、美味しいとのコメント。

足立美術館の日本庭園

再び日本庭園へ。

足立美術館の日本庭園

足立美術館の日本庭園

この池庭、元々は枯山水式の庭園でした。、

昭和59年に改修した「池庭」は、100匹の鯉が泳いでいます。

足立美術館の日本庭園

画像真ん中にある、ハートの形をした苔の島。

縁結びスポットとして人気で、ハートをつかむように撮影すると、恋愛運がアップするそうです。

広さは5万坪。

自然の山々を取り込んだ「借景」という造園技法。

足立美術館の日本庭園には、約800本もの赤松が配植されています。

「女松」とも呼ばれる赤松は、赤い幹色がとてもキレイ。

創設者である足立全康が、自ら石川県の能登半島から仕入れたものだそう。

この「庭園日本一」とは、アメリカの「The Jounal of Japanese Gardening」という日本庭園専門誌が、全国にある900か所以上の名所旧跡を対象にしている、日本庭園ランキングです。

この足立美術館の日本庭園は、2003年から16年連続で日本一に選ばれています。

足立全康が全国から集めたという石。

鳥取県の佐治石(さじいし)は、日本三銘石のひとつ。

独特の縞模様や凹凸とした表面が特徴の石です。

足立美術館公式ホームページはこちらから

美術品は撮影できないので、公式Twitterの画像と、美術館でもらったパンフレットをご覧ください。

こちらがパンフレット。

足立美術館のパンフレット

展示されている作品は、時期によって変わるので、行く前にはホームページでチェックされることをオススメします。

足立美術館の公式ホームページはこちらから

島根県松江市・国宝松江城

国宝・松江城へ

松江駅から松江城まで移動してきました。

20分間隔でバスも出ているので、とても便利です。

CHECKぐるっと松江レイクライン・バス時刻表はこちらから

島根県松江にある国宝松江城

石段を登ります。

島根県松江にある国宝松江城

お城が見えてきました。

松江城

どどん!

国宝松江城が登場。

平日のお昼なのに、けっこうな人が訪れています。

松江城で松江若武者隊と一緒に撮影

松江若武者隊がいらしたので、一緒に撮影。

扇を持たせてもらい、「雅じゃのー」と褒められて、気分が舞い上がる。

まつえ若武者隊の詳細はこちらから

松江城

お城の中も見どころ満載。

松江城から見える景色

急な階段を何度も登り、一番上までやってきました~。

絶景です。

松江城から見える景色

ぐるっと回り、お城の横から撮影。

オススメ国宝・松江城の公式ホームページはこちらから

 

松江城・堀川めぐり

松江城堀川めぐり

どどーん!

国宝松江城のお堀を船で巡ります。

船の中は、このように座敷に座ったような状態です。

松江城堀川めぐり

カモが泳ぐ。

松江城堀川めぐり

松江城堀川めぐり

松江城堀川めぐり

松江城堀川めぐり

松江城も見えています。

キラキラと光る水面が美しい。

松江城堀川めぐりでは、橋の下をくぐるとき、何か所か屋根が下がってきて、乗船者も頭を下げないといけないところがあります。

松江城堀川めぐり

屋根が下がってきたー!

低い!

CHECK松江城堀川めぐり公式ホームページはこちらから

松江城のパンフレット。

松江城のパンフレット

 

松江城堀川巡りのパンフレット。