クルーズ旅行記|もし台風が来たらどうなる!?2つの台風に襲われた乗船記

クルーズ旅行記




クルーズ船での旅をする場合、
気になる事がひとつ。

もし、台風が来たら?
海が荒れまくったらどうなるの?

私たち夫婦は、一度
ダイヤモンドプリンセスの旅で
2つの台風に襲われる
という経験をしました。

予定している寄港地には
無事たどり着けるのか?

日程は変更に次ぐ変更。

それでも旅は楽しかったのか?

進路変更だらけの
クルーズ旅行記です。

 

 

ダイヤモンドプリンセスの旅にいきなりピンチが!なんと台風が接近

ダイヤモンドプリンセス乗船2日前。

旦那のスマホに1本の電話が入りました。

電話の相手は旅行会社。

内容はなんと・・・。

 

大型の台風が日本に接近中なので
船旅の日程が変わります

というものでした。

変更点はというと…。

・出発が1日遅れる。
・旅行日程は1日短くなる。

 

旅行代理店の説明によると

「日程の変更に不満がある場合
 直前ではあるけれども
 キャンセルしても構わない

 キャンセル料は無料でOK」

との事でした。

※旅行会社によって対応が違うかもしれないので、要確認。

日程が1日短くなるのは
残念ではありますが、
相手は台風。

わざとではありません。

キャンセルせずに
クルーズの旅にに
出発することにしました!

ダイヤモンドプリンセスを更にもうひとつの台風が襲う・・・

いよいよ出発前日。

またまた
旅行代理店から電話が・・・

それは、新たなる
旅行日程変更の伝達でした。
(;´∀`)

台風の進路の関係で
船で寄港する予定だった場所が
変更になるというもの。

韓国の済州島に
寄港する予定だったのを
釜山に変更する・・・という事でした。

とりあえず・・・

良かったー・・・中止ではなかった!

という事で、
無事出発することは
確定しました。

 

九州に行けない!?何と3度目の日程変更

変更もありながら、
無事クルーズの旅はスタート。

船の旅を満喫しているところ、
初日にいきなり衝撃の
船内放送が・・・。

 

何と・・・。

旅の出発を後らせた事で
無事台風が去ったのですが

なんと、もうひとつ別の
しかも大型の台風が
後を追いかけるように
日本に向かっていると・・・。

私たちは横浜を出港し、
日本を南下していくたび。

台風は沖縄の方から
本州を縦断しますから

まさに台風に向かって
進んでいくことになります。
(; ・`д・´)

当然ながら、進路変更です。

しゃーないです・・・
しゃーない。

誰も悪くない。

ということで
当初の予定にはない
新たなる寄港地が
決まりました。

それは・・・

神戸でした

そこで台風が過ぎ去るのを
待つことになります。

 

急な入港にかかわらず、神戸港では歓迎のセレモニー

神戸港かぁ・・・

予定してなかったなあ。

と思いながらも神戸に着くと
ダイヤモンドプリンセスの
寄港を歓迎してくれはる
ブラスバンドとミス神戸!

旦那も大喜びでした。

1日ゆっくり出来ましたので
神戸の生田神社に参拝したり
明石焼きを楽しんだり出来ました。

さすがのオペレーション。

急な寄港地の変更でも
既にオプショナルツアーも
準備されていましたよ。

 

 

台風は去ったのか?ダイヤモンドプリンセスの行方はどうなる?

さて、気になるんのは
台風の進路。

神戸港で船が待機をしても
台風が去らない限り
船は進めません。

結果は・・・

何と台風は去らないまま。

更に待機を続けることになりました。

新たな待機場所…
ということで、

翌日は大阪港に寄港。

ここで、今回のクルーズの
全日程の変更が
船内にアナウンスされました。

その変更の内容とは・・・。

大阪港を出港後、
瀬戸内海クルージング。

台風を避けるために
ひたすら海上で過ごし

釜山にも寄らずにそのまま
横浜港に戻る。

そのため、横浜到着日程が
1日遅れると!

 

予定されていた
九州での寄港地は全てキャンセル。

韓国の釜山寄港もキャンセル。

何という事だ!

最初の予定と全く違う
スケジュール(笑)

当然ですが、横浜到着が
1日遅れては困る方も
いらっしゃるでしょう。

外国からの乗船客は、
九州めぐりを楽しみに
していた方もいたでしょう。

大阪港では、再度
ツアーキャンセルの案内もあり、
下船されている方も
いらっしゃいました。

大型バスで2台くらいの
人数だったと思います。

大阪港へ寄港|吉本新喜劇を観劇

大阪港に入港!

神戸港を出港してから
わずか15分程度の移動(笑)。

ここでもさすがのオペレーション。

大阪を観光するための
インフォメーションなどが
まとめて届けられました。

これで、下調べなくても
観光には困りません。

さて、私たち夫婦は
大阪では吉本新喜劇を観劇。

港のすぐ近くにあった
海遊館に行かれた方も
多かったようです。

ひたすら海の上で過ごしたダイヤモンドプリンセスツアー

さて、大阪港を出港後、
全く寄港地によらない
終日クルーズの毎日が始まりました。

暇で暇で仕方ないのかなー
と思っていたら…。

それが意外にも
楽しいものです!

日本は2つの大型台風で
大変大変・・・と
ニュースでは言っていますが。

ダイヤモンドプリンセスの上では
この快晴!

海の上にいると
雨も風も全く気になりません。

毎日晴天でした。

瀬戸内海クルージングは最高!

天気があまり宜しくないので
写真映えしていませんが
瀬戸内海クルージングは
最高に楽しかったです。

 

瀬戸内海はたくさんの島々と
島をつなぐ橋が見どころ。

瀬戸内海を横切りながら
近隣の島々の解説を
丁寧に船の中で放送してくださいます。

橋の下を船が通過するたびに
乗船客は大歓声!

橋の下を通過するときは
シャッターチャンスですよ。

 

最後に・・・

ダイヤモンドプリンセスでなくても
もし、台風が来たら。

楽しみにしている
寄港地に行けなくなったら。

と心配な方も多いかも。

はっきり言って、
船の旅である限り、
寄港地の変更は
絶対にないとは言い切れません。

私たちのように全寄港地が変更という以外にも
「九州に行く予定が北海道になった」
「港に停泊したまま2日間動けなかった」

なんてこともあったようです。

それでも楽しいのが
客船の旅。

ハプニングすらも
楽しめるものです。

 

クルーズ船日本発着|おすすめしたい旅行会社

決して短い旅ではない
クルーズ船の旅。

手厚くケアをしてくださる
旅行会社に巡り合えると
更にうれしいですね。

クルーズ中、船内に
旅行会社のデスクがあったり、
添乗員が船に乗られていたり、
寄港地や船内の情報をくれたり、
どの旅行会社でも安心です。

乗船客の間で評判の良い
旅行会社を紹介します。

近畿日本ツーリストのクルーズの旅

■JTBクルーズの旅

■HISクルーズの旅

■日本旅行のクルーズの旅