コルサコフ観光|ダイヤモンドプリンセス・サハリン寄港体験記

日本発着クルーズの旅




ダイヤモンドプリンセスの寄港地の中で、下調べをしようとしても圧倒的に情報が少ないのが、「コルサコフ」です。

サハリン州にあり、レーニン広場やカルチャーセンターがあるとのこと。

未知でしたが、行ってみるととても楽しいコルサコフ観光が出来ました。

コルサコフって、どんなところ?

ダイヤモンドプリンセスの旅で、寄港前に一番不安だったのはコルサコフでした。

特にトイレ事情がどうなのかが心配で。

1

トイレ事情が悪かったら、嫌だなぁ。

1
 

オプショナルツアー申し込んだら、途中で帰りたくなっても帰れないし。

そう思って、オプショナルツアーも申し込まずにいました。

ですが、ロシアという国は原則的に個人での自由観光にはVISAが必要になるのです。

という事で、クルーズ船で寄港しても、単独での自由観光は不可能。

迷ったのですが

1

レーニン広間に行く機会もそうそうないだろうし…。

とういうことで、勇気を振り絞って(笑)オプショナルツアーに申し込むことにしました。

2時間くらいの短い散策と、半日の長い散策ツアー2つあったので、私は短いツアーに参加することにしました。

コルサコフに到着

ダイヤモンドプリンセス船内から見たコルサコフの海

ダイヤモンドプリンセスがコルサコフに到着したのは、朝の6時。

 

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフ

今までの不安を吹っ飛ばすような、すごいきれいな海が広がっています。

早朝の海は、特にオススメです。

ダイヤモンドプリンセスのテンダーボート

コルサコフで、ダイヤモンドプリンセスは港に着岸しません。

離れた沖に停泊します。

コルサコフの港まで、テンダーボート乗り換えて移動します。

テンダーボートって、船が遭難したときに使うだけかと思ってました。

大きな客船が入れない小さい港に寄港するときは、テンダーボートを使うのです。

「船からコルサコフの港まで、テンダーボートの乗船時間は20分くらい」

と説明がありました。

乗ってみると、あっという間。

スピード感あるし、面白かったです。

コルサコフに上陸

ダイヤモンドプリンセスでコルサコフに入港

港に到着です。

テンダーボートの最終時間の案内など、貼ってあります。

オプショナルツアー用のバスも迎えに来ています。

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフの港

港は、撮影禁止でしたので写真はこれだけ。

 

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフの観光用のバス

観光用のバスは「旧式」と聞いていました。

1

旧式?

すごい古いバスだったら、どうしようかと心配でしたが、普通のバスです。

ただ、一部の席は進行方向に対して後ろ向き。

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフの現地ツアーのバス

車酔いなど気になる方は、席を選んでお座りください。

揺れもなかったです。

バスの中では、現地ツアーについての説明という紙をもらいました。

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフの観光の日程

ツアーのバスには、ダイヤモンドプリンセスのスタッフが1名乗っていました。

日本語は話せない方でしたが

「次は展望台に行きます。滞在時間は10分です。」

などと書いた紙を持って、バスの中を回っていました。

案内はそれだけですが、特に困る事はありません。

展望台で記念撮影

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフの観光で立ち寄った展望台

港から移動すること10分。

展望台にやってきました。

これが驚くほど絶景でした!

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフの観光で立ち寄った展望台

コルサコフでは、結婚式の写真を撮るような撮影スポットだそうです。

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフの観光で立ち寄った展望台

オブジェは、「朝鮮人望郷の丘碑」というそうです。

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフの観光で立ち寄った展望台

写真ではわかりにくいのですが、海がとってもきれいで幻想的なんですよ。

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフの観光で立ち寄った展望台

遠くには、停泊しているダイヤモンドプリンセスを見ることが出来ます。

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフの観光で立ち寄った展望台

ズームにしてみます。

浮いているみたいでしょ?

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフの観光で立ち寄った展望台

どどん!

手に客船を乗せてみて撮影をしてみます。

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフの展望台

滞在時間15分程度でしたが、海と空のきれいさを満喫しました。

コルサコフ・カルチャーセンター

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフのカルチャーセンター

コルサコフのカルチャーセンターにやってきました。

 ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフのカルチャーセンター

ここで、コルサコフ現地のガイドさんが合流。

語学を勉強中の学生さんのようです。

台本に書かれた説明を日本語で読んでくれます。

しっかり聞いておかないと聞き取れない事もありますが、それでも十分すぎるおもてなしです。

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフのカルチャーセンター

カルチャーセンターの中に入ったら、まずは買い物。

ロシアの人形、お菓子。

帽子とかあります。

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフのカルチャーセンター

どどん!

軍隊さんのような帽子をかぶってみる。

それが、なかなか可愛い。

キモ可愛い絵の描かれたチョコレートを3袋購入。

ドル、円、ルーブル全部使えましたよ。

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフのカルチャーセンター

可愛い女の子が販売していました。

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフのカルチャーセンター

どどどん!!

軍隊風の帽子よりも可愛い帽子をみつけたので購入~!

買い物タイム20分くらいの後、ステージでは民族ダンスが披露されました。

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフのカルチャーセンター

見学します。

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフのカルチャーセンター

女性の衣装がキレイでした。

スカーフとかお土産で売っていれば欲しかったけど、ありませんでした。

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフカルチャーセンターで見た民俗ダンス

民俗ダンスを動画で見れます。(音が出ますので気をつけて)

ショーもクライマックスになると、見ている人を舞台に上げ始めました。

上がったのは、5人くらいかな。

誘われても断っている人もいましたよ。

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフのカルチャーセンター

舞台へ上がりたい人は、前の方へ座っておくことをおすすめします。

私も一番前で見ていたので、一番最初に舞台にあがりました。

みんなでまわります。

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフのカルチャーセンター

いいですねぇ、ほのぼの。

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフのカルチャーセンター

舞台が終わった後は、舞台のキャスト、登場していたゆるキャラと記念撮影。

全然、商売っ気がなくて自分のカメラで撮影OK。

撮影も無料です。

レーニン広場

カルチャーセンターの目の前は、レーニン広場です。

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフのレーニン広場

ロシア革命後、次々と取り壊されたレーニン像。

コルサコフでは取り壊さず、

「過去は受け入れる」 という事で今でも残っているのです。

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフのレーニン広場

モニュメントがあります。

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフのレーニン広場

ガイドさんから、碑についての詳しい説明などは特にありませんでした。

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフのレーニン広場

錨のモニュメント。

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフのレーニン広場

公園から伸びている道。のどかです。

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフのレーニン広場

緑も多く、きれいな公園です。

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフのレーニン広場

レーニン広場からすぐ、コルサコフの市役所があります。

キレイな花壇もありました。

さて、一番短いツアーはここで終了です。

これから船に帰ります。

 コルサコフのバスの中から見えた景色

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフの街並

カルチャーセンター、レーニン広間近く。

「KARAPOKOKE」

とあります。

カラオケをするところかな。

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフの街並

線路です。

向こうに見えるのは、駅でしょうか。

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフの街並

集合住宅。

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフの街並

そろそろ港です。

ダイヤモンドプリンセスが見えてきました。

やっぱり海がキレイだな~。

 コルサコフを出港

ダイヤモンドプリンセスで寄港したコルサコフを出港

ダイヤモンドプリンセスから、コルサコフを撮影した写真。

海と空が青くてキレイ。

コルサコフは思った以上にキレイな街でした。

一番心配していたトイレ事情ですが、2時間足らずのツアーだったため、一度もトイレに行くことはなくツアー終了でした(笑)