ベネチアでホテル・ダニエリに宿泊|朝食・部屋・予約手配のコツまで

イタリア旅行




イタリアの水の都、ベネチアでホテル・ダニエリに宿泊しました。

ダニエリといえばベネチアを代表する5つ星ホテル。

最近では、おじゃマップの最終回で香取慎吾さんが宿泊されて、また日本でも再び有名になりました。

ダニエリは素晴らしかったのですが、個人旅行で行ったのでホテルの手配、チェックインあたりまで若干バタバタとしました。

もし、今後私と同じように個人旅行やネット手配でダニエリにお泊りの方は、最後まで記事を読み進めてください。

今回の経験から少しでもスムーズに予約~チェックインできる方法をまとめています。



とにかくダニエリは素晴らしいホテルだった

ベネチアのホテルダニエリのフロント

個人手配でちょっと手こずったとはいえ、ダニエリのすばらしさは変わりません。

入り口の小さな回転扉を入ると…。

ベネチアの5つ星ホテルダニエリ

どどん!

アンティークながら高級感のあるホテル・ダニエリです。

ベネチアの5つ星ホテルダニエリ

お部屋からエレベーターまでのほんのわずかな空間にも、アンティークな家具があります。

ベネチアの5つ星ホテルダニエリ

有名なベネチアングラスかな。

ベネチアの5つ星ホテルダニエリ

映画に何度も登場したというフロント横の階段。

フロントは、そんなに広くありません。

ガイドさんのいない個人旅行なので、チェックインは自分たちで・・・。

英語もたどたどしく、何とかなるかなと思いながらフロントに行ってみましたが。

フロントには日本人がお一人いらっしゃいました。

これは心強い!と思いましたが、日本人のお客様は、私たちの他にもたくさん。

順番に対応していただけますが、どうしても待ち時間は発生します。


フロントの横にあるカフェ。

夜には、ダンドロ(Bar Dandolo)という有名なバーになります。

どっしりとした重厚感がただよいます。

ホテルの中は、1階から5階まで全てそれぞれ装飾が違うので、すべて登ってホテルを散策してください。

吹き抜けの天井から光が入って素晴らしいです。

14世紀、総督ダンドロの屋敷として建設された建物です。

19世紀に改築されてホテルに。

ダニエリの客室

ベネチアの5つ星ホテルダニエリ

私たちが宿泊したお部屋です。

ベネチアの5つ星ホテルダニエリ

窓にもアンティークなカーテンが。

窓の外には、ゴンドラが浮かぶ川が見えます。

ベネチアの5つ星ホテルダニエリ

アメニティもオシャレに赤色で。

※後ろにあるマウスウォッシュは私に私物です(笑)

ベネチアの5つ星ホテルダニエリ

ベッドの上には、チョコレートが。

荷物を置くだけおいて、再び観光に出発します。

ダニエリは、ロケーションが最高なので観光には、とても便利でした。

ダニエリで朝食をいただく

朝食会場へと続く廊下です。

朝食は、ホテルの4階で。

運河が見える絶景の場所で。

世界一の朝食といわれるビュッフェを。

朝食を食べながら、サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会が見えます。

5つ星ホテルダニエリの朝食

5つ星ホテルダニエリの朝食

5つ星ホテルダニエリの朝食

パンケーキなど頂いてみます。

後、フレッシュオレンジジュースも。

ビュッフェは種類も豊富でしたが、日本の朝食に比べるとシンプルな朝食。

5つ星ホテルダニエリの朝食

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂も見えています。

5つ星ホテルダニエリの朝食

サンマルコ広場も後ろに見えています。

景色だけでも世界一ですね。

チェック・アウト前にもかかわらず部屋を掃除される

なんとっ!!

朝のベネチア散策から帰ってくると、部屋が既にクリーニングされています!

仕方なくベッドで横になるとかは出来ず、少し緊張してチェックアウトまでの時間を過ごします。

朝の散歩のときは、「Donot disturb」をドアにかけていく必要があります。

旅行中のお洗濯、困りませんか?
旅行中のお洗濯便利グッズはこちらから

ホテルダニエリは入り口が見つけにくい!?

ダニエリに到着したときはわからなかったのですが、ダニエリには、玄関に横づけ出来る専用の水上タクシー乗り場があります。

行きの水上タクシーではなぜか横づけはしてもらえず、サンマルコ広場で下船。

恐ろしく人の多い場所で降ろされて、ダニエリの場所がわからず、しばらくグルグル…。

けっきょく広場で物を売っていた女性に場所を聞きました。

ホテルを手配するときの注意点

ベネチアの5つ星ホテルダニエリ

正直言って、一番手こずったのは日本でホテルを手配するとき。

これは私の友人の性格にも原因はあると思うのだけど。

元々、ダニエリに泊まりたいと言い出したのは、私の友人。

ただし、ネットで手配したりすると予期せぬトラブルの時に困るので(例えば、オーバーブッキングとか)旅行会社を通したい、と言い出しました。

が、旅行会社から伝えられた金額を聞いて、友人が怖気づいてしまうのです。

一部屋10万オーバーですから…。

そこで、別のホテルを探してみたり、調べてみたのですが結論、やっぱりダニエリに泊まろうという事に。

改めて旅行会社にもう一度ダニエリの予約をお願いすると、すでに満室!

親切に別の旅行会社がおさえているであろう、空き部屋を探してみてくれる、ということになりました。

「親切な旅行会社だなー。」

と思ったのは一瞬。

1週間たっても、音沙汰無し。

心配になって旅行会社に連絡してみると、

「3日前に現地には連絡しているのですが…。」

と何とも頼りない返事。

とにかく今日中に返事が欲しいと強気に出て、返信を待ちました。

すると、とりあえず空き部屋はおさえた、と返答ありましたが、最初に聞いていた値段から更に一部屋15,000円くらい高くなっていました…。

ダニエリはただでさえ高いのにお値段もっと高くなる羽目に(´ω`*)

ということで、改めてポイントをまとめます。

●早めの予約を取ること。
●旅行代理店を通さなくても、ネット予約で問題なし。
●旅行会社を通して予約する場合、返信を待たずにこちらから連絡すること。

ホテル・ダニエリ

ベネチアの5つ星ホテルダニエリ

サイトから予約を取っても
何かのときにトラブル対応が
しっかりしていて、
おススメのサイトです。