常栄寺雪舟庭は見どころ満載でした|御朱印もいただけます。




山口市の名勝
常栄寺雪舟庭に行って参りました。

ここは画僧の雪舟が
築庭したと言われる
とても美しい庭園です。

更にお庭から山道を登る事
20分。

弘法大師堂、
薬師如来堂、
毘沙門堂などにも
お参りすることが出来ます。

この地に生息しているという
幻のカエルもいるのですよ。

 

常栄寺雪舟庭へ行ってみた

山口市の常栄寺雪舟庭

門を入ったところで、
まずはお地蔵様に
迎えて頂きました。

地蔵菩薩は平安時代より
広く信仰されています。

「お地蔵様」「お地蔵さん」
などと呼ばれていますね。

地蔵菩薩は地獄、餓鬼
畜生、修羅、人間、天上と
六道それぞれにあって
導いてくださいます。

現世で与えてくださるご利益も
延命、子育て、身代わり、
とげぬきなどです。

山口市の常栄寺雪舟庭

いきなり魅力たっぷりの
日本庭園が目の前の広がります。

この庭園は、大内政弘が
室町時代中頃に画聖雪舟に命じて
築庭したものといわれています。

その名前から「雪舟庭」と
なっているのに、なんと
伝説、言い伝えなのだとか。

文献などで、
雪舟の築造を確かめるものはないそう。

真実はどうなのでしょうね。

山口市の常栄寺雪舟庭

素晴らしい庭園です。

禅味あふれる日本庭園。
1926年(大正16年)に

御本堂の中から見た景色。

山口市の常栄寺雪舟庭

こちら、お庭ではないのですが
御本堂の回廊から見えた
鐘楼がとてもきれいです。

お庭も勿論キレイです。

毘沙門堂への山道を登ってみる|幻のかえるに会える?

さて、ここからは
山道を登って、頂上の
毘沙門堂を目指します。

お話を伺ったところでは
頂上まで徒歩20分くらいだとか。

雪舟庭には
「もりあおがえる」
という幻のかえるが
生息しているのです。

産卵の時期は終わった、
とお伺いしていたのですが
いくつか、木に阿波のかたまりのような
卵を見ることが出来ましたよ。

山口市の常栄寺雪舟庭

修行道を進んでいくと
最初に出会うのが
弘法大師堂。

山口市の常栄寺雪舟庭の薬師如来堂

さらに進むと、薬師如来堂。

病気を治してくださる
ありがたき仏様です。

山口市の常栄寺雪舟庭の毘沙門堂

更に上に進んで、
ここが最後のお堂です。

毘沙門堂がございました。

ここは中に入って
お参りすることが出来ます。

ここに到達するまで
30分くらいかなあ。

暑い中での道のりだったので、
しばし休憩をかねて
ゆっくりとお参り。

毘沙門堂まで続く山道ですが、
けっこうな修行道です。

ウチの旦那は1度滑って
転びました( ˘•ω•˘ )

ですので、参拝される方は
スニーカーで行かれることを
おススメします。

また、雪舟庭から
登山道に入るところで
杖も貸し出されていましたので、
杖を利用した方が
歩きやすいです。

常栄寺雪舟庭の御朱印

山口市の常栄寺雪舟庭の御朱印

合わせて読みたい記事

雪舟庭・常栄寺の詳細

山口県山口市宮野下2001

拝観料  
大人300円 
中高生200円 
小学生以下無料 
※団体割引あり(20名以上)

拝観時間  
4月~11月 
8:00~17:00
(入場は16:30まで)

12月~3月 
8:00~16:30
(入場は16:00まで)








シェアする