自由の女神の王冠に登る!?ツアー予約の方法・フェリーの乗り方まとめ

ニューヨーク旅行




ニューヨークに行ったら、絶対に訪れておきたい自由の女神。

自由の女神を見るには、いろいろな方法があります。

●フェリーでリバティ島に上陸して外から見る。
●自由の女神の台座の中に入り、博物館も見学する。
●自由の女神の王冠に登り、絶景を見下ろす。

当日でも申し込めるものもあれば、3か月以上前から予約が必要なものもあります。

自由の女神の観光やフェリーの乗り方などまとめました。



 自由の女神

自由の女神

英語名:Statue of Liberty

ニューヨークのリバティ島にあります。

陸続きで行くことが出来ないので、フェリーに乗る必要があります。

自由の女神を近くで見る方法は3つ

ニューヨークの自由の女神を観光する

自由の女神の楽しみ方は3つ。

●自由の女神の王冠まで登る。
●台座の仲間で入り、博物館を見学する。

自由の女神にアクセスする方法

●リバティ島に上陸して、外から見る方法。

自由の女神の王冠まで登る場合は、かなり前から予約が必要。

一番特別なツアーは自由の女神に上り、王冠のところからマンハッタンを見下ろすこと。

その場合は、ピーク時には4~6か月前から予約をしておく必要があります。

王冠に当日券はありません。

英語のサイトで、チケットを求めることも出来ます。

サイトはこちらから

自由の女神に登るツアーはこちらから

また日本語で予約の取れるサイトもあります。

自由の女神王冠ツアーが日本語で詳しく見れるサイトはこちらから  

現地ツアーを利用して自由の女神に行く

人気の観光地なので、日本語ガイド付きの現地ツアーもたくさん準備されています。

タビナカの自由の女神を含むツアーはこちらから

ヴェルトラの自由の女神を含むツアーはこちらから

JTBの自由の女神を含むツアーはこちらから

リバティ島に上陸し、自由の女神を見る方法。

リバティ島に陸続きで行く方法がありません。

近くで見るためには、フェリーに乗る必要があります。

フェリーチケットの購入方法

フェリーのチケットを購入する方法は3つ方法があります。

①オンラインで予約する方法

英語のサイトですが、事前予約が可能。

リバティ島に上陸するだけ、台座の中に入り博物館を見学、王冠まで登ると3つのパターンすべて、このサイトで購入できます。

CHECK事前予約はこちらから

 

②便利なシティパスで行く

ニューヨークの観光に使用できるシティパスというものがあります。

ニューヨークの観光地を巡る事が出来るセット入場券のようなものです。

毎回チケットを買うよりもお得です。

CHECKニューヨークシティパスはこちらから。

 

日本語でシティパス(3か所・5か所・7か所)と選べるサイトもあります。

利用者の口コミでも評判です。

ニューヨークシティパスを日本語で購入できるサイトはこちらから

③フェリー乗り場で買う

事前に準備が出来なかった場合、フェリーのチケットだけ購入することもできます。

フェリー乗り場へのアクセス

①フェリー乗り場の最寄り駅

赤色一番線/サウスフェリー駅(South Ferry Loop Station)
黄色R線/ホワイトホール駅(Whitehall Station)
緑色4,5番線/ボウリンググリーン駅(Bowling Green Station)

上記の地下鉄の駅で下車

②キャッスル・クリントン・ナショナル・モニュメントに向かう

ここで、チケットを買います。

事前にオンラインで手配している場合、チケットと交換します。

③フェリーに乗る

私たちは混雑を避けるため、出来るだけ早い便でリバティ島に向かいました。

帰ってきた時にフェリー街の行列を見ましたが、長蛇の列でした。

フェリーに乗る前は、厳しめのセキュリティチェックがありましたよ。

フェリーの時刻はこちらから

リバティ島に向けて、いざ乗船!

フェリーから見た自由の女神

フェリーから撮影した自由の女神。

フェリーの中は混んでいて、良い撮影スポットは勝ち取るのが難しいです。

背の高い外国人の真後ろになるくらいなら、遠くから撮影する事をおススメします。

それでも、とってもよく見えます。

ここまででも来た価値ありを実感。

リバティ島からの自由の女神と見どころ

リバティ島からみた自由の女神

リバティ島ならではの見どころ…と言えば、 私が挙げるのは3つ。

自由の女神の一歩踏み出した左足と、かかとの上がった右足。

ニューヨークの自由の女神をリバティ島から見た

後ろ姿。

リバティ島からみたマンハッタン

そして、対岸に見えるマンハッタンの高層ビルディング。

旅行中のお洗濯、困りませんか?
旅行中のお洗濯便利グッズはこちらから

自由の女神を見てみて・・・

自由の女神

自由の女神は、アメリカの独立100周年の記念にフランスが贈ったもの。

設計者は、エッフェル塔の設計で有名なパルドルディ。

パリで作られ、214個に分解された後、ニューヨークに運ばれて組み立てられたのです。

手には、独立宣言書を持っています。

自由の女神は、元々は違う色だった

自由の女神

自由の女神は当初、今の緑色ではありませんでした。

自由の女神は銅で出来ているので、日本の10円玉と同じ色です。

色が変わった原因は、「酸性雨」です。

お土産はリバティ島で買っておこう

自由の女神グッズは、ニューヨークのどこでも買えます。

私も「空港で買えばいい」と考えて、リバティ島ではお土産を買いませんでした。

ですが、リバティ島にしかない斬新なお土産があります。

欲しいものがあれば、早めに購入されることをおすすめします。