ニューヨーク観光でブロードウェイミュージカルを楽しむ方法

ニューヨーク旅行




ニューヨークでブロードウェイミュージカルを楽しんで参りました。

夜のエンターテイメントとして大人気のミュージカル。

観劇の服装、チケットの買い方おすすめの楽しみ方などまとめました。



ブロードウェイミュージカルについてのQ&A

ニューヨーク ブロードウェイミュージカル

英語がわからなくても楽しめる?

ブロードウェイミュージカルは、全部英語です。

日本語字幕が出るようなサービス、イヤホンガイドの解説もありません。

一緒にミュージカルを見た8人の英語レベルはというと…

●ビジネス英語もOK 1人
●旅行英語はOK 1人
●旅行英語なら何とか 3人
●Yes,Noでなら答えられるが、それ以上は無理 2人
●全く無理 1人

英語レベルはバラバラですが、みんなの感想は?

1
すごく感動した
もう1回見たい
1
 
眠気がぶっ飛んだ
涙が出た
エネルギーが最高

と良い感想だったのが6人。

残りの二人は「睡魔に勝てず、寝てしまった」でした。

寝てしまった2人はミュージカル観劇前のディナーで、かなりのワインを飲んでらしたので、ミュージカルとは関係ないかと思います。

英語だけでも感動出来る!という結論です。

ブロードウェイ観劇に特別な服装はある?

ミュージカルを観劇するのに特別な服装は必要ありません。

ジーパン、Tシャツ何でもOKです。

夜遅くても危険はない?

ほとんどのブロードウェイは開園が21時から。

終ると23時を過ぎています。

治安が心配ですが、タイムズスクエアは観光客が多く、街はまだまだ賑やかです。

昼間と同じ気の配り方で問題はありません。

私たちもタイムズスクエアを歩いてホテルまで帰りました。

夜遅くなるのが心配な場合、(曜日によりますが)「マチネ」と呼ばれる昼公演が行われることがあります。

14時から開演なので、夜遅くなる心配がありません。

ブロードウェイミュージカルのチケットの購入方法

ニューヨーク ブロードウェイミュージカル

①旅行代理店、現地オプションで購入

確実に観劇するため、日本出発前に旅行代理店、または日本語サイトと通じて事前にツアーを申し込む方法です。

日本語のサイトは、予約&決済が出来るのでとても便利です。

ブロードウェイ観劇を日本語で予約できるサイトはこちらから icon

ミュージカル「オペラ座の怪人」観劇ツアー

ミュージカル「ライオンキング」観劇ツアー

利用した方の口コミも評判がよいです。

観劇できるミュージカルの種類も豊富なのでおすすめです。

チケットは、当日劇場で引き換えです。

引き換えには顔写真つきの身分証明書が必要です。

②直接、劇場で購入する。

タイムズスクエアの劇場に行けば、直接購入することが出来ます。

ただ、当日窓口で確実に買える保障はありません。

私たちが観劇した「キンキブーツ」は、ブロードウェイの人気で言うと11位~15位くらい。

それでも会場に入るには長い列が出来ていて、中は超満員でした。

人気上位の演目になる、ますますチケットが手に入りにくいです。

確実に見たいのであれば、出発前から準備しておかれることをおすすめします。

席もいろいろあります。

プレミアム席

劇場で一番良い席です。

ステージ近くで真正面です。

オーケストラ席

1階席のことです。

後方席になると見えにくいこともあるので、後方しか残っていない場合はおすすめしません。

私はオーケストラ席の真ん中の席で見ましたが、とても見やすかったし迫力も伝わってきました。

メザニン席

2階席のことです。

メザニンの前方席は、オーケストラ席に含まれることもあります。

舞台全体が見渡せますが、少し遠いので細かい表情まで見るには向いていない席です。

バルコニー席

メザニンの上の席になります。

結構高い位置なので高い所が苦手な方は、やめてくださいね。

パーシャルビュー・オブストラクティッドビュー
(Partical View・Obstructed View)

ステージが見えづらい席です。

ステージの真横だったり、柱があったりで演技の一部が見えません。

ニューヨークでのミュージカル観劇の注意事項とおすすめ

ミュージカル観劇の注意点① 飲み過ぎての観劇はNG

ニューヨーク ブロードウェイミュージカル

21:00からの観劇なので、スケジュールの都合上、どうしてもディナーの後の感激になる事が多いでしょう。

私もディナーの後の観劇でしたが、睡魔が心配だったのでお酒は控えました。

ワインを飲んだ友人は、眠気と尿意との戦いになった模様です。

ミュージカル観劇の注意点②トイレは済ませておこう

観劇前に、トイレは必ず済ませておきましょう。

幕間もあるので途中でトイレに行けますが、席と席の間は広くなく、移動は一苦労です。

観劇時間も長いものだと3.5時間になるものもあります。

ミュージカル観劇の注意点③あらかじめ予習をして行こう

いくら雰囲気や空気で楽しめると言っても、また言葉がわからないとストーリーの理解に苦労します。

私たちは、あらかじめ日本語でのストーリーを予習しておきました。

そのため、英語でも楽しむことが出来たのです。

「何とかなるさ!」と言って、予習なしでぶっつけ本番観劇した人は、ミュージカル全体の話がいまいちわからなかったようです。

それでも楽しかったそうですが(笑)。

ブロードウェイって何?

ブロードウェイとは通りの名前です。

ブロードウェイ周辺にミュージカルの劇場が多く並んでいるので、そのまま「ブロードウェイ」と呼ばれます。

500席以上ある劇場のことで、約40の劇場があります。

100~499席だとオフブロードウェイ。

100席未満の劇場は、オフオフブロードウェイと呼ばれています。

おすすめはキンキブーツ!

ニューヨークでおススメのブロードウェイキンキブーツ

私たちが観劇したのは「キンキブーツ」です。

もし、演目に迷ったらぜひキンキブーツをどうぞ。

笑いあり、涙あり。

主人公のスタイルの良さに惚れ惚れとしてしまいます。

キンキーブーツのストーリー

英国の田舎町にある倒産寸前の靴工場。

紳士用のフォーマル靴を販売していたのだが、業績は伸びない。

そんな時、工場のオーナーのチャーリーは、ふとしたことからナイトクラブのバックダンサー、ドラァグクィーンのローラと知り合う。

※ドラァグクィーンとは、男性が女性の格好をして行うパフォーマンスのひとつ。

ふとローラたちダンサーの靴を見たチャーリーは、彼らの履いているハイヒールが、男性の体重を支え切れていないという事に気づく。

そこで工場の再起を目指し、ドラァグクイーンの御用達であるキンキーブーツ (女王様ブーツ)
を作ることにする!

2005年に映画で上映されたこともあります。

キンキブーツの作詞作曲はあの、シンディ・ローパー。

映画の中でドラッグクイーンを演じたキウェテル・イジョフォーは、第64回ゴールデングローブ賞のコメディ・ミュージカル部門で主演男優賞にノミネートされた。