Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ニューヨークメトロポリタン美術館を日本語ガイドで楽しみました。




ニューヨークの
メトロポリタン美術館へ
行って参りました。

ものすごい展示数と
写真撮影やスケッチなどが
自由に出来ることも
魅力のひとつです。

凄い展示数のため、
全部見ようと思ったら
(ガイドさん曰く)
3日でも4日でも見れるとか!

メトロポリタン美術館の詳細

ニューヨークのメトロポリタン美術館

メトロポリタン美術館へのアクセス

メトロポリタン美術館

1000 5th Ave, New York, NY 10028

休館日:
12/25、1/1、5月第一月曜日

日~木曜日 10:00~17:30
金・土曜日 10:00~21:00

地下鉄

最寄駅:
4・5・6・N・Q番線
86th street駅より徒歩10分。

バス

バスの番号M1・M2・M3・M4
ダウンタウン方面から乗車の場合
マディソン・アベニュ―駅下車

アップタウン方面から乗車の場合
五番街駅下車

入館料とチケット

入館料

一般:25ドル
学生:12ドル
65歳以上:17ドル

便利なシティパス

ニューヨークの観光に
使用できるシティパス
というものがあります。

ニューヨークの観光地を
巡る事が出来る
セット入場券のようなもので
便利なうえに、毎回
チケットを買うよりも
お得になるのです。

英語のサイトですので
購入が面倒…

という方におすすめなのが
日本語のサイトで
シティパス(3か所・5か所・7か所)
と選べるものです。

利用者の口コミも
評判なので、チェックしてみてくださいね。

シティパス日本語サイトはこちらから

メトロポリタン美術館日本語ツアーで楽しむ

ニューヨークメトロポリタン美術館

私は、8人グループでの
旅行だったので
日本出発前から
日本語ガイド付きの
ツアーをお願いしていきました。

これが、大成功!

やはり、解説を聞いて
展示物を見ると
理解度が違うので
全然楽しさが違います。

メトロポリタン美術館は
大変広く、展示数もスゴイ。

その上展示されている順番も
独特なのです。

解説付きでないと
わからないことも
たくさんありました。

チケットの購入はもちろん
お任せしましたし、
効率よく回る方法まで
教えてくれて大満足でした。

現地でのオプショナルツアーは
日本での準備段階から
申し込めますので、
ぜひ利用してくださいね。

メトロポリタン美術館の日本語案内オプショナルツアー

作品の見どころなどを
教えてもらえる
ガイドツアーは
とってもおすすめです。

日本から準備をしておけば
余裕をもって
観光出来ること、
間違いなしです。

メトロポリタン美術館を含むツアー icon

JTBのメトロポリタン美術館を含むツアー

 

メトロポリタン美術館を楽しめるアプリもあります。

もし、自分のペースで
ゆっくり展示物を見たい場合、
音声ガイドやアプリの利用が
便利です。

音声ガイド機の貸し出し

日本語の音声ガイド:

借りれる場所
1階The Great Hall
館内の各Metストア

料金:
大人:7ドル
12歳以下:5ドル

※金・土曜の17:00時以降5ドル
館内ガイドアプリ(無料)

スマートフォン対応
※タブレットNG
 イヤホン要持参

ituneはこちらから

メトロポリタン美術館の作品をピックアップして紹介

数ある美術品の中で
いくつか印象的なものを
ピックアップしました。

古代エジプト展で見つけたカバ

メトロポリタン美術館

古代エジプト展。

ここに最初に来てしまったおかげで
私たち8人は、
ほとんどの時間を
ここで過ごすことに
なってしまった…。

それほど興味深い
展示物ばかりだったのだ。

エジプトの女神の中に
タウェレトという
カバの姿の女神がいたそう。

出産の守り神で
カバの頭、ライオンの腕と脚
ワニの尻尾を持った
妊婦の(ような)姿をした神。

女性と子供を守る女神として
古代エジプトでも
厚く信仰されたそうだ。

ピカソのThe Acter

ニューヨークメトロポリタン美術館のピカソ

私は個人的に、
ピカソの絵には
若干の狂気を覚える…。

こちらの「The Acter」
という絵も
ピカソ独特の
クレイジーな観点で
とらえてある気が
してしまう。

他にも、ピカソの絵は
多数ありました。

ヨハネス・フェルメール

ニューヨークメトロポリタン美術館

メトロポリタン美術館では
ヨハネス・フェルメールの作品に
お目にかかる事が
出来ますよ。

日本でもなかなか
お目にかかれないので、
ぜひ見ておきたいですね。

作品は掲載しきれないので
フォト動画にまとめています。

メトロポリタン美術館のあと、
セントラルパークで
有名なイマジンの碑を
見ました。

イマジンの碑もフォト動画に
含まれています。

メトロポリタン美術館の作品、写真をまとめたフォト動画はこちらから

 

ニューヨークセントラルパーク・イマジンの碑

番外編ですが…

メトロポリタン美術館から
車で移動してきたのは
ニューヨーク・セントラルパーク。

ここのストロベリー・フィールズ
( Strawberry Fields)は
ビートルズのメンバーである
ジョン・レノンの記念にと
セントラルパークに造園された
区画である。

ストロベリーフィールズ
という名前は、
ビートルズの歌、
「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」
からきているのである。

イマジンの碑の名前は、
もちろんジョンレノンの名曲、
「イマジン」から来ている。

ジョンレノン、ビートルズの
ファンが訪れるのは
もちろんのこと、

世界平和を願う人
愛を誓う人なども
訪れるため、
大変な人で賑わっている。

立ち寄ると、結婚式や
プロポーズの場面を
目にすることもしばしばだ。

写真を撮るために
並ぶこと5分程度だったかな。

セントラルパーク・ストロベリーフィールズ

こちらも日本人のガイドと
専用車での案内でしたので
とっても便利でした。

日本からの準備段階で
オプショナルツアーを
申し込んでおかれると
便利だと思います。

 








シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。