イベリア航空ビジネスクラス搭乗記|機内食・アメニティ・座席まとめ(成田発マドリード直行便)




イベリア航空ビジネスクラスに搭乗!

2016年10月から
日本(成田)とマドリードの
直行便が運航されています。

今回は北スペイン旅行
搭乗した際のイベリア航空
ビジネスクラスの機内と
機内食のご紹介です。

成田空港では、アメリカン航空のラウンジを利用

成田空港のアメリカン航空のラウンジ

チェックインは、
ビジネスクラス専用の
カウンターで行えるので
待ち時間はゼロ。

搭乗前の保安検査に
向かうのにも
優先レーンがあるので
こちらもスムーズに
手続き終了。

さて、成田空港で利用出来る
ラウンジですが、
成田でチェックインの
手続きをした私たちは、
アメリカン航空の
ラウンジを
紹介されました。

中部空港(名古屋)からの
乗り継ぎメンバーは
JALのラウンジを
利用したそうです。

成田空港のアメリカン航空のラウンジ

和風のイメージのラウンジ。

私は、焼き魚と厚焼き玉子、
明太子を頂きました。

アメリカン航空の
ラウンジの良い所は
他のラウンジ
(ANAやJAL)に比べて
混雑が少ない
ところですかね!?

非常にゆっくり出来ました。

もちろん、飲み物
食べ物は無料です。

イベリア航空機内へ!

いよいよ搭乗です。

ちなみに、出発は
すごい遅れました。

搭乗者のパスポート、
チケットなど
何度も確認されていました・・・。

イベリア航空ビジネスクラスの機内

席は窓側は、一人席。

真ん中の席は
2席並んでいますが、
間にテーブルを挟んで
席同士が離れているタイプと、
席がくっついている
タイプとあります。

チェックインの時に
選べるのであれば、
ご希望のタイプを
選ばれるとよいかもです。

また、旅行会社を経由して
チケットを取るときには
隣同士が良いか、
離れた席でも大丈夫か、
聞いてくれるところもあります。

イベリア航空の機内

私たちは、特に
希望を言わなかったので
窓側の一人席でした。

イベリア航空ビジネスクラスのシートはフラットになります

これは、帰りの便の
座席です。

シートをフラットにして
寝ているのですが、
この席は通路側に
テーブルとボックスがあり、
通路を歩く人が
ほとんど気になりません。

女性は、こっちの席の方が
有り難いかもですね。

ちなみに公式の写真だと
こんな感じです。

  ↓

機内に入ればウェルカムドリンク

イベリア航空ビジネスクラスのウェルカムドリンク

機内に入ってから
離陸までの間、
まずはウェルカムドリンクが
出てきます。

ジュース、
スパークリングワインなど。

アルコールを頼むと
オリーブやスナックも
頂けます。

イベリア航空機内で映画鑑賞

イベリア航空ビジネスクラスの機内で映画

早速、足を延ばして
映画鑑賞の準備。

日本語の映画は
1本しかありませんでした。

しかも、ちょっと
私の好みでは
なかったため、
英語の「SING」を鑑賞。

見終わると、若干退屈。

本か何かを持参されると
よいかもです。

機内Wifiを30分無料で
使用出来るという
サービス券をもらいました。

結局登録が面倒で
使用しませんでしたが。

イベリア航空ビジネスクラスのアメニティ

イベリア航空ビジネスクラスのアミニティ

機内を快適に
過ごすために
いろんなアメニティが
ついています。

耳栓、アイマスク、
歯ブラシ&歯磨き粉、
スリッパに靴下、
ラベンダーの香りの
フェイスミスト。

フェイシャルミストは
結構ラベンダーの香りが
きつかったです
(´ω`*)

歯ブラシはけっこう
豪快な大きさだったので
若干磨きにくく…。

気になる方は、
持参する事を
おすすめします。

また、ブラシではなく
コームはついています。

ブラシは必要な方は
こちらも持参してください。

イベリア航空のアミニティ

アミニティは
メイドインフランスの
ロクシタン!

好きだから良かった♥

枕に毛布もあります。

寒かったので
私はもう1枚
毛布をもらいました。

トイレの中のアミニティは
特に揃っていません。

歯磨きをしたあとで
口をゆすぐための
カップがありませんでした。

仕方なく、
寝る前に配られる
ペットボトルのお水を
歯磨き用に少し
残しておきました。

※注意!

ビジネスクラスの
前と後ろに
トイレがありましたが、
食事準備中には
前側のトイレは
行けませんでした。

トイレに行くタイミングは
ちょっと注意です。

 

イベリア航空ビジネスクラスの昼食は洋風を選びました。

イベリア航空ビジネスクラスの機内食

離陸から2時間程度。

食事の準備が
始まります。

メニューを見てみましょう・・・

洋食と和風から
選ぶのですね。

私は洋食を選びます。

洋食メニュー・夕食

イベリア航空ビジネスクラスの洋食の機内食

前菜

暖かいパン
エキストラバージンオイル添え
ビーフコンソメスープ
レタスとグリルのパンプキンサラダ
ヒメネスシェリー酒風味バルサミコ酢ビネガーソース
大海老のマリネ、キアヌのサラダ、ワサビマヨネーズ添え

主菜

赤ワインのチキンシチュー、ボイルドポテト
グリーンアスパラガスと人参添え

または

パンプキンラビオリ
マッシュルームのふんわりソース
しいたけとおろしパルメザンソース

私が選んだのは・・・

と言いたいのですが
私の席は、オーダーを
聞きに来ていただけるのが
最後の方だったため、
自動的にチキンシチューに
なりました。

イベリア航空ビジネスクラスの機内食の洋食のメイン

やわらかくて、
美味しかったですよ。

食事中、ドリンクなどは
サービスです。

私は、白ワインを
飲んでいましたが、
お代わりをしようとしたら
「白ワインは全て終わりました」
と言われてしまう・・・。

デザートは
チョコレートムース

または

ココナッツアイス
ウエハーストッピング

という事で、
こちらはチョコレートムースを
選びました。

イベリア航空ビジネスクラスの機内食のデザート

洋食メニュー・朝の軽食

イベリア航空ビジネスクラスの朝食

鶏むね肉のハム
サラミ
パルマ生ハム
カマンベール
マンチェゴチーズ
ケッパー
チェリートマト
季節のフルーツ

朝食は、着陸の
1時間半前くらいに
出てきました。

はっきり言って
バタバタです(笑)

洋食と和風のメニューを
見ていて、
お昼に洋食を食べたので、
朝は和食を・・・

と思っていたら

お昼に洋食を頼むと
朝も自動的に
洋食になるとの事。

それについて、
クレームを言っている
お客様もいらっしゃいました。

確かにそうだなぁ・・・。

そんな理由で
私も自動的に洋食。

イベリア航空ビジネスクラスの和風のメニュー

私は食べませんでしたが
和風メニューも
載せておきますね。

和風のメニュー・夕食

前菜
暖かいパン
エキストラヴァージンオリーブオイル添え
味噌汁
ゆでじゃが、和葉野菜添え
牛肉とピーマンの串焼き
グリルドエッグ
枝豆のみじん切り添え
ジャパニーズライス添え
寿司

主菜
ヨーロピアンパーチ魚の切り身 和風ソース
お豆腐、しいたけ、花形人形添え

デザート
日本製生菓子とどら焼き
ココナッツアイスとウエハーストッピング

和食メニュー・朝の軽食

ごはん、味噌汁
ほうれん草
玉子焼き
タラコ、鮭
ゴボウと人参のきんぴら

帰りの便も洋食メニュー

マドリードから
日本に帰国するときの
機内食。

帰りもオーダーを
聞きに来てくれるのが
最後の方で・・・

和食は既に売り切れ。

洋食のみでの提供‥
ということでした。

イベリア航空ビジネスクラスの洋食のラザニア

こちらは、洋食の
選べる主菜から
バジルテイストのラビオリ。

冷製トマトのガスパチョ。

イベリア航空ビジネスクラスの機内食のサーモン

こちらは洋食の
もうひとつの主菜。

サーモンのグリルですね。

お野菜はポテトに
ズッキーニ。
パプリカかな。

イベリア航空洋食のデザート

洋食の選べるデザートは
ジェラートにしました。

そして、朝の軽食は
行きの便で
時間的にも
バタバタしたので、
私はいただかずに
熟睡しておりました。

イベリア航空ビジネスクラスの機内

お料理の品数が
たくさん出てきても
テーブルは広いので
安心です。

私たちは10人で
スペインへ行きましたが、
イベリア航空の機内食は
比較的、洋食の方が
評判が良かったです。

あと、エクストラバージンオリーブオイルが
とっても美味しいですよ。

他の航空会社のビジネスクラスと比較してみる

イベリア航空ビジネスクラスのワイン

イベリア航空ビジネスクラスのワイン

ワインは、食事中に

こんな感じで
席まで持ってきてくれて
選ばせてくれます。

行きの便では、
白ワインを飲んでいたのですが

何杯目かで

「すみません、機内の白ワインは
全て終了しました。」

。。。ということで
白ワインが売り切れてました
Σ(・ω・ノ)ノ!

重要!イベリア航空搭乗で、JALのマイルが貯まる

イベリア航空で
成田発マドリード直行便は
JALとのコードシェア便で
JALのマイルが貯まります。

JALカードお持ちですか?

お持ちでなければ
ぜひ1枚!

とってもお得で
マイルですごい
特典がありますよ。

最後に

日本語が話せる乗務員に
私は1人お会いしました。

行の便も帰りの便も
同じ方でした。

ただ、お一人でしたので
やはり英語かスペイン語が
わかった方が便利です。

旅行用のスペイン語の本が
一冊あるととても便利です。

付け加えると、
スペイン国内では
マドリード以外のところでは
英語が通じないところ、
結構ありますよ。








シェアする