函館地元民が教えてくれたグルメと1日観光コースがとっても良かった

国内旅行




夏の函館で観光とグルメを楽しむなら、地元民推薦の場所にいくのが一番。

ぜひ参考にして欲しい記事です。

おススメのグルメから 楽しむべき観光地を ご紹介しています。



地元民が教えてくれた函館の観光スポット

立待岬

函館の立待岬

函館市住吉町函館山

天気が良ければ、ぜひ立待岬まで足を伸ばしてみてください。

ものすごい絶景が待っています。

函館の立待岬から見える景色

函館市街から下北半島まで見渡すことが出来ます。

函館の立待岬

絶壁。海、青くてきれい。

森昌子さんの歌、「立待岬」で有名ですね。

遊歩道もキレイに整備されていて散策も出来ます。

来る途中、歌人石川啄木一族のお墓もありました。

所要時間:散策しなければ20分

函館山

函館山

北海道函館市函館山

続いての絶景は、函館山です。

誰もが必ず来る人気の観光地。

地元民のデートコースです。

函館山から見えたダイヤモンドプリンセス

停泊している客船、ダイヤモンドプリンセスもよく見えます。

函館山から見た景色

地元のガイドさんは、「函館山の夜景は日本三大夜景どころじゃない、世界三大夜景だっ」と(笑)

でも本当にキレイです。

函館山から見える景色

確かにお昼間に見下ろしてもとてもキレイ。

函館山から見た景色

函館山から見た景色

展望台も広くてゆっくりできます。

所要時間:30分

ロープウェイか、車で登ってきます。

函館山ロープウェイはこちらから

八幡坂・チャーミーグリーンの坂

函館のチャーミーグリーンの坂

昔、とっても流行ったチャーミーグリーンのCMが撮影された坂です。

おじいちゃんとおばあちゃんが、手をつなぎながらスキップするCM。

当時、「なりたい夫婦第一位」だったほど、癒されたCMです。

CM「チャーミーグリーンを使うと手をつなぎたくなる」Vol.1

チャーミーグリーンのCM第一弾が撮影されたという八幡坂。

八幡坂という坂です。

キレイな石畳が一直線に伸びてます。

函館の八幡坂

八幡坂の先に見える船は、青函連絡船。

函館の八幡坂

どどん!

チャーミーグリーン風。

これが正しい撮影ポーズです。

撮影スポットだけあって、いい写真を撮るために若干行列が出来ていました。

所要時間:15分

元町教会群巡り

函館の教会群

函館ロープウェイの駅から近く、十字街駅を降りてすぐという場所に教会群があります。

そこには二十間坂という、道幅が20間(約36m)の石畳の美しい坂があります。

二十間坂と八幡坂の周辺は「函館教会群」と呼ばれ、教会が点在しているエリアがあります。

港町として開かれた、街函館ならではの国際色豊かな教会たちです。

函館ハリストス教会

函館ハリストス正教会

photo by flickr Richard, enjoy my life!

函館市元町3-13

日本で一番古い正教会聖堂です。

鐘の音がとても美しく、「日本の音風景百選」に認定されています。

 地元民からは愛情をこめて「ガンガン寺」と呼ばれています。

函館ハリスト正教会のホームページはこちらから

カトリック元町教会

函館のカトリック元町教会

photo by flickr Hideyuki KAMON

函館市元町15-30

明治10年の創建のゴシック様式の建物。

2度火災にあって、現在の建物は大正13年に再建されたものです。

とても美しい教会です。

風見鶏が目印です。

カトリック元町教会はこちらから

函館聖ヨハネ教会

函館聖ヨハネ教会

函館市元町3-23

近代的なデザインが印象的な教会です。

中を拝観できるのは、5月1日~11月3日まで。

函館聖ヨハネ教会はこちらから

これらの教会群と共に撮影スポットになっているのが「チャチャ登り」

大三坂という「日本の道100選」に認定されている、とてもきれいな坂を登るのです。

坂の上に進んでいき、聖ヨハネ教会とハリストス正教会の間の道になると、急に道幅が狭くなります。

 そこからが「チャチャ登り。」

 チャチャはアイヌ語の゛おじいさん”

腰の曲がったお爺さんが、急な坂道を登った様子が名前の由来です。

旧函館公会堂

旧函館区公会堂

北海道函館市元町11−13

 国の重要文化財に指定されている、とても美しい洋館です。

旧函館区公会堂

貴賓室です。

旧函館区公会堂

バルコニーからは絶景が望めます。

旧函館区公会堂の商工会議所事務室

商工会議所の事務室として使われていた場所。

旧函館区公会堂

2階へと続く階段。

大正天皇が皇太子殿下の時、行啓の際宿舎としてお使いになられたというお部屋もそのまま残っていました。

旧函館区公会堂でおすすめなのは、ハイカラ衣装館。

明治時代の華やかな社交界を思わせる西洋風のドレスが、貸衣装で借りられます。

所要時間: 衣装借りなかったら20~30分 衣装借りたら40分

 旧函館公会堂ホームページはこちらから

元町のグルメ

函館市元町のグルメといえばレイモンハウス

北海道函館市元町30−3

函館地元民が、元町で紹介してくれたグルメがレイモンハウスです。

地元民だけでも混雑するというソーセージが美味しいお店。

店内にはイートインコーナーもあり、美味しいソーセージをパンにはさんで食べることも出来ます。

ぜひお立ち寄りください。

レイモンハウスのホームページはこちらから

北島三郎記念館

函館の北島三郎記念館

北海道函館市末広町22−11

ガイドさんとの話をしていて、突然行きたくなった北島三郎記念館

函館の北島三郎記念館

誰もが知っているさぶちゃん。

何だか面白そうで行ってみたいなと、衝動的に行ってみました。

何と、私たち一組にガイドさんがお一人ついて、館内を説明してくれます。

函館の北島三郎記念館

ででん!

さぶちゃんが函館に通学したという列車の中を再現。

北島三郎記念館

東京に上京したばかりのさぶちゃんが、まだまだ苦労していたころお住まいだったお部屋の再現。

カレー!

カレーですよ。

苦労なさったんですね。

函館の北島三郎記念館

最後は、祭り―!

さぶちゃんそっくりなロボットが動きまくるセットです。

函館の北島三郎記念館

さ。。さぶちゃーーーーーん!

と叫びたくなる。

うん、叫んでもいい。

記念館っていうかアミューズメントパーク(笑)

スタッフの方がつきっきりで解説してくれます。

所要時間:45分くらい。

北島三郎記念館のホームページはこちらから

金森レンガ倉庫

北海道函館市末広町14−14番12号

歩くだけでも楽しくなる港町の風景。

お食事にショッピング、何でもできる場所です。

地元の方に教えて頂きましたが、レンガ作りも函館流。

他の地域のレンガ作りと違い、寒さの厳しい街独特の造りになっているそうです。

金森洋物館の中を歩いてみると、北海道ならではのスイーツや赤レンガギャラリーなどありました。

金森赤レンガ倉庫のホームページはこちらから

金森赤レンガ倉庫のグルメ

パティスリー プティ・メルヴィーユ BAYはこだて店

場所:BAYはこだて内

一口サイズのスフレケーキが人気のお店です。

海鮮丼に見立てたミニスイーツ丼は、見るだけでも楽しい。

パティスリープティ・メルヴィーユのホームページはこちらから

ペイストリー スナッフルス 金森洋物館店

場所:金森洋物館内

スナッフルスのチーズオムレットは、全国の北海道物産展でも常連の味です。

 スナッフルスのホームページはこちらから

五稜郭

函館の五稜郭タワーからの景色

北海道函館市五稜郭町44

北方防備の目的で造られた、日本初のフランス築城方式の星型要塞です。

今では美しい桜や庭の作りを楽しめる場所です。

まず、全体像を見るべく五稜郭タワーに登ります。

こんな景色見たことない星型の形が見えますよ。

その後、五稜郭の中を歩いてみるのがおすすめです

五稜郭タワーのホームページはこちらから

五稜郭の見どころ・箱根奉公所

箱館奉行所の写真

photo by 函館市 city of Hakodate

日本の北辺防備の拠点として設置された江戸幕府の役所です。

函館といえば、まずは市場へ!

函館には、三大市場と呼ばれる市場があります。

半日~1日の観光でも3つのうち、どれか1つは行くことが出来ます。

それぞれ個性があって楽しめる市場です。

はこだて自由市場

函館のはこだて自由市場

北海道函館市新川町1−2

函館の地元民が。一番利用している市場です。

函館グルメを堪能することが出来ます。

2つのお食事処に加えて、コーヒー喫茶でも鮮魚がいただけます。

鮮魚店でもお刺身など販売していて、フードコートで食べる事も出来ます。

新鮮な海の幸をお土産にと考えている人におすすめです。

はこだて自由市場のホームページはこちらから

中島廉売(なかじまれんばい)

函館三大市場の一つ中島廉売

北海道函館市中島町22−7

シュールな昭和の商店街風。

何度もメディアに登場して、数々の著名人も愛してやまないという市場。

市場というか、商店街かな。

お店によって営業時間もまちまちです。

名物シゲちゃん寿司はとても人気です。

中島れんばい市場のホームページはこちらから

シゲちゃん寿司はこちらから

函館朝市

函館の函館朝市

北海道函館市若松町9−19

函館駅からすぐ。

観光地としても一番便利なのが、函館朝市。

朝市と言われるだけあって、AM5:00から営業しています。

イカ釣りやイカの踊り食いなど経験するのもいいです。

函館朝市ホームページはこちらから

函館朝市のグルメ

函館朝市で、おすすめのグルメをご紹介します。

どこのお店も人気があって行列が出来ていたり、忙しい時には「相席は常識」というお店です。

馬子とやすべ食堂

場所:どんぶり横丁市場内

ドドーンと海鮮丼!

トロトロの海鮮がとっても美味しいと評判のお店です。

馬子とやすべはこちらから

きくよ食堂

函館朝市のきくよ食堂

地元の観光ガイドさんは、きくよ食堂が一押しでした。

グルメでも取り上げられる人気店です。

きくよ食堂はこちらから

朝市食堂 ぶっかけ

場所:どんぶり横丁市場内

おススメはイカという事ですが、種類豊富な海鮮丼も人気です。

朝市食堂 函館ぶっかけホームページはこちらから

一花亭たびじ
函館 どんぶり横丁 一花亭たびじ 活イカ躍り丼

場所:どんぶり横丁市場

たびじと言えば、イカの踊り食いが有名。

旅の思い出には最高。

イカはトロトロ、コリコリ。

一花亭 たびじホームページはこちらから

 朝市の味処 茶夢

場所:どんぶり横丁市場内

海鮮丼だけではなく、おつまみも楽しめる地元でも人気のお店です。

 朝市の味処 茶夢ホームページはこちらから

いくら亭

いくら亭だけど、いくら以外の海鮮も全部美味しいのです。

いくら亭はこちらから

恵比寿屋食堂

最近メディアで紹介されたこともあって、更に人気になったお店です。

 恵比須屋食堂ホームページはこちらから

鮨金でお寿司ランチ

北海道函館市松風町7−18

一通り函館観光を終えたら、函館の海鮮でも楽しみたい。

函館朝市は、早めに終了しています。

そんな時に、ゆっくりお寿司を食べられるおススメのお店が「鮨金」です。

お刺身の盛り合わせ。新鮮で、美味しい。

イカを注文すると

「これからさばきます」

と見せに来ていただきました。

イカは、ぴーぴーと泣いていました。

函館の鮨金総本店のイカのおさしみ

出来上がったイカのお刺身はこのようにツヤツヤ。

食べるとコリコリなのです。

函館の鮨金総本店

お酒が進む。

函館の鮨金総本店

調子にのって、どんどん頼む。

函館の鮨金総本店

函館の鮨金総本店のほたての磯辺焼き

ほたての磯辺焼きが劇的においしかったです。

函館の鮨金総本店のほたての磯辺焼き

海苔を開くとプリプリのホタテ登場。

函館の鮨金総本店のにぎり

ようやくにぎりへ。

函館の鮨金総本店のウニ軍艦

ウニがみずみずし過ぎる。

函館の鮨金総本店のにぎり

函館の鮨金総本店

ワインも飲んでみました。

鮨金函館総本店はこちらから