サンセバスチャンのレストランの三ツ星と地元の人おすすめの人気店4店舗を食べ比べ

スペイン旅行




サンセバスチャンで美食を楽しみました。

三ツ星レストラン、バスクの伝統的な料理の食べられるお店、ピンチョスの美味しいお店。

バスクが誇る名物、涙豆も堪能しましたよ。

バスクで行った4つのレストランと、日本語で予約の取れるサイトを紹介します。



三ツ星レストランArzak(アルザック)

サンセバスチャンが誇る三ツ星レストランアルザック。

サンセバスチャン近郊には、三ツ星レストランが3つもあります。

スペインにある7つの三ツ星レストランのうち、3つがサンセバスチャンに集中しています。

さすが世界一の美食の街です。

アルザックは、三ツ星レストランの1つです。

Arzak(アルザック)のメニュー

サンセバスチャンの3つ星レストランアルザック

選んだコースは「テイスティングメニュー」という、一つのお皿が少量で、品数をたくさん食べられるというとても有り難いコースです。

工夫された創作料理は見た目にも美しく、デザートまでのフルコースが楽しめました。

サンセバスチャンの三ツ星レストランアルザックArzak

Morning and Prawn gyoza

ギョ・・ギョウザ??ギョウザ?餃子?

そう、餃子です。

写真左の赤いのがアルザック風餃子。

うなぎとピタパン、えんどう豆。

ここで涙豆登場です。

早摘みエンドウ豆、緑のキャビアです。

サンセバスチャンの三ツ星レストランアルザックArzak

ピンチョス。

アンチョビのマリネとイチゴです。

サンセバスチャンの三ツ星レストランアルザックArzak

バナナとイカをアレンジしたピンチョス。

デコレーションも綺麗で食べるのがもったいない。

サンセバスチャンの三ツ星レストランアルザックArzak

本日の魚料理。

バスク語でパチャランという、桃のリキュールが添えられています。

紫色のパウダーはとうもろこし。

サンセバスチャンの三ツ星レストランアルザックArzak

オキアミというエビのマリネ。

三角の形をしたのは海藻だそう。

特に美味しいものでもなかったけど、珍しいですね。

磯の味がしました。

サンセバスチャンの三ツ星レストランアルザックArzak

カラフルでキレイ。

オレンジの丸いお料理の正体はポーチドエッグ。

上に添えられているのはカリカリの豚肉。

オレンジ色はスパイスだそうですが、辛いものが全然ダメな私でも大丈夫です。

サンセバスチャンの三ツ星レストランアルザックArzak

あんこうのグリル。

添えられているのはピーカンナッツにひよこ豆。

不思議な形の黄色いのはかぼちゃ。

その名も
「象形文字の形のかぼちゃ」
だそうです。

サンセバスチャンの三ツ星レストランアルザックArzak

フィレ肉。

beetroot、日本語でビーツとか、テーブルビートという珍しいお野菜が添えられています。

サンセバスチャンの三ツ星レストランアルザックArzak

ラムのローストアンチョビ添えです。

これ、すごい美味しかったです。

サンセバスチャンの三ツ星レストランアルザックArzak

オレンジ色のキレイな料理は、ハトのロースト。

添えてあるのはオレンジとカリカリの玉ねぎです。

サンセバスチャンの三ツ星レストランアルザックArzak

ここからはデザート。

アサイです。

サンセバスチャンの三ツ星レストランアルザックArzak

キューブ上のチョコレート。

サンセバスチャンの三ツ星レストランアルザックArzak

すごいですね。

これ、巨大なトリュフ。

冷たくて丸いチョコレートの上に暖かいチョコレートソースをたっぷりとかけると、ボールの中からチョコレートが流れ出します。

サンセバスチャンの三ツ星レストランアルザックArzak

一口サイズのアイスクリームまで登場します。

サンセバスチャンの三ツ星レストランアルザックArzak

カラフルな色のカエルの形をしたチョコレートが登場しました。

何種類か食べましたがかなり甘いものと、食べやすいものとありました。

さすがにカエルのチョコレートは皆食べきれず…。

お持ち帰りでラッピングしてくれました。

ワインの品揃えは、スペインのテンプラニーニョが多かったです。

サンセバスチャンArzak(アルザック)の詳細

Alcalde J. Elosegi Hiribidea, 273, 20015 Donostia, Gipuzkoa, スペイン

日本語でArzakの予約を取ることが出来るサイトはこちらから

Bodegon Alejandro(ボデゴン・アレハンドロ)

サンセバスチャンのレストランBodegon Alejandro ボデゴン・アレハンドロ

Bodegon Alejandro(ボデゴン・アレハンドロ)

美食の街バスクで、常に人気上位に入るという地元の人もおすすめのレストランです。

ワインも豊富でお肉、お魚、野菜全てのメニューが充実しています。

Bodegon Alejandroボデゴン・アレハンドロの絶品料理の数々

サンセバスチャンのおすすめレストランbodegon-alejandro

メニューを見てみるとお魚、お肉、お野菜のメニューに加えてワインのメニューも豊富。

これは期待が出来そうです。

海外で食事をすると、気になるのが一品一品の量がとてつもなく多い事。

「みんなで分けて食べます。」とお店の人に伝えると、親切に対応。

魚介のスープは、マグカップに取り分けて出してくれる優しさでした。

サンセバスチャンのレストランBodegon Alejandro ボデゴン・アレハンドロ

前菜のガスパチョ。

こちらも一口サイズ。

スペインのトマトの美味しさは群を抜いています。

酸味がさわやか。

サンセバスチャンのレストランBodegon Alejandro ボデゴン・アレハンドロ

あっという間になくなってしまった一口サイズのコロッケです。

オンダリビアでもそうでしたが、スペインのコロッケは美味しいですね。

サンセバスチャンのレストランBodegon Alejandro ボデゴン・アレハンドロ

ホワイトアスパラがみずみずしくて、ソースが美味しい

これもシェアして1人1本ずつ。

サンセバスチャンのレストランBodegon Alejandro ボデゴン・アレハンドロ

サラダは、お店の方におすすめされてオーダー。

さすがおススメの一品。

美味しかったです。

サンセバスチャンで食べたお魚料理

こちらは、Bodegon Alejandro(ボデゴン・アレハンドロ)で一番美味しかったお魚料理。

サンセバスチャンの名物料理涙豆
涙豆のお料理。

「緑のキャビア」とも言われる早摘みのえんどう豆だそう。

普通のえんどう豆よりも歯ごたえ満点。

味もさわやか。

真ん中に落としてある温泉卵が美味。

サンセバスチャンのお肉料理Bodegon Alejandro

ボリューム満点の肉!

私の写真だけではなく、ネット上の美味しそうな写真も一部掲載します。

 

 

サンセバスチャンのレストランBodegon Alejandro ボデゴン・アレハンドロ

デザート。

2種類デザートを頼みましたが、このイチゴのデザートがダントツで美味しかった。

サンセバスチャンのレストランBodegon Alejandro ボデゴン・アレハンドロ

Bodegon Alejandroではリオハのワインを頂きました。

スペイン、バスク地方のレストランは地元のワインのラインナップがほとんどですね。

Bodegon Alejandroボデゴン・アレハンドロの詳細

Fermin Calbeton 4, 20003 San Sebastian – Donostia,スペイン

Casa Urola(カサ・ウローラ)

サンセバスチャンの人気レストランCasa Urola

Casa Urolaも大人気のレストラン。

日本人のファン、地元のリピーターも多い名店です。

旧市街のど真ん中にあって、観光するにも便利な場所。

1階がバル、2階がレストラン。

私たちは、2階のレストランでディナーを頂きます。

Casa Urolaのディナー

サンセバスチャンの人気レストランCasa Urola

スペインに来てすっかりはまってしまったのが、このホワイトアスパラ。

Casa Urolaではホワイトアスパラを注文すると、焼いたもの+オリーブオイルとゆでたものの
2種類が出てきました。

サンセバスチャンの人気レストランCasa Urola

アンチョビです。

塩加減が丁度よくてワインが進みます。

サンセバスチャンの人気レストランCasa Urola

再び涙豆。

きのこ、卵黄と合わせて食べると、本当においしい。

サンセバスチャンの人気レストランCasa Urola

美味しすぎて、しつこく涙豆を食べています。

オリーブオイルとあわせても美味しい。

サンセバスチャンの人気レストランCasa Urola

たこの柔らか煮です。

クリーミーなソースと合わせてとっても美味しい。

サンセバスチャンの人気レストランCasa Urola

デザート。

甘すぎず美味しい。

サンセバスチャンの人気レストランCasa Urola

デザートドリンクも美味。

サンセバスチャンの人気レストランCasa Urola

ワインも美味しいです。

Casa Urolaの詳細

Fermin Calbeton 20 20003 San Sebastian – Donostia スペイン

Lanziego(ランジエゴ)

サンセバスチャンのランディエゴ

伝統的なバスクの料理を食べられるレストランLanziego。

立地もとても良く、サンセバスチャンのビーチ周辺から歩いてすぐです。

フレンドリーで心地よい接客と美しい店内です。

サンセバスチャンのランディエゴ

Lanziegoのソムリエは以前、NHKのスペイン語の番組に出演されたことがあるらしく、日本語の本に写真が掲載されていました。

サンセバスチャンのレストランLanziego

サンセバスチャンのレストランLanziego

このイベリコ豚の生ハムがとっても美味しかったです。

濃厚で、脂がのっていて。

思わず、このハムにあうワインを注文。

スペインのテンプラニーショの赤をおススメいただきました。

この生ハムで4人前の量くらいかな。

サンセバスチャンのレストランLanziego

このホタテがまた、美味。

スペインのお料理は全体にお塩がキツイのですが、ここのお料理は塩加減も丁度良かったなぁ。

とても食べやすいです。

ホタテは、1人ひとつづつ食べても多すぎません。

サンセバスチャンのレストランLanziego

日本語のメニューもあるそうです。

このかにの甲羅の料理も美味しかった。

カニ味噌のグラタンのようでした。

ほんのりコゲが香ばしくて、一瞬で食べちゃいました。

サンセバスチャンのレストランLanziego

お肉。

焼き加減も丁度いい。

めちゃめちゃ美味しいです。

サンセバスチャンのレストランLanziego

仔牛のフィレ肉。

何だかしょうゆ味っぽくて食べやすい。

ソースも絶品です。

 

サンセバスチャンのレストランLanziego

お肉です。

サンセバスチャンのレストラン Lanazigo

デザート。

サンセバスチャンのレストランLanziego

アイスクリームを頼んだら、こんなにオシャレな一皿が出てきました。

サンセバスチャンのレストランLanziego

私たちがカニを食べ終わるころは、店内は満席になっていました。

観光客、地元のリピーターも多くいらっしゃるようです。

Lanziego Restranteの詳細

Calle Triunfo, 320007 San Sebastian – Donostia, スペイン

Lanziegoの予約を日本語で取れるサイトはこちらから

Arzakスペイン料理 / サンセバスチャン) 夜総合点★★★☆☆ 3.5