サンセバスチャンのレストラン地元の人もおすすめの人気店4店舗を食べ比べ




美食の街、サンセバスチャンで
地元の人が美味しいとすすめてくれた
レストラン4店舗
全て行って参りました。

3つ星レストランに始まり
バスクの伝統的な
料理の食べられるお店、

どのお店も甲乙つけがたく
全て美味しかったです。

バスクが誇る美食、
涙豆も堪能しましたよ。

おすすめレストラン
4店舗の食リポと
日本語での予約の取り方を
紹介しています。

三ツ星レストランArzak(アルザック)

最初にご紹介するのは
サンセバスチャンが誇る
三ツ星レストランアルザック。

実は、サンセバスチャン近郊には
三ツ星レストランが
3つもあるのです。

スペインにある7つの
三ツ星レストランが
3つもサンセバスチャンに
集中しているのです。

これが、世界一の美食の街
と言われる理由のひとつですね。

アルザックは、その
三ツ星レストランの一つです。

 

Arzak(アルザック)のメニュー

サンセバスチャンの3つ星レストランアルザック

選んだコースは
「テイスティングメニュー」
という、一つのお皿が少量で、
品数をたくさん食べられるという
とても有り難いコースです。

テイスティングメニューを食べてみた

工夫された創作料理には
見た目にも美しく
量も食べやすいコースが
準備されており、
デザートまでのフルコースが
楽しめました。

ここからは料理のお写真が
ずーっと続きます。

サンセバスチャンの三ツ星レストランアルザックArzak

こちら、メニューを見た時から
気になっていた
Morning and Prawn gyoza

ギョ・・ギョウザ??
ギョウザ
餃子?

そう、餃子です。
写真左の赤いのが
アルザック風餃子。

見事にアルザック風に
アレンジされていました。

そして、うなぎとピタパン、
えんどう豆。

ここで涙豆登場!

サンセバスチャンで
2度目となる
早摘みエンドウ豆、
緑のキャビアです。

サンセバスチャンの三ツ星レストランアルザックArzak

ピンチョスが登場。

アンチョビのマリネと
コンビを組んでいるのは
なんと、イチゴです。

ストロベリー!

サンセバスチャンの三ツ星レストランアルザックArzak

バナナとイカを
アレンジしたピンチョスも
一口サイズで。

デコレーションも綺麗で
食べるのがもったいない。

サンセバスチャンの三ツ星レストランアルザックArzak

本日の魚料理。

バスク語でパチャラン
という、桃のリキュールが
添えられています。

紫色のパウダーは
とうもろこし。

サンセバスチャンの三ツ星レストランアルザックArzak

オキアミという
エビのマリネ。

三角の形をしたのは
海藻だそう。

特に美味しいものでも
なかったけど、
珍しいですね。

磯の味がしました。

サンセバスチャンの三ツ星レストランアルザックArzak

こちらのお料理、
カラフルでキレイでしょ?

オレンジの丸いお料理の
正体はと言うと…

ポーチドエッグ。

上に添えられているのは
カリカリの豚肉。

オレンジ色は
スパイスだそうですが、
辛いものが全然ダメな
私でも大丈夫です。

サンセバスチャンの三ツ星レストランアルザックArzak

あんこうのグリル。
添えられているのは
ピーカンナッツに
ひよこ豆。

不思議な形の黄色いのは
かぼちゃ。

その名も
「象形文字の形のかぼちゃ」
だそうです。

サンセバスチャンの三ツ星レストランアルザックArzak

フィレ肉。
beetroot、日本語で
ビーツとか、
テーブルビート
という珍しいお野菜が
添えられています。

サンセバスチャンの三ツ星レストランアルザックArzak

ラムのロースト。
アンチョビ添えです。

これ、すごい美味しかったです。

サンセバスチャンの三ツ星レストランアルザックArzak

オレンジ色の
キレイな料理は、
ハトのロースト。

添えてあるのは
オレンジと
カリカリの玉ねぎです。

サンセバスチャンの三ツ星レストランアルザックArzak

ここからはデザート。

アサイです。
見ただけで
よだれ出ますね。

サンセバスチャンの三ツ星レストランアルザックArzak

キューブ上のチョコレート。

サンセバスチャンの三ツ星レストランアルザックArzak

すごいですね。

これ、巨大なトリュフ。
冷たくて丸いチョコレートの上に
暖かいチョコレートソースを
たっぷりとかけると、
ボールの中から
チョコレートが
流れ出します。

もうカロリーのことは
忘れましょう。

サンセバスチャンの三ツ星レストランアルザックArzak

一口サイズのアイスクリームまで
登場します。

サンセバスチャンの三ツ星レストランアルザックArzak

テーブルの真ん中には
カラフルな色の
カエルの形をした
チョコレートが
登場しました。

何種類か食べましたが
かなり甘いものと、
食べやすいものとありました。

さすがにカエルの
チョコレートは
皆食べきれず…。

そしたら、お持ち帰りで
ラッピングしてくれました。

ワインの品揃えは
やっぱり他と変わらず
スペインのテンプラニーニョが
多かったです。

サンセバスチャンArzak(アルザック)の詳細

Alcalde J. Elosegi Hiribidea, 273, 20015 Donostia, Gipuzkoa, スペイン

日本語:NG

営業時間

火~土曜日

13:30 ~16:30
20:45 ~22:30
 
2015年
The World’s 50 Best Restaurants
で17位を獲得。
 
シェフも店内に来て
気軽に写真撮影にも
応じてくれましたよ。
 

Arzakの予約を取る

店内は、広いのですが
さすがの人気、満席です。

サンセバスチャンで行った
とのレストランよりも
早めに予約を取りました。

Arzakスペイン料理 / サンセバスチャン)
夜総合点★★★☆☆ 3.5

海外旅行メモ
日本からでも現地でもOK!
レストラン予約を日本語で予約を取る方法はこちら
海外旅行に行ったときに 希望のレストランの予約を取りたい。 観光に行きたいので 問い合わせをしたい。 でも、言葉が通じるか 心配...

Bodegon Alejandro(ボデゴン・アレハンドロ)

サンセバスチャンのレストランBodegon Alejandro ボデゴン・アレハンドロ

続いて紹介するのは
Bodegon Alejandro
(ボデゴン・アレハンドロ)

美食の街バスクで
常に人気上位に入るという
地元の人もおすすめの
レストランです。

ワインも豊富で
お肉、お魚、野菜
全てのメニューが
充実しています。

量が気になると言えば
快く、一つのお更を
シェアしてくださる
ホスピタリティも
ステキでした。

 

Bodegon Alejandroボデゴン・アレハンドロの絶品料理の数々

サンセバスチャンのおすすめレストランbodegon-alejandro

さて、メニューを見てみると
お魚、お肉、お野菜の
メニューに加えて
ワインのメニューも豊富。

これは期待が出来そうです。

ところで、海外で
食事をするとなると
気になるのが
一品一品の量が
とてつもなく多い事。

日本人らしく、
皆でシェアします、
と言うと、
嫌がられたりするお店も
少なくないです。

だけど食べきれない。

ここは、そんなリクエストにも
親切に応じてくれて
魚介のスープなどは
2人前の量を
マグカップに取り分けて
出してくれる優しさ。
(´ω`*)

サンセバスチャンのレストランBodegon Alejandro ボデゴン・アレハンドロ

前菜のガスパチョ。

こちらも一口サイズ。

スペインのトマトの
美味しさは
群を抜いています。

酸味がさわやか~

サンセバスチャンのレストランBodegon Alejandro ボデゴン・アレハンドロ

あっという間に
なくなってしまった
一口サイズの
コロッケです。

オンダリビアでも
そうでしたが、
スペインのコロッケは
美味しいですね。

サンセバスチャンのレストランBodegon Alejandro ボデゴン・アレハンドロ

な。。。ナニコレ~!!!

ホワイトアスパラが
みずみずしくて
ソースが美味しい
(´ω`*)

これもシェアして
1人1本ずつ。

サンセバスチャンのレストランBodegon Alejandro ボデゴン・アレハンドロ

サラダは、お店の方に
おすすめされてオーダー。

さすがおススメの
一品だけありますね。

スペインのお野菜は
何を食べても新鮮で美味しいです。

こちらは、Bodegon Alejandro
(ボデゴン・アレハンドロ)で
一番美味しかった

と言っても
過言ではない
お魚料理。


この料理は
私たちがスペインに
来る前から
絶対に食べたいと
思っていた涙豆。

緑のキャビアとも言われて
早摘みのえんどう豆だそう。

ようやく会えたね、涙豆。

お味はと言うと、
普通のえんどう豆よりも
歯ごたえ満点。
味もさわやか。

えんどう豆は
早摘みに限ります。

真ん中に落としてある
温泉卵が美味。

ボリューム満点の肉!

私の写真だけではなく
ネット上の美味しそうな写真も
一部掲載します。

 

サンセバスチャンのレストランBodegon Alejandro ボデゴン・アレハンドロ

デザートになって
ようやく明るい
写真に戻りました。
(´ω`*)

2種類デザートを
頼みましたが、
このイチゴのデザートは
ダントツで美味しかったですよ。

サンセバスチャンのレストランBodegon Alejandro ボデゴン・アレハンドロ

Bodegon Alejandroでは
リオハのワインを
頂きました。

スペイン、バスク地方の
レストランは
地元のワインの
ラインナップが
ほとんどですね。

合わせて読みたい記事
美食の街バスク地方。 観光ももちろんですが、 グルメを楽しみたいですね。 オンダリビアでも 美味しいピンチョスと ワインをバルで存分...

Bodegon Alejandroボデゴン・アレハンドロの詳細

Fermin Calbeton 4, 20003 San Sebastian – Donostia,スペイン

営業時間
13:00~15:30
20:00 ~ 22:30

日本語:NG
英語は大丈夫な人もいましたが
思ったよりは通じないです。

月曜日定休日

出発前に日本から
ボデゴン・アレハンドロの予約が
取れますよ。

Casa Urola(カサ・ウローラ)

3つ目に紹介するのは
Casa Urola。

こちらも大人気の
レストランという事で
とても楽しみです。

日本人のファン、
地元のリピーターも
多いという名店だそうです。

旧市街のど真ん中にあって
観光するにも便利な場所。
サンセバスチャンに観光に来たら
必ず立ち寄り繁華街です。

1階がバル、2階がレストラン。

私たちは、2階のレストランで
ディナーを頂きます。

Casa Urolaのディナー

スペインに来て
すっかりはまってしまったのが
このホワイトアスパラ。

Casa Urolaでは
ホワイトアスパラを
注文すると、
焼いたもの+オリーブオイルと
ゆでたものの
2種類が出てきました。

こちらは、一緒に
食事をしていた10人で
意見が割れまして、
甲乙つけがたい。

これもスペインで
何度も食べました、
アンチョビです!

塩加減が丁度よくて
ワインが進みます。

これこそ、スペインの緑のキャビア、
涙豆と呼ばれる
早摘みエンドウ豆。

きのこ、卵黄と合わせて
食べると、本当においしい。

これからはエンドウ豆は
早摘みしか
食べられなくなりそう。

美味しすぎて、
しつこく涙豆を
食べています。

オリーブオイルとあわせても
うんまいっ!

たこの柔らか煮です。

クリーミーな
ソースと合わせて
とっても美味しい。

そういえば、今まで
肉ばかりに目がいって
タコを楽しんでいなかった、

とふと気づく私。

おっと!

ここでお腹いっぱいに。
いつものように
お肉までたどり着けず。

お肉は無理でも
デザートは食べられる。

44歳になっても
食欲は衰えず。

デザートも甘すぎず
美味しい。

デザートドリンクも
美味。美味しいです。

品数少なかったので、 他の料理も載せときますね

ワインはどのくらい
進んだかと言うと

ワインは、最初の
CAVAから始まって
白2本、赤1本で
8人で4本。

Casa Urolaの詳細

Fermin Calbeton 20 20003 San Sebastian – Donostia スペイン

営業時間

12:00~23:30

火曜日定休日

Lanziego(ランジエゴ)

最後にご紹介するのは
伝統的なバスクの料理を
食べられるという
レストランLanziego。

立地もとても良く、
サンセバスチャンの
ビーチ周辺から
歩いてすぐです。

美食の街バスクは、
お食事のレベルが
本当に高い!

Lanziegoも人気店という事で
とても楽しみです。

フレンドリーで心地よい接客と美しい店内です。

最初、入店してから
オーダーを取りに来て
もらえるまで
少し待ちましたが、
それ以外はとても
フレンドリーで
心地よいホスピタリティでした。

Lanziegoのソムリエは
以前、NHKのスペイン語の番組に
出演されたことが
あるらしく、
日本語の本に
写真が掲載されていました。

サンセバスチャンのレストランLanziego

さて、お食事を頂きましょう!

サンセバスチャンのレストランLanziego

このイベリコ豚の生ハムが
とっても美味しかったです。

濃厚で、脂がのっていて。

思わず、このハムにあう
ワインを注文。

スペインの
テンプラニーショの
赤をおススメいただきました。

この生ハムで
4人前の量くらいかな。

サンセバスチャンのレストランLanziego

このホタテがまた、美味。

スペインのお料理は
全体にお塩がキツイのですが、
ここのお料理は
塩加減も丁度良かったなぁ。

とても食べやすいです。

ホタテは、1人ひとつづつ食べても
多すぎません。

サンセバスチャンのレストランLanziego

日本語のメニューも
あるそうです。

私たちが注文するときは
英語メニューだったなぁ。

このかにの甲羅の料理も
美味しかったですよ。

カニ味噌のグラタンの
ようでした。

ほんのりコゲが
香ばしくて、
一瞬で食べちゃいました。

こちらも1人1個食べても
まだまだ胃袋は余裕です。

サンセバスチャンのレストランLanziego

魚介が美味しい
バスク地方で、
常にお肉を頼む私たち…。

焼き加減も丁度いい。
めちゃめちゃ美味しいです。

お肉は、1人一品だと
ギブアップしてしまうので
最低でも2人で
取り分けて食べる量。

Lanziegoでは、
一つのお更をシェアしても
嫌がられませんよ。

日本人好みの
食べ方が出来ます。

サンセバスチャンのレストランLanziego

仔牛のフィレ肉~!
何だかしょうゆ味っぽくて
食べやすい。

こんな分厚いステーキ、
何て言うのかな?

ロックステーキ??

ソースも絶品です。

私たちは10人で
シェアして食べましたので
こんなにたくさんの
メニューを食べることが
出来ましたが、
1人で一皿だと
前菜→魚料理→メイン→デザートで
ダウンしてしまいます。

ついてくるパンを
食べてしまうと
更にお腹がパンパンになります。

サンセバスチャンのレストランLanziego

お肉の中を見てほしくて
粉々にしてみました。

周りカリッと、
中フワフワでしょ!?

行かれたら、
お肉料理は
ぜひ一品でも
注文してみてください。

サンセバスチャンのレストラン Lanazigo

デザートがやってきました~!

サンセバスチャンのレストランLanziego

アイスクリームを
頼んだら、
こんなにオシャレな
デザートが
出てまいりました。

サンセバスチャンのレストランLanziego

ワインは10人で3本。
赤2本に白1本でした。

最初の乾杯は
CAVAでしたので、
ちょっと飲みすぎですね(笑)

いつもの事ですが…。

さすが美食の街バスクで
人気のあるレストラン。

とにかく料理がおいしい。

私たちがカニを
食べ終わるころは、
店内は満席になっていました。

観光客もですが、
地元のリピーターの人も
多くいらっしゃるようです。

Lanziego Restranteの詳細

Calle Triunfo, 320007 San Sebastian – Donostia, スペイン

日本語:NG
英語が通じない方も
数名いらっしゃいました。

営業時間

日曜日
13:00~15:15

火~土曜日
13:00~15:15
20:00~23:00

人気店なので、予約を
取っておくと安心です。

海外旅行メモ
日本からでも現地でもOK!
レストラン予約を日本語で予約を取る方法はこちら
海外旅行に行ったときに 希望のレストランの予約を取りたい。 観光に行きたいので 問い合わせをしたい。 でも、言葉が通じるか 心配...

まとめ

CHECK!〇サンセバスチャンでは何を食べても美味しい
〇三ツ星レストランでなくとも美味しいところはある
〇涙豆は食べるべし!
〇お店では英語が話せる人も少数だった
〇あらかじめ、日本語で予約を取っておいた方が良いと思います








シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。