東京大神宮で復縁が叶う恋みくじはとは!?|願い文で願望成就する




東京大神宮と言えば
縁結びのパワースポット。

願い文で願いが叶った
恋みくじの効果が凄い
と、大評判。

種類も豊富で、
どのおみくじを引こうか
迷ってしまうほど。

おみくじを引くと同時に
奉納したいのが
こちらも人気の願い文と
恋愛絵馬です。

当たると評判のおみくじだけに
大吉以外、例えば
中吉などをひいたら
どうしたらよいのでしょうか。

 

復縁が叶う恋みくじ 

東京大神宮で復縁のご利益のある恋みくじ

値段:200円

和紙の人形が
可愛らしいですね。

当たると大評判で、
恋愛成就のための
アドバイスも
書かれているのです。

恋みくじが乙女たちから
厚い信仰を集める
理由のひとつは、
この恋愛指南。

「あなたにぴったりのお相手は?」

そんな助言もあるのです。

血液型から年齢まで、
どんな相手がぴったりか!?

当然知りたいですよね。

大吉をひくと、すぐに
彼氏が出来るという
口コミもあります。

また、切ない復縁の望みを
叶えてくれるということで
お守りと同じくらい
人気があるのです。

縁結びのお守りと一緒に
恋みくじについている
持ち歩く事で
復縁を叶えましょう。

彼もあなたからの連絡を待っているよ」と教えてくれた。
私の復縁を叶えてくれた占い師を知るにはこちらから

神様へのお手紙|願い文 

東京大神宮で願いが叶う願い文

値段:500円

神様へのお手紙です。

成就したい事
心に誓った事
などが実を結びますように!

と祈願して
紐を結んでお願いするのです。

次の日の朝には成就祈願の
祈祷をしていただけます。

東京大神宮のおみくじの種類と値段

恋みくじ(恋人形付き)
200円
※復縁の効果大

おみくじ
100円

恋みくじ
100円

恋文みくじ
200円

華みくじ
200円

英文みくじ
200円

血液型みくじ
200円

どれも可愛くて、
乙女心にささります。

恋文みくじ 

東京大神宮の恋文みくじ

値段:200円

ステキな詩が
描いてある人気のおみくじです。

おみくじに書いてある
ステキな詩こそが
恋愛のアドバイス。

恋みくじと恋文みくじの
どっちをひくか迷った時は
両方引くのが一番です。

華みくじ 

東京大神宮の華みくじ

値段:200円

こちらも可愛らしい
お華のおみくじです。
(*ノωノ)

開運招福のおみくじで
こちらも当たると評判。

おみくじを開くと
飛び出すように花が現れます。

花の種類がいろいろあって、
リピーターもいるほどの
人気のおみくじです。

東京大神宮のおみくじで中吉が出たら!?

「絶対に大吉を引きたい」

そう思ったのに
うっかり中吉だった。

そんなときもあわてず
安心してください。

お守りをくくり木に結び、
改めて引き直せばOK。

他にも、
「辛い恋愛をしているのだけど、
 おみくじでは

 『諦めなくていい。信じろ』

 みたいなことが書かれていた。」

など、どうしたらいいのか
迷う事もあるはずです。

おみくじは神様からのメッセージ。

自分が「これ!」と思うものを
信じれば良いのです。

これだと思えるものが
手に入るまで、
何度引き直しても
大丈夫なんですよ。

合わせて読みたい記事
占い師に聞いてみたい事ありませんか?
幸せを呼び込む占い・当たる占い師はこちらから

縁結び絵馬

東京大神宮の絵馬

「鈴蘭」…
手にされた方に幸せがあるように。

「叶結び」…
願い事がかないますように

「神話」…
最古の結婚を絵にしたもの

3種類の絵馬があります。

願いが叶うと評判の
絵馬ですよ。

東京大神宮の境内は乙女の聖地

東京大神宮の境内

御朱印を待つ人。
おみくじを引く人。
願い札を書く人。

とにかく境内には
人があふれています。

でも、熱いお茶も
無料でふるまっていただけたり
女性にとても
優しいところです。

口コミが口コミを呼んで
「恋に効果あり!」と
大変な評判になった神社です。
(*ノωノ)

東京大神宮の御朱印

東京大神宮の御朱印

東京大神宮は、初めて神前式が行われた場所

縁結びのご利益で有名な
東京大神宮。

実は、結婚式を
始めて神前で行ったのは
東京大神宮なのです!

初めて「神前式」が
行われたのは
1900年(明治33年)。

当時。まだ皇太子さまでいらした
大正天皇の結婚の礼がここ
東京大神宮で行われました。

東京大神宮のお手水舎

ご利益をくださる東京大神宮のご祭神

天照皇大神
(あまてらすすめおおかみ)

日本国民の総氏神。
伊勢神宮の内宮(ないくう)の
御祭神として有名。

「全てのものの縁を結ぶ」
という良縁の神様として
とっても強いパワーを持つ神様。

豊受大神
(とようけのおおかみ)

伊勢神宮の外宮(げくう)の
御祭神。
「農業」「諸産業」「衣食住」
の守護神なのです。

造化の三神
(ぞうかのさんしん)

天之御中主神
(あめのみなかぬしのかみ)
高御産巣日神
(たかみむすびのかみ)
神産巣日神
(かみむすびのかみ)

こちらの三柱を
造化の三神と
お呼びします。

天之御中主神は
古事記に一番最初に
出てこられる
日本の最高神です。

高御産巣日神と
神産巣日神はね
お二人とも男女対の神様
「ムスビ」の神様でいらっしゃいます。

倭比賣命
(やまとひめのみこと

絶世の美女と言われる
神様なのです。

東京大神宮へのアクセス

東京大神宮

東京都千代田区富士見2-4-1

JR中央・総武線
「飯田橋駅」より徒歩5分

東京メトロ
「飯田橋駅」
有楽町線・南北線・東西線
B2a出口から徒歩5分

都営大江戸線
「飯田橋駅」
A4出口から徒歩5分
東京メトロ東西線は
A4出口に近いです。