ビルバオ観光|世界遺産ビスカヤ橋・グッケンハイム美術館・ゲルニカの街観光まとめ

スペイン旅行




北スペインバスク地方ゲルニカ~ビルバオの観光記です。

ビルバオでは、グッゲンハイム美術館と世界遺産ビスカヤ橋へ。

グッゲンハイム美術館は、規模の大きさと出会ったことのない斬新なアートに驚き。

ビスカヤ橋は高さ50mの橋をドキドキしながら渡るのです。

ゲルニカの街では、戦火を逃れた歴史的な建造物を見てきました。



ビルバオの世界遺産ビスカヤ橋

ビルバオ観光世界遺産のビスカヤ橋

世界遺産でもあって、ビルバオに来たなら絶対に見ておいた方がいい。

そう言われたビスカヤ橋。

しかし・・・ 何度話を聞いても橋の具体的なイメージがわいてこない。

「橋についているゴンドラが運搬をしている」

うん、これは意味が分かる。

ゴンドラの上の橋を歩いて渡る事が出来る。

ゴンドラの上に橋がある・・?
ちょっとイミフ。

全くわからなくなったのは、ここから先・・・

ビスカヤ橋の下を船が通り抜けるためには、橋の高さを高くする必要がありました。

うん、わかるよ。

でも、高くすると橋まで登る坂道を作る必要がある。

これもわかる。

そこで、坂道を作らず橋の下をゴンドラで結ぶことにした。 (。-`ω-)・・・

いまいちわからない。

橋の高さ以上に大きな船が通るとき、私のイメージでは橋が開く。

いわゆる開橋というやつね。

ビスカヤ橋のフォト動画はこちらから

開閉せずに、橋よりも高い船を通すってどういう事?

ゴンドラとどんな関係が?

ビルバオ観光世界遺産のビスカヤ橋

近くまで行ったらその意味が分かるっ!

なんと橋の下にゴンドラが吊るされていて、左右の対岸の間を行き来しながら、人や車を運んでいる

Σ(・ω・ノ)ノ!

ビルバオ観光世界遺産のビスカヤ橋

なるほど。
ゴンドラを動かすことで、ゴンドラのない場所を船が通る事が出来るってわけですね。

ビスカヤ橋の橋脚の上を歩いてみた

さて、この橋を渡る方法は2つ。

ゴンドラに乗ってわたるか。

それとも、エレベーターで橋の頂上まで上がり、歩いて渡るか。

私たち10人のうち高所恐怖症の1人を除いて、全員上を歩く事に決定。

ビルバオ観光世界遺産のビスカヤ橋

エレベーターで上まで上がると。。。

この景色。

あたりの街が一望できます。

高さは何と50m。

ビルバオ観光世界遺産のビスカヤ橋

下を動いているゴンドラが、この小ささ(笑)

高所恐怖症の人は絶対にだめ(笑)

私も真下を見ると、内臓がキューンってなりました。

ビルバオ観光世界遺産のビスカヤ橋

世界遺産に登録された事を記念して、こんな文字が橋に刻まれています。

「Puente Vizcaya patrimonio Mndial」

これは、思わずみんなで足と一緒に撮影。

そんな橋の隙間から一瞬でも下を見ると、恐怖です(; ・`д・´)

ビルバオ観光世界遺産のビスカヤ橋

無事、橋を渡って反対の岸から写真を撮影。

ポルトゥガレテ地区とゲチョ地区という全く個性の違う2つの地区を結んでいる橋のため、対岸の景色は全然違います。

これもビスカヤ橋の魅力。

帰りの道は、ゴンドラに乗って橋を渡ってみました。

真ん中に車や二輪車。

人は両端に乗りますが、左右での行き来は出来ません。

ゴンドラの右端か、左端のどちらかに乗ります。

ビルバオ観光世界遺産のビスカヤ橋

ビスカヤ橋へのアクセス

Puente de Vizcaya Zubia, Getxo, Bizkaia,

最寄り駅 Areeta駅Portugalete駅と両岸に駅があります。

少し距離は歩きますが、とてもきれいな街並なので、苦になりません。

便利なツアーもあります。

ビスカヤ橋を含むオプショナルツアー