深川不動尊で護摩祈祷に参列!御朱印を頂いて運気急上昇!

深川不動尊 御朱印帳 神社・お寺・パワースポット




成田山新勝寺の別院、門前仲町にご鎮座する深川不動尊。

護摩焚きの効果がすごいと参拝者も多いです。

私も護摩祈祷に何度も参列し、運気が変わる体験をしています。

初めて御朱印帳を授与したのもこの深川不動堂。

1年に一度行われる花祭りもすばらしいです。



護摩祈祷は参列だけなら無料です

御護摩祈祷で有名な深川不動堂

深川不さだけなら摩焚きに参加するのは、とても簡単です。

参拝したら、まず靴を脱いで本堂の中に入りましょう。

1本堂1階、ご本尊の前には、御護摩参列者のための椅子、教本などがあります。

お札の授与、炊き上げ名前を呼んでもらうご祈祷には初歩料が必要ですが、祈りをささげるだけでしたら自由参加で、お金は要りません。

お護摩祈祷の時間

深川不動堂

通常

9時、11時、13時、15時、17時

1日、15日、28日(縁日)

9時、11時、13時、15時、17時、19時

縁日の日、週末は混雑して、良い席(炎の正面など)はすぐに埋まってしまいます。

席も多いので、満員で参列できないことはないですが、良い席に座りたければ早めに行くことをおすすめします。

お護摩祈祷の時間

護摩焚きから説法まで30分程度。

毎朝、9時のお護摩祈祷だけは、お護摩祈祷のあと2階、4階でもそれぞれご祈祷があります。

全ての階のご祈祷は自由に参列できて、費用は無料です。

深川不動尊の護摩祈祷は、お経をお読みになるペースがとってもゆっくりで、初心者でもついていきやすいです。

参拝者用の経本にはふりがなもふってあるので、お経を読みながらお護摩に参列する事も
出来ます。

お護摩祈祷の途中、参拝者の荷物やスマホ、財布など持ち物を護摩の火にかざしてお清めをしてもらえます。

お清めが始まると長い行列が出来ます。

列に並べば、必ずお清めをしてもらえるので、焦って並ばなくても大丈夫です。

有料のご祈祷を申し込む場合

門前仲町の深川不動堂

護摩祈祷でお札や特別な祈願を申し込む場合、本堂左側に申込み所があります。

料金は3000円からです。

お札の大きさと御祈願の内容で料金が変わります。

ご祈祷を申し込むと御護摩焚き上げの前に、フルネームと願い事を言って頂き、御護摩の炎と共にお不動様に届けて頂けるというもの。

授与したお札も「火加持」と言って、御護摩の火にかざしてくださいます。

ご祈祷終了後は、お札と一緒にお神酒がいただけました。

お護摩祈祷のお礼をお返しする場所|納札所(のうさつしょ)

門前仲町のパワースポット深川不動堂

お護摩祈祷の御札やお守りを授与した場合、次回の参拝の時には、こちらの納付書に感謝の気持ちと共にお返ししましょう。

こちらにもお不動尊がいらっしゃいます。

深川不動堂の御朱印帳と御朱印

御朱印帳

深川不動尊の御朱印帳

深川不動堂といえばやっぱり、怖い顔をされた不動尊。

御朱印帳の表紙には不動尊さまがお持ちの剣、そして綱、背中にある火が描かれています。

御朱印

深川不動尊の御朱印

ありがたい梵字を見ることが出来ます。

深川不動堂のお釈迦様像と花祭り

深川不動尊の花祭りのお釈迦様の像

深川不動尊では、毎日行われるお護摩祈祷以外にも1年に一度の花祭りなども行われます。

深川不動堂の花祭り

写真のお釈迦様は、普段は本殿の1階にいらっしゃいます。

花祭りはお釈迦様のお誕生日のお祝い。

深川不動堂のお釈迦様像

特別に深川不動尊の境内に出てらっしゃいました。

自分の体の良くしたいところと同じところに、金箔の小さな紙に願かけてお釈迦様の体に貼ります。

深川不動堂の花祭り

お釈迦様の誕生日、花祭りの日には、境内では甘酒が振る舞われます。

普段は堂内におられるお釈迦様像が、門前仲町の町を練り歩く有り難い日です。

たくさんの参拝者で賑わいますが境内が広いので、人込みをかぎ分けてお釈迦様を拝見することが出来ます。

深川不動堂へのアクセス

深川不動堂
東京都江東区富岡1-17-13

東京メトロ東西線
「門前仲町」駅
1番出口より徒歩2分

都営地下鉄大江戸線
「門前仲町」駅
6番出口より徒歩5分

※都営大江戸線と
東京メトロ東西線は
改札外乗り換えです。

東西線の6番出口は
深川不動堂の参道すぐですが
そこからは都営大江戸線には
乗れないです。