釧路の観光とグルメ|地元民もはまる釧路の魅力・絶景・味まとめ




北海道に旅行したら
一度は行っておきたい釧路。

本州では絶対に見られない
広大な湿原。

珍しい丹頂鶴。

北海道三大市場と言われる
和商市場。

グルメと買い物を楽しめる
フィッシャーマンズワーフMooなど

押さえておきたい
人気のスポットを紹介します。

釧路駅周辺の観光地・グルメ

釧路市の中心である
釧路駅。

交通の便利さから
釧路駅周辺で
観光、グルメを楽しみたい方も多いです。

まずは、釧路駅周辺で
外せない観光地とグルメを
ご紹介します。

釧路和商市場

釧路の和商市場

北海道釧路市黒金町13丁目25

[map addr=”北海道釧路市黒金町13丁目25” width=”400px” height=”300px” infowindow=”open”]和商市場[/map]

函館の朝市、
札幌の二条市場と並んで
北海道の三大市場。

釧路の台所、和商市場です。

釧路駅からもすぐ近くです。

和商市場の名物と言えば
勝手丼なのです!

勝手丼とは!?
勝手丼を知らない人はここをクリック

和商市場の名物、
勝手丼とはどんなものでしょう?

まずは、白いご飯を買います。

量は小・中・大と
ありました。

そこに和商市場で売られている
好きな具材を乗っけて
自分だけのオリジナル丼を
作っていくわけです。

雲丹、ほたて、イカ、
イクラなどのほかには
北海道名物
鶏の唐揚げ
「ザンギ」まで売ってました(笑)

ザンギも勝手丼の
具になるんですね…。

釧路の観光地和商市場

お昼時には休憩スペースで
座って勝手丼を
食べている人がいっぱい。

お食事処もあります。

海産物のおみやげも
たくさんあります。

釧路和商市場の営業時間

8:00~18:00
(1月~3月 8:00~17:00)

和商市場を食べログで見てみる。

ここに書ききれない事を
書いた記事もあります。

よかったら読んでください。

釧路和商市場の訪問記・食レポはこちらから

釧路のグルメと言えば 和商市場の勝手丼。 釧路の滞在で一番の目的地 と言っても過言ではない グルメの宝庫です。 釧路和商市場で 一番...

幣舞橋(ぬさまいばし)

[map addr=”幣舞橋” width=”400px” height=”300px” infowindow=”open”]幣舞橋[/map]

バリ島の夕日、
マニラの夕日と並んで

世界三大夕日に
選ばれているのが
釧路の幣舞橋(ぬさまいばし)。

北海道で一番長い
木の橋です。

橋には四季の像と呼ばれる
「春・夏・秋・冬」
を表した4つの像が
あります。

夕日の時間帯だけでなく
1日中美しい橋。

釧路で最もインスタ映えする
スポットのひとつです。

釧路フィッシャーマンズワーフMoo

釧路市錦町2-4-3

[map addr=”釧路市錦町2-4-3” width=”400px” height=”300px” infowindow=”open”]釧路フィッシャーマンズワーフMoo[/map]

釧路を代表する
グルメ、お土産何でも揃う
ショッピングセンターです。

海に面していて
景色もとてもキレイ。

このフィッシャーマンズワーフMooで
ネット上話題になるのが
カニのUFOキャッチャー。

1回300円で、3,000円相当の
カニを獲得することが
出来るのです。

釧路フィッシャーマンズワーフMooのおススメグルメ

フィッシャーマンズワーフMooでは
グルメも楽しめます。

地元の人も愛する
高評価のグルメ店も
ありますよ!

お寿司・刺身のブう~

釧路でもコスパは最高と
評判のブうです。

食べログでも3.55という
高評価です。

フィッシャーマンズワーフMooの
2階「港の屋台」にあります。

ブう~の営業時間

17:00~24:00
(L.o23:00)

ブうを食べログで見てみる

さんまんま魚政

パリッと焼いたさんまで
ご飯を包んだ「さんまんま」。

東京、横浜で行われる
北海道物産展でも
大人気の一品なのです。

持ち帰りも出来ます。

フィッシャーマンズワーフMooの
1階にあります。

さんまんま魚政の営業時間

10:00~19:00

食べログでさんまんま魚政を見てみる

岸壁炉ばた

観光シーズン限定で
オープンするという
炉端焼きのお店です。

朝採れの海鮮などを
食べることが出来ます。

岸壁炉ばたの営業時間

17:00~22:00

岸壁炉ばたを食べログで見てみる

釧路と言えば、広大な湿原

釧路の絶景と言えば
本土では見ることの出来ない
広大な湿原です。

釧路では、この湿原を
展望台から見て楽しむ

また、季節限定の
列車によって楽しむ方法もあります。

釧路湿原国立公園・細岡展望台

北海道釧路の湿原

北海道釧路郡釧路町達古武22−9

[map addr=”釧路湿原細岡展望広場” width=”400px” height=”300px” infowindow=”open”]細岡展望台[/map]

広大な釧路湿原が
見渡せる絶景ポイント
釧路湿原国立公園の
細岡展望台です。

釧路湿原国立公園

私たちが訪れたのは
あいにくの雨の日。

いや、、、雨で景色が悪くとも
圧巻の景色が広がっていました。

細岡展望台を動画でとってみました(音無し)

大感動の風景が!

予想を超えた広く、
見たことのない光景です。

写真でしか見たことがないような
キレイに蛇行した川が
湿原の中を流れています。

展望台で出会った
外国のお客様も
大感動されていました。

細岡展望台の最寄り駅は
釧路湿原駅です。

この釧路湿原駅も
ログハウスで
とっても可愛らしいのです。

釧路室現役は、
細岡展望台から
徒歩3分の位置のあるのですが、
電車が少ないので
時刻を確認しておく必要あり。

また、細岡ビジターズラウンジという
休憩所もあります。

細岡ビジターズラウンジは
無料で活用できる休憩所。

ここで販売されている
山葡萄ソフトクリームは
なかなか評判です。

細岡ビジターズラウンジを食べログで見てみる

嬉しいおまけ!キタキツネに出会うかも

細岡展望台に
向かう途中、
タクシーの前を
可愛らしい動物が
ピョンピョンとはねて
横切りました。

タクシーの運転手さん、

「キタキツネですよ!
 ラッキーですね」と。

一瞬の事でしたので
撮影出来ず。

ただ、出会う確率は
低くはないそうです。

キタキツネに会えるといいですね。

細岡展望台で湿原を
見るだけなら
所要時間は15分です。

釧路市湿原展望台

釧路市湿原展望台

北海道釧路市北斗6−11

[map addr=”北海道釧路市北斗6−11” width=”400px” height=”300px” infowindow=”open”]釧路市湿原展望台[/map]

釧路市湿原展望台に
やってきました。

湿原の遊歩道を歩いています。

ですが、本降りの雨~!

残念ながら撮影不可。

ネットでの映像で
絶景を見てください。

ここでは、釧路湿原を
360度グルっと見渡すことが
出来る北斗展望地がありました。

釧路市湿原展望台の売店

1階のショップでは
お土産グッズなど
販売されていました。

「レストハウス憩っと」
もあります。

私たちは、美味しそうな牛乳を一杯。

美味しくて思わず一気飲みです。

食べログにものってしました。

食べログでレストハウス憩っとを見てみる

釧路市湿原展望台の展示室にあったいとうの模型

どーん!でっかい!

写真は2階の展示室のところにいた
イトウという幻の魚だそうです。

すげー巨大です。

釧路市湿原展望台の展示室

同じ日本なのですが、
珍しい動物や魚が
たくさんいるのですね。

この釧路湿原展望台を拠点に
2.5キロの遊歩道があります。

釧路市湿原展望台の遊歩道

あおさぎ広場、
サテライト展望台、
丹頂広場、などなど
歩く服装で来れば
美しい自然の中を
歩くことが出来ます。

私たちも雨の中
歩けるところだけ
歩いてみました。

けっこう急な階段もあります。

私たちも歩いてみましたが
当日は雨だったため、
途中で断念。

写真もキレイに撮れていないので
ネットでの声など
載せておきますね。

見ごたえのある大自然が
いっぱいです。

歩くのが好き
花が好きなんて方には
おすすめです。

所要時間:展望台だけなら20分。
遊歩道を歩けばそれなりに2時間。

遊歩道を歩く方は
ハイキングのような服装が
おすすめですよ。

釧路湿原展望台・展示室入館料

大人    470円
高校生   250円
小・中学生 120円

5月1日~10月31日
8:30~18:00

11月1日~4月30日
9:00~17:00

釧路湿原を走る季節限定列車

釧路には、釧路湿原に
ゆかりのある季節限定
列車があります。

釧路湿原の絶景を
ゆっくり楽しむには
季節限定の鉄道が
ピッタリです。

車では行くことが出来ない
釧路湿原を通り抜けます。

ノロッコ号

冬の湿原号

冬に走るのが「冬の湿原号」

SLが力強く
雪の中をすすみます。

運行期間や料金などは
JR北海道のHPで確認してください。

冬の湿原号2018についてはこちらから

釧路市丹頂鶴自然公園

釧路市丹頂鶴自然公園

北海道釧路市鶴丘9−112

[map addr=”釧路市丹頂鶴自然公園” width=”400px” height=”300px” infowindow=”open”]釧路市丹頂鶴自然公園[/map]

釧路市丹頂鶴自然公園に
やってまいりました!

雨でしたが、公園内では
傘を貸してくれました。

釧路市丹頂鶴自然公園

昭和33年、当時絶滅の危機にあった
丹頂鶴を保護、増殖するために
5羽の丹頂鶴が放されて
開園したのが始まりだそう。

釧路市丹頂鶴自然公園

行ってみるまでは、
動物園みたいに
遠くの方にいる鶴を
見るのかなーと思っていたら…

けっこう至近距離で
丹頂鶴を見ることが出来ます。

入園料

大人 470円 小・中学生 110円

開園時間

4月9日~体育の日まで
9:00~18:00

体育の日の翌日~4月9日
9:00~16:00

釧路のグルメを満喫する

釧路と言えば
新鮮な海鮮はもちろん

「炉端焼き」発祥のお店
「ザンギ(北海道の唐揚げ)」発祥のお店

などなど

人気のお食事処の揃った
グルメな町なのです。

地元民も進める
グルメのお店を
紹介します。

炉ばた

北海道釧路市栄町3-1

[map addr=”北海道釧路市栄町3-1″ width=”400px” height=”300px” infowindow=”open”]炉ばた[/map]

御年82歳といわれる
お婆ちゃんが
焼いてくれる
炉端焼きの名店中の名店。

炉端焼きの発祥のお店として
今でも大人気のお店です。

炭火で焼く魚介は
絶品の美味しさ。

炉ばたの営業時間

17:00~24:00

11月~4月上旬
17:00~23:00

日曜定休日

炉ばたを食べログで見てみる

鳥松

北海道釧路市栄町3-1

[map addr=”北海道釧路市栄町3-1″ width=”400px” height=”300px” infowindow=”open”]鳥松[/map]

北海道で「ザンギ」
と呼ばれる鶏のから揚げ。

このザンギの発祥の地として
知られているのが鳥松。

秘伝のたれをつけながら
食べるのです。

鳥松の営業時間

17:00~翌3:00

日曜定休日

食べログで鳥松を見てみる

鳥善

北海道釧路市栄町2-15 サンプラザビル1F

[map addr=”北海道釧路市栄町2-15 サンプラザビル1F” width=”400px” height=”300px” infowindow=”open”]鳥善[/map]

甘めのたれに
自分でコショウを混ぜて
オリジナルのソースを
作ります。

このたれをつけながら
サクッサクのざんぎを
いただくのです。

鳥善の営業時間

17:00~翌0:00

食べログで鳥善を見てみる

レストラン泉屋本店

ボリューム満点の
釧路のソウルフード
スパカツです。

アツアツの鉄板の上に
どっかーーん!

とのったトンカツ。

ミートソースとトンカツが
ひとつになったという
名物料理です。

B級グルメの王様です。

レストラン泉屋本店の営業時間

11:00~21:30

月1回火曜日定休
※不定休なので、要確認

食べログで泉屋を見てみる

豪華客船の寄港地としても人気|釧路港

私が釧路を訪れたのは
ダイヤモンドプリンセスという
豪華客船の寄港地として。

同じく客船で釧路港に
入港された方は
是非読んでください。

詳しく見るにはこちらから

釧路港から釧路駅までは
タクシーで15分くらいです。

港では既に観光バスや
タクシーなどが準備万端です。

日本のいろんな港に入港すると、
いつも思いますが
どんな天気であろうと
完璧なお迎えが
素晴らしいです。

ダイヤモンドプリンセスのため
釧路港に設置された
タクシー乗り場で
貸切の観光を依頼しました。

ここで運転手さんに
教えてもらったのですが
釧路の観光地は
それぞれ、場所が
離れているため
3か所しかまわらなくても
結構時間がかかるそう。

乗船客の方同士で
行きたい場所へ
相乗りパートナーを
募集する人もいましたよ。

釧路観光の情報

釧路港から最寄り駅は
新富士駅。

港からの距離は
約3キロ、徒歩で40分。

港には、タクシーが来ているので
タクシー移動が便利です。

釧路駅までタクシーでも便利。

タクシーだと15分程度で
釧路駅に到着。

タクシー

初乗り 550円
※2,017年7月の情報です。

貸切は1時間からあるそうですが、
観光地がそれぞれ
離れているため、
前もって、どこに行きたいか伝えると
3か所で〇〇円などと
教えてくれます。

釧路港を出港・お見送り

釧路出港時、天気はかなりの雨。

しかも出港が予定より
2時間近く遅れました。

そんな中でもひたすら
お見送りをしてくれた
釧路の皆さんに
乗船客も大感激でした。

なんでも

「釧路港おもてなし倶楽部」

なるものまで存在し、
寄港する客船を
歓迎しているのだそう。

歌とサックスの
お見送りがありました。

クルーズ船日本発着|おすすめしたい旅行会社

決して短い旅ではない
クルーズ船の旅。

手厚くケアをしてくださる
旅行会社に巡り合えると
更にうれしいですね。

クルーズ中、船内に
旅行会社のデスクがあったり、
添乗員が船に乗られていたり、
寄港地や船内の情報をくれたり、
どの旅行会社でも安心です。

乗船客の間で評判の良い
旅行会社を紹介します。

■クラブツーリズムのクルーズの旅(おすすめ)

近畿日本ツーリストのクルーズの旅 (おすすめ)

■JTBクルーズの旅(おすすめ)

■日本旅行のクルーズの旅(おすすめ)

■HISクルーズの旅 

”合わせて読みたい記事”








シェアする