日枝神社の御朱印&御朱印帳まとめ|しおりがもらえる!猿の神様




赤坂の日枝神社と言えば
ご鎮座されている
神のお遣い、お猿さまが
とっても有名。

このお猿さまに
まつわる猿田彦神社の
御朱印は、60日に
1日の庚申日にしか
もらえないという事で、
御朱印を求めて
行列が出来ます。

 

赤坂山王日枝神社の御朱印

赤坂山王日枝神社の御朱印

御朱印がいただける時間

9:00~17:00

御朱印をいただくと
日枝神社オリジナルの
しおりとストラップが
授与出来ます。

こちらも有り難い
お猿さまの絵があります。

赤坂山王日枝神社で御朱印と一緒にいただけるしおり

日枝神社の御朱印袋

日枝神社の御朱印

値段:2,000円

日枝神社で授与出来る御朱印帳

日枝神社オリジナル御朱印帳:5種類
値段:1,000円

東京十社の御朱印帳
値段:1,200円

明治150年記念御朱印帳:2種
値段:1,500円

正月三が日しか授与出来ない御朱印

 

日枝神社で正月三が日しかいただけない山王稲荷神社の御朱印

山王赤坂日枝神社で正月三が日しか授与出来ない八坂神社の御朱印

山王稲荷神社と
八坂神社の御朱印が
いただけるのは
正月三が日のみです。

初詣と合わせて混雑は必至ですが
参拝したらぜひ
授与してください。

山王稲荷神社と八坂神社についてはこちらから

正月三が日の限定御朱印を頂くには!?

詳しく見るにはこちらから

 

猿田彦神社の御朱印は60日に1回しかもらえない

赤坂山王日枝神社の猿田彦神社の御朱印

猿田彦神社の御朱印が
いただけるのは
毎年正月三が日と
60日に1日の干支
庚申(かのえさる)の日だけ!

当然ですが
御朱印をもらうには

行列が出来ます!

この庚申の日、
人間の体の中にいるという
三尸虫という虫が
寝ている間に
天に昇るという日。

天に昇って、
天帝に自分の悪事を
わざわざ告げ口をするという
正直でちょっと迷惑な虫。

江戸時代には
三尸虫が出ないように
一晩中起きて
猿田彦命(さるたひこのみこと)を
祀ったというエピソードが
あります。

2018年庚申の日

1月28日(日)

3月29日(木)

5月28日(月)

7月27日(金)

9月25日(月)

11月24日(土)

この日は、山王日枝神社へ!

庚申の日限定|猿田彦神社の御朱印帳

庚申の日限定で
猿田彦神社の御朱印帳も
授与出来ます。

庚申の日限定の
てぬぐいも人気ですよ。

庚申祭

赤坂山王日枝神社の末社である八坂神社と猿田彦神社

日枝神社では、庚申の日に
猿田彦神社にて庚申祭が
行われています。

ここでは、「道開き参拝」
と呼ばれる特別祈願祭が
行われ、限定20名だけ
特別祈願が受けられます。

お導きの神である
猿田彦様のご利益を頂ける
有り難い祈願祭です。

庚申祭:
庚申の日:
9:00~

道開き祈願:
10:30~
12:00~

8月1日(水)の庚申祭

庚申祭
10:00~

特別祈願
11:00~
13:00~

定員:20名
※先着順

初穂料:1万円

日枝神社と猿|猿田彦神社

赤坂山王日枝神社

道開きの神様である
「猿田彦神」が祀られている
パワースポット。

猿田彦神は
天照大神(あまてらすおおみかみ)
の命をうけて降臨された
邇邇芸命(ににぎのみこと)が
道に迷われた際、
道案内をされたという神様。

正しい方向に導いてくださる
パワースポット。

八坂神社、山王稲荷神社と
ご一緒にご鎮座
されておられます。

日枝神社の狛犬ならぬ。。。神猿(まさる)

赤坂山王日枝神社の神猿

バナナを備えられ、
子猿を抱いておられるのは
猿。

そう!

狛犬ならぬ猿なんです。

パワースポットである
日枝神社でとても珍しいのは、
このお猿さまが
いらっしゃるところ。

本殿の右側と左側に
ご夫婦のお猿さまが
ご鎮座されています。

お猿さまはもともと
「神様と人間の間を取り持つ」
ということで
神獣やと言われています。

日枝神社のご祭神の大山咋神が
山の神ということもあって
お猿さまが魔除けを
していらっしゃるのです。

また、猿の特性には
「母性が強い」
「安産」などがあります。

「猿」という名前も
縁起が良いとされているのです。

猿=(魔が)去る
猿=音読みの「えん」=縁

いうことで
安産祈願、子育ての
パワースポットでも
あります。

日枝神社のお猿さま、
撫でてお参りする事で
厄除け、魔除け、
夫婦円満などを
授けてくださいます。

赤坂山王日枝神社の神猿

赤坂・日枝神社関連の記事

日枝神社の初詣

詳しく見るにはこちらから

日枝神社へのアクセス

アクセスの詳細はこちらから








シェアする