巡礼宿の街サン・ジャン・ピエ・ド・ポールからピレネー山脈をドライブ




スペインからフランスへ。
今回の旅の大きな目的
フラワーハイキングのため
国境を越えてきました。

ここから壮大な
ハイキングの始まりです。

仲間に誘われるまま
やってきた旅。

巡礼宿の街サン・ジャン・ピエ・ド・ポールに到着

フランス側のバスク地方、
サン・ジャン・ピエ・ド・ポールの街へ。

人口1500人、巡礼者の
宿泊宿になっている町です。

フランスからの巡礼路4つのうち、
3つがこの町を通っている
という事で、とても賑やかです。

街に到着してすぐに、
まずはカフェでトイレ&お茶タイム。

本当に恥ずかしいし、
聞く人が聞けば腹もたつかも。

私は、ここに来るまで
「巡礼」というものすら
知らなかった。

ここでようやく、
ホタテの意味を知る事になる。

とは言え、この町には
たくさんのカラフルな
お土産も売られていて、
ピレネーハイキングに
不安のある私でも
心が弾みます。

とりあえず、この町で
購入したのは…。

このストック。
ポールと言うのかな?

お店の人おすすめ。

日本にはないシリーズなのだとか。

ここから山を目指します。

しかも、皆さま歩いて
登られるのですが、
私たちは車で登ります。

見たい花や景色があれば
その場で車を止めて
撮影したりする
のんびりしたものです。

スポンサーリンク

車で登れる限界地点まで登る

車で山を登りながら撮影。

随分登ってきたところで
車を降りてお花の撮影タイム。

ここで、日本人の男女二人組と
感動の出会い。

サン・ジャン・ピエ・ド・ポールから
オリソン。そしてオリソンから
ロンセスバージェスを目指す道は
日本人の方、多いそうだ。

キレイな花を見つけても
テンションはアップするが、
このような巡礼の道の
矢印と、高く積み上げられた
石たちにもテンションがあがる。

可愛い花たちも
私たちのハイキングを
盛り上げてくれます。

どんどん高くなってくると
動物たちが登場し始めました。

馬がたくさんいたのですが、
どの馬も太っていて
ビックリ(笑)

ガイドさんの話によると
観光用にいるだけなのでは!?

との事。

写真左側に写っている
長く細く続いている道を
登って行かれるのが
巡礼者の方々。

この十字架が登場すると
いよいよ舗装された道路は終点。

ここからは舗装されていない道が
続いているそうです。

頭が下がります。

この地点までなら
サン・ジャン・ピエ・ド・ポールから
車での送迎サービスもあるとか。

雪山が見える所に到達!

これは絶景です。

ここから、私たちは
またまた車にて
山を下ります。

スポンサーリンク

巡礼宿オリソンでランチ

私たちが目指した地点から
巡礼者の宿オリソンまで
戻ってきました。

ここで昼食と、
みんな一斉にトイレです(笑)

昼食はかなりのボリューム。

スープがでっかいボウルに入って
小さな鍋くらいあって一人前。

お肉はがっつりレアの
ビッグステーキでした。

最初に立ち寄った街、
サン・ジャン・ピエ・ド・ポールから
8キロの道のりを
歩いてきたという
日本人の男性に出会いました。

今日は、ここのオリソンに
宿泊し、明日ここから一気に
ピレネーを超えるそうです。

次の宿泊宿まで、
なんど17キロ以上…。

しかも既に3度目のチャレンジだとか。

マジで頭が下がります。

私は巡礼の道を
歩く事は、ほんのわずか。

ほとんど車での移動でしたが
絶景の雪山と
巡礼の道を歩く人たちとの
出会いは宝物でした。

スポンサーリンク








シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。