霊視鑑定って当たる?本当にあった体験談|悪霊まで祓っていただきました。




世の中には、
「占い」「霊感」「霊視」
というものが存在する。

そして、占いや霊視を
信じる人と信じない人に分かれる。

私は、というと
信頼出来る鑑定師の方の助言を
人生の大切な時や決断の時に
活用しながら生きています。

そのきっかけとなった
エピソードから
実際に霊視鑑定から
お祓いまでの体験談を
記事にまとめました。

私と霊視鑑定との出会い。

霊視鑑定と当たる占い

私が初めて、人生の中で
霊視とか、お祓いとか
占いというものに
深くかかわる事になったのは、
今から15年も前の話。

その頃の私は
ブラック企業に勤務する社畜。

長期出張中で、半年間
全く休みのない
日々を送っていました。

当時、私の職場には
月に一度は占いをする
由美という部下がいた。

ある日、由美が
嬉しそうに私に言った。

ー由美
「昨日、占いで見てもらったら

『最近、赴任してきた上司は
 強運の持ち主だよ。』

 と言われたんです。」

ー私
「私が強運だって!?
 それは嬉しい!
 これからは部署の成績も上がるな。」

なんて話をしていた。

私も強運だと言われたことで
かなり機嫌が良くなった。

由美が占ってもらったという
占い師は、いったい誰なのか?
何が見えているのか?

そんな事は全然気にならず

「私は運が良いんだ」
といつの間にか信じていた。

状況が一変!強運どころかワースト1位の不運になる。

「私が強運」だという話。

これ、1ヶ月しか続かなかった。

翌月、再び占い師に見てもらった由美。

ー由美
「昨日、占いしてもらったら
 部長(私のこと)が
 職場でワースト1位の
 運の悪さになってましたっ(; ・`д・´)」

-私
「ええ~っ!?(; ・`д・´)何で?」

ー由美
「占い師の人が言うには・・・。

 方位とかいろいろ悪い事が
 重なったみたいで…。」

 

霊視された!?「当たる」を超えて、全部が事実だった。

何!?私が最高に
運気が低迷した~!?

しかも原因はひとつではなく
複数あるのかぁ…。

ついこの間まで
「強運」と褒められた私が
一気に「最悪」の称号に
変わってしまった。

え。。え。。

でも所詮占いじゃん。

占いを信じている由美には
とても言えないけど
占いなんて、信じなきゃいい。

そう思った瞬間、
由美が恐ろしい事を
話だした。

―由美
「部長、最近遠出しましたか?

 出かけた先の方位、
 旅先で行った場所が
 原因みたいです。」

霊視結果①遠出先でもらっている。

ええええーー!?
遠出した事を、なぜ占い師が知っている…。

実は私、結婚式に出席するため
はるばる九州に行ってきました。

霊視結果②遠出した日の夜、過ごした部屋にいた。

ちょっ、、、おまッ、、

そ・・・そうなんです(; ・`д・´)

結婚式の夜、泊まったホテルが
異常に寝苦しくて・・・
悪夢を見るわ、
夜中に目は覚めるわ。

翌朝、ありえないほど
重たい体と気持ちで
目が覚めたのだ。

体がだるいし
気持ちがスッキリしないし。

朝食を一緒に食べようと
友人と待ち合わせたものの
私は、食欲すらなかったので
友達にすげー心配された。

酷い二日酔いかなーと思ったくらいだった。

結果、せっかくの九州だったのに
観光もせず、そのまま自宅に直帰。

あの時、あの部屋に
最悪の奴がいて、あなたについた
(´ω`*)

と言われたら
隊長と気分の悪さに納得がいく。

なんて鑑定結果なんだろう
(*´Д`)

これは、占いとは言え
信じるしかなくなってしまう。

遠出した事は、部下の由美にも
話していないのに
ここまで正確に
わかってしまうのだろうか。

由美は、とても親切に
霊能者から教えてもらったという

「簡単!今すぐできるプチ浄化」

を教えてくれた。

私は、その方法を実践することにした。

しかし、当時勤めていたのは
ブラック企業。

私は馬車馬のように
働く社員。

いつの間にか、私自身に
悪いものが憑いた経験も
忘れてしまっていた。

しかし、その後

「やっぱり私もちゃんと霊視してもらおう!」

と思わされる出来事が
起こるのである。

霊視してもらおうと決意させた出来事とは。

占いの事を忘れかけたまま
長期出張を終えた私。

再びある地方都市の担当になり、
新しい仲間たちと
働く事になった。

新しい支店は、一時期
非常に成績が良かったこともあり、
会社からもとても期待をされていた。

その証拠として店舗は
自社ビルをわざわざ建てたほどだ。

しかし、肝心な自社ビルになってから
成績が全く振るわなくなった。

売上が出ないだけではなく、
常に人手不足。

せっかく入社した新人も
無断欠勤で辞めてしまう、
という最悪の状況だった。

時には、お金が合わない
在庫が合わない。

そんな問題が山ほどあったのだ。

私が請け負った任務は
そんな店舗を立て直し、
自社ビルにふさわしい売上を
出すこと。

一大任務である。

そして、私は新しい職場転勤の
初日を迎えました。

新たな転勤先に出勤してみると…。

恐ろしいほど、職場の空気が悪い!
( ・´ー・`)

スタッフの中には、
顔色の悪い子もいるし
私も頭痛がしてくる…。

なんで、こんなことになってる?

話を聞くと、恐ろしい
事実がわかった。

現在店舗になっている自社ビル。

なんと「倒産したホテル」
を安く買って建設したとか。

私の頭をふと、ある思い出がよぎる。

「旅行をきっかけに運気が落ちた事があった。」

スタッフの中にも
「何か憑いてるのかな。」
「お祓いとかしたほうがいいのかな。」

なんてことを冗談めいて
いう人もいた。

これは一度、霊視してもらった方が
いいのかもしれない。

ただ、全くスタッフの中には
占いや霊視を信じない人も
いるのだ。

新しく赴任してきた上司が
いきなり、
「お祓いしようか!」

なんていうと
ビックリされるに決まっている。

私は、以前の職場で一緒だった
由美に占いについて聞いてみた。

すると、由美が教えてくれたのは
「電話占い」というもの。

電話ひとつあれば
自宅からでも霊視が可能らしい。

深夜でも土日でも
関係ないらしい。

なるほど。

それでブラック企業に勤める
由美でも月に1回は
霊視をしてもらっていたのだ。

私も思い切って
霊能者と言われる人に
鑑定をしてもらうことにした。

由美に教えてもらった
電話占いのサイトを調べてみた。

プロフィールの写真を見ると
見た目はフツーの人。

早速電話をして
仕事の事を相談してみる。

ー先生
「まず最初に、働いている
 人について、みてみます。」

 今の部署の主要メンバー
 だけでいいから
 思い浮かべてみて。」

私は、各部署の責任者の
3人を想ういいかべた。

すると…。

ー先生
「2人気になる人がいる。」

霊能者が教えてくれたのは
2人。

しかも1人は、私だ(/_;)

ー先生
「あなたは一度方位の悪い方へ
 行ってしまったみたい。

 そこで、何かもらったかな。」

以前、由美が占ってもらった時と
同じことを言われてしまった。

ー先生
「もう一人の女性は、
 悪いものの影響を受けやすい
 性質をお持ちのようです。」

体質にそんなもののあるのか。

ただ、電話の向こうの占い師は
優しく言ってくれた。

ー先生
「ただね、大丈夫ですよ。
 心配しないで。

 運気もきちんと回復するし
 毎日浄化を心がければ
 悪いものも影響も
 少なくなりますよ。」

ー私
「浄化!?どうすれば…。」

霊能者は丁寧に
日々できるような
浄化の方法を教えてくれた。

浄化の方法はこちらから

そして、ひとつアドバイスが。

ー先生
「一番気をつけて欲しいのは
 交通事故です。」

ー私
「じ・・事故?」

怖い怖い。事故って…。

霊視の結果をもとに、お祓いをうけることに

運気は徐々に良くなる
と言われたものの、
あまりにも落ち込む
仕事の成績のこともあり、
私は思い切って
お祓いを受けることにした。

調べ尽くしてみたところ、
お祓いをしてくれる
凄い霊能者を一人
紹介してもらうことが出来た。

私は、占いでの鑑定結果もあって
鑑定中に思い浮かべた
3人の職場のメンバーを
お祓いにいこうと誘ってみた。

ー私
「ドライブかねて、
 次の休みにみんなで
 お祓いにいかない?」

そしたら、主要メンバー3人とも

「絶対お祓いに行きたい!」
とノリノリ。

いや、必死だった。

やはりみんな、
あまりにも急に
仕事が上手くいかなくなり
何をしても成績は回復せず、

「お祓いでもするべきかな。」

と、偶然にも話していたそうなのだ。

中でも一番ノリノリだったのは
スタッフの中で、
一番顔色の悪い
麗子という女だった。

この麗子こそ、霊能者から
「気になる」と言われた
私と同じ、浄化が必要な人物。

さっそく、休みをあわせて
お祓いへ行こう!計画を実施。

お祓いの場所に行くまでの道のりの中、
麗子は、何度も

「私に何か悪いものが
 憑いていますように…。」

と1人でブツブツ言っていた。

何で、そんなに不思議な事を
願うのか。

尋ねると…。

ー麗子
「今、悪いものが憑いているから
 何となく運が悪いと
 思っていたいんです。
 
 お祓いさえすれば、
 運が良くなると思って。」

麗子…( ;∀;)

愛すべきメンヘラ状態だ。

きっと、今の麗子なら
50万円するツボでも
購入しそうな勢いだ。

明日から運が開けるに違いない。

もうすぐ到着。

・・・と、そのとき

車を運転していた麗子が
思いっきりタイヤをこすった
(V)o¥o(V)

※運転していたのは、私の車である

ー麗子
「ご・・・ごめんなさい
 (*´Д`)

 良かった、ドアとかこすらなくて」

ー私
「タイヤくらい、全然
 大丈夫だよ」

ー麗子
「こんなふうに、小さい事件が
 私を襲うんですよ。

 最近、ずっと。」

ー私
「ダイジョブよ。
 これからお祓いしに行くんだから。」

ああー・・霊視鑑定
当たってる。

車をこすってしまった。

先生の言った事故って
この事だったのか。

軽くすんで良かった。

いったい霊能者には
何が見えて、事故が
わかるんだろう…。

お祓いがスタートする。

私たちの前に現れた
霊能者の先生は、
それは普通の先生でした。

きらびやかでもなく
本当に普通。

電話占いの先生も
普通の人だったし。

思い浮かべていた霊能者って
もっときらびやかな人だったけど。

お札がたくさん貼ってある
とっても空気の澄んだ部屋で
お祓いを受けることになった。

最初にお祓いが始まったのは
麗子からだった。

先生はまず麗子の手を握った。

…5秒、・・・10秒

無言で手を握る先生。

何が起こっているのか
わからない見物人の私たち。

しばらく沈黙が続いた後
パッと麗子の顔を見る…。

うわわわわわああああああああ
( ゚Д゚)
顔が白くなっていく!

みるみる麗子の顔が
白く白くなっていくのだ。

その白くなり方というのが
美白パックをしているような、
お顔のマッサージをした後のような、

そんな白くなり方だ。

5分程度、手を握ってもらい、
顔色が一気によくなり
麗子のお祓いは終了した。

身近にいる、憑りついてしまう悪いものとは

ー麗子
「先生、私はいったい
 何が憑いていたんですか?」

ー先生
「小さいものが、
 たくさんついてた。

 麗子ちゃんは、霊媒体質なんやな。」
  ↑
先生は、関西弁。

霊媒体質( ゚Д゚)

ちょ・・おまっ・・・

れ・・・れ・・・

霊媒体質ぅううううううう????

説明しよう!
「霊媒体質」とは

いろんなところで
ちっちゃなちっちゃな
悪いものをもらいまくる体質

だそうだ。

結果、悪いものが
身体に溜まっていき
重たく、黒くなっていくそうなのだ。

でも・・・・

悪い霊って、そんなに
あっちこっちにいるものなの?

という事が、疑問である。

ー先生
「悪いものというと『悪霊』みたいな
 もう死んだ人のことを
 想像するやろ?

 でも、そうじゃない。

 一番怖くて、そのうえ
 あっちこっちに転がってるのは

 怒っている人の「怒り」
 泣いている人の「悲しみ」
 「恨み」「妬み」「後悔」

 などなど

 生きている人の感情が
 一番怖いんや。」
 ( ゚Д゚)

なるほど。

例えば、友達の愚痴を
聞いてあげるとする。

愚痴を言った友達は
「聞いてくれてありがとう!
 スッキリした」

と帰っていく。

そのあと、自分が
「疲れたな」と感じたら
友達の負の感情が
自分の中に入ってきたことになる。

霊媒体質の麗子は
職場で日々、誰かのマイナスな感情を
ちょっとずつ自分の体の中に取り込んで
いるのでは?

と先生は助言した。

続いて、私のお祓いの番です。

悪いものが体の中から出ていきたくないと言っています。

先生がゆっくり
私の手を握ります・・・

・・・5秒、10秒
再び長い沈黙(; ・`д・´)・・・。

ー先生
ふわわわわぁぁぁぁあああああ
(V)o¥o(V)

ー私
ん?(; ・`д・´)

ー先生
(ふたたび)
ふふふふふわわわわわわわわあぁぁぁぁぁぁぁぁ
(V)o¥o(V)

ー私
んんんんんんん( ,,`・ω・´)ンンン?

あ・・・あ・・・

あくびぃ~????

せっ…せ・・・

先生、ふざけないでください!
(‘Д’)

こっちは本気なんです。

車で4時間かけて
お祓いに来たんですよ!

ー先生
「あんた。。。眠かったやろ

 きつかったでしょ
 大変だったね・・・

 強くて悪いのが憑いとるわ。

 祓われたくないらしいなあ…。

 すごい抵抗しよるねん。

 ふわわわわわわ~(あくび)」

せ、、、先生~ ;∀;)
あくびは、私の体についている
悪霊のせいだったんですね~

疑ってごめんなさい。

私がお祓いされる時間、
麗子の倍、10分はかかったかと。

ようやく出て行ってくれたそうだ。

私の場合、麗子のように
顔が白くなったりもしなかった。

体が楽になった感じもない。

ただ、先生のあくびは止まった。

運の良い人だって、憑いてしまうことはある。

先生の助言はこうだった。

 

ー先生
「あんたはね、
 普段から波動は強いんや。

 それは、とても良い事やで。

 せやけど、良い波動レベル100って
 時々、悪い波動パワー100と
 引き合う時があるんや」

べ・・べ・・
勉強になりますーぅ
(/・ω・)/

ー先生
「手を握っただけで
 あんなにあくびが出るんやから

 けっこうな悪者やったで。

 波動の強い人は、そのぶん
 強~い悪~い波動を
 読んでしまう事があるから
 油断したらいかんで。」

霊視鑑定&お祓いの次の日。

麗子は、みんなに
「顔色が良いね!何かしたの?」

と言われて上機嫌でした。

霊視を受けた結果

電話占いの霊視に始まり
お祓いまで受けた私たち。

仕事の成績は、その後
どうなったかというと
順調までとは言わなかったが
「最悪の状態」は脱した。

標準の売上には達する事が
出来るようになった。

その後、再び電話占いで
教えてもらったことだが
仕事運の低迷は、
経営者がタイミング悪く
方位の悪い方へと
旅行をしたことにある、との事。

そこから5年後になるが
その会社は倒産することになった。

私たちスタッフの
運気どころではなく
大きな運気が悪い方へと
行っていたことになる。

改めて、節目節目で
霊視や占いを利用することは
最悪の人生を避けることだと
思わずにはいられなかった。

それ以降、私は次の事に
注意している。

1.人生の節目にあたるときは、霊視を受けるようにしている。
2.日々の浄化を欠かさない。

2つの事を心がけるだけで
お祓いをしてもらうような
事態にはなっていない。

霊視鑑定をしてくれた方を紹介します。

私は10年以上、占いと
霊視鑑定に助けられ
100人以上の先生と
お話してきました。

私の経験から
おすすめのサイトと
おすすめの占い師を
一覧でまとめたものは
こちらをご覧ください。
  ↓
100人以上に鑑定してもらった私が、おすすめする占い師とサイトはこちらから

この記事では、
特におすすめしたい
電話占いの先生とサイトを
1つピックアップして
ご紹介します。

電話占いヴェルニ

初回サービス ・1,500円の鑑定ポイントプレゼント
・チュートリアルで最大2,000円プレゼント
・コンシェルジュによる占い師紹介
・先払い購入2倍サービス
鑑定料 1分230~430円
プロフィールの見やすさ ★★★★★
 鑑定方法 電話、メール 

私が一番お世話になったのが
このヴェルニです。

口コミ多数、サイトもわかりやすく
登録会員へのサービスも
手厚いのです。

例えば・・・

私の誕生日には

こんなメッセージと共に
鑑定ポイントが2,000円分
プレゼントされています。

ヴェルニの良い点は、
会員専用ページのコンテンツが
ものすごく充実していること。

一部ですが紹介します。

電話占いヴェルニの会員専用ページのお得なコンテンツ

こちらは、会員登録をすませ
ログインしたときの
会員専用ページ。

ここからずっと下まで
スクロールしていきます。

電話占いヴェルニの会員専用ページのお得なコンテンツ

おススメコンテンツがあります。

■本日の運勢
■メール鑑定
■ヴェルニコレクション
■週間占い
■月間占い
■夢占い
■占い師コラム
■アクアマリンQ&A

たくさんあります。

一部をみてみましょう。

まずは、本日の運勢。

おっ!

なかなか良い感じですね。
運勢良さそう。

こちらは、毎日
更新されています。

続いて… 夢占い。

自分の見た夢を
検索できるんですね。

夢に隠されたメッセージが
わかるというわけです。

私は、夢を見た日は
必ずヴェルニのサイトで
確認をしています。

続いて…

占い師のコラム。

これ、とっても役に立つんです。

守護連との関係とか
金運アップの方法とか

スグに日常に取り入れられる
方法が紹介してあるのです。

気になるコラムがあれば
一読してみてください。

続いて…

アクアマリンQ&A。

これも役に立つんです。

電話占いヴェルニの充実した会員サイト

お悩み相談に、
占い師が回答をしています。

フラれたけど
どうしたらいいか?

そこに人の心を読むプロが
アドバイスしているのですよ。

似たような悩みがあれば
チェックしてみるのが
一番です。

すごい充実した
会員メリットです。

ヴェルニのサイトはこちらから
  ↓

電話占いヴェルニ

ヴェルニ新規登録の方法

詳しく見るにはこちらから

ヴェルニで占い師を検索する方法

詳しく見るにはこちらから








シェアする