三峯神社|白い気守り配布で大混雑覚悟!ご利益がすごい毎月1日




今、人気の秩父にある
三峯神社。

三峯神社の人気は
最近のことではない。

「白い気守り」という
1日にしか配布されない
ご利益高きお守りを求めて
道路も渋滞がおき、
駐車場は暗いうちから満員、
三峯神社に向かうバスは満員。

お守りの配布を待つ行列の
先頭の人は
10時間待ちもざらだという。

白い気守りとは
一体どんなお守りなのか。

そして、三峯神社の1日の混雑は
本当にすごいのか。

 

三峯神社の白い気守り|浅田真央選手も姉妹で授与された

三峯神社の白い気守りが
一番最初に
世の中に知れ渡ったのは
先日、現役を引退された
浅田真央さん。

浅田真央さんは、姉妹で
この三峰神社を訪れ
この白い気守りを
授与されたのだ。

三峯神社の気守りの色は5種類ある

三峯神社の「気守り」
と呼ばれるお守りは
5色の色があります。

1日以外の日に参拝しても
授与出来るお守りは
赤、ピンク、緑、青色で
各1,000円。

なぜ、気守りが
人気があるかというと
三峯神社の冷厳新たかな
ご神木が入っているのだ。

それは、ぜひご神木を
毎日身につけて
持ち歩きたいと思うのは
当然の事。

更に「白い氣守り」は、
毎月1日しか配布ない。

気守りの中でも、なぜ「白い気守り」が貴重な理由は?

三峯神社の歴史は
ヤマトタケルの命の
時代までさかのぼる。

日本武尊(やまとたけるのみこと)を
この三峯神社の場所まで

道案内をされたのが
白い狼だったそうだ。

白という色は
「太陽の光の色」
「神聖な色」「再生」などなど
とても神聖な色と
されている。

実際に白い気守りを
授与すると
桐箱の中には
「白」の持つ神聖な意味が
書かれています。

特別に祈願され、
神聖な白色をしたお守りの中に
三峯神社のご神木が
納められている。

ここまで来ると
何時間待っても
欲しい気持ちになってくる。

 

白い気守りの配布時間

毎月1日
午前7時から
引換券が配布される

午前8時から
白い氣守りとの
引き換え開始

待ち時間は・・・2時間なんてザラ(笑)

前日の夜7時から待つ人
テントをはって泊まり込む人は
10時間待ち

そんなの当たり前!

「でもそんなの関係ねえ!」

って並ぶしかない!

白い気守りを求めて毎月1日はバスも駐車場も混雑する

毎月1日だけ授与出来る
「白い氣守」を求めて
混雑は必至。

1日が土日に当たる場合、
バスは臨時運行となる。

臨時便が増便になるのではない。

逆に運休になるのだ。

理由は…
白い気守りを求めて
道路も混雑するので、
通常西部秩父駅から
三峯神社までの
所要時間が
1時間15分程度なのに対して、

1日が土日祝日と重なると
片道6時間の道のりにまでなる
(´ω`*)

バスは座る事が出来ない場合、
三峯神社までの6時間、
ずーっと立ちっぱなしになる。

1日がもし、土日祝日とあたったらさらに混雑する

1日が土日祝日と当たった場合
さらに混雑が激化します。

ひとつの例として
2017年7月1日の
バスの臨時運行を
ご案内しておきます。

2017年7月1日の運行

西武秩父駅→三峰神社
8:30発
9:10発
9:30発
3便のみの運行。
※それより遅く出発すると
 夕方まで到着出来ない
 可能性があるとのこと。

片道所要時間
見込みで6時間。

三峯神社→西武秩父駅
①14:35
②15:35
③16:35
3便のみ。

混雑の為、
通常のバス停ではなく
三峯神社の2.2キロ手前の
ヘリポート止め。

バスを降りてから
三峯神社まで
徒歩で30分程度。

車で参拝される方も
1日が土日祝日と
重なった日は
十分注意してもらいたい。

午前2時、3時には
既に満車なんてことも
あるのだ。

 

三峯神社に参拝するバスツアー

大人気の三峯神社。

参拝するのに交通も大変なので
人気なのがバスツアーです。

詳しく見るにはこちらから

三峯神社の宿泊施設|混雑回避も出来る

詳しく見るにはこちらから

三峯神社|白い気守りと初詣

詳しく見るにはこちらから

三峯神社までのアクセス・バス情報

詳しく見るにはこちらから

 








シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。