湯田温泉の松田屋ホテルの料理・客室・庭園全てが素晴らしい!




山口県の湯田温泉。

数ある温泉自慢の宿で
どこに泊まるべきか。

地元の人に相談すると
「松田屋が一番」
という答えが返ってきた。

国の登録文化財である
庭園と、展示されている
歴史的資料だけでも
見る価値ありです。

お食事は、湯田温泉で
最高のグルメが味わえます。

 

松田屋の美しい日本庭園

湯田温泉松田屋ホテルの庭園の赤松

松田屋ホテルの庭園は、
江戸中期に作られたそうです。

湯田温泉の松田屋ホテルの中庭にある司馬遼太郎の小説に出てくる赤松

こちらは司馬遼太郎の
「街道をゆく-長州路-」
に登場する赤松。

当時、松田屋ホテル宿泊された
司馬遼太郎が、
この赤松のこまかい雨に濡れた姿、
根の翠苔が実に鮮やかで
印象に残った事が
書かれています。

湯田温泉松田屋ホテルの庭園にある西郷、木戸、大久保会見所

西郷、木戸、大久保会見所です。

1867年に薩摩藩の
西郷隆盛、木戸孝允、大久保利通が
薩長同盟の確認と
討幕の具体的協議のために
山口県にやって来ました。

松田屋ホテルに来た3人が
会談をした場所です。

3人の写真が飾ってあり、
灰皿など置いていあるだけで
旦那は大興奮です。

湯田温泉松田屋ホテルの庭園にある七卿落の三條実美ゆかりの碑

卿落の三條実美の
手植えの松と遺黒碑もあります。

1864年に植えられたものだそうです。

湯田温泉松田屋ホテルの庭園にある足湯

庭園の中にある足湯、
桂亭です。

タオルも完備して、
お庭でもゆったり
癒されます。

湯田温泉松田屋ホテルの庭園

松田屋の庭園では、
きじばと、かわせみ、おしどりなどを
見ることが出来ます。

鯉にえさも販売されていました。

国の登録記念物(文化財)
にも指定されている庭園。

有朋公の別邸、
京都の「無鄰菴」や
平安神宮の「神苑」の
庭づくりをされた
7代目小川治兵衛の
指導でつくられたそうです。

湯田温泉松田屋ホテルの庭園

鳥居、祠まであります。

天照大神さま、地神さま、
神功皇后さま、厄除け地蔵さまが
祀られています。

 

維新の湯|明治維新の志士たちが入浴した貸切風呂

湯田温泉松田屋ホテルの維新の湯

こちらは松田屋ホテルの
貸切風呂「維新の湯」。

徳川幕府の末期、
1860年につくられました。

長州、薩摩、土佐の勤皇の志士たち
高杉晋作、木戸孝允、西郷隆盛、
大久保利通、伊藤博文、
大村益次郎、山縣有朋、井上馨、
坂本竜馬ら、そして卿落の公郷
三条実美などがしばしば
この松田屋ホテルで会合。

統幕皇政復古の密議をしたときに
入浴したという歴史的文化財です。

湯田温泉の松田屋ホテルの維新の湯

天井にも歴史を感じますね。

明治維新記念館では、高杉晋作の「憂国の楓」が見られる

湯田温泉松田屋ホテルの高杉晋作の憂国の楓

ホテル1階にある
明治維新資料館に
やってきました。

これは、高杉晋作の
「憂国の楓」と呼ばれるもの。

松田屋ホテルの玄関にあった
楓の幹に所管を刻んだもの。

この貴重な文字が
大正時代になって
偶然発見されたそうです。

明治維新資料館
7:00~22:00

湯田温泉松田屋ホテル

楓のあった場所は、
松田屋ホテルの入り口から
本館へ向かう途中にありました。

松田屋ホテルの客室

湯田温泉の松田屋ホテルの客室

松田屋ホテル、私たちが
宿泊したお部屋です。

キレイな緑の庭が見える
大きな窓にソファ。

涼しげなお座敷です。

湯田温泉の松田屋ホテルの客室のジャグジー温泉

大満足だったのが
こちらの半露天風呂。

お湯はもちろん温泉だし、
ジャグジーだし…。

温泉のジャグジーって
初めての体験でした。

湯田温泉の松田屋ホテルの客室

ベッドもゆったり。

湯田温泉の松田屋ホテルの客室

広々としたウォークインクローゼット。

浴衣は着替えがたっぷり。

貸切風呂から部屋に移動するのに
汗をかいても着替えがあるので
とっても便利でした。

足袋は庭園散策の時に使用。

湯田温泉の松田屋ホテルの客室

アメニティはロクシタン。

これも嬉しいです。
良い香り♡

湯田温泉の松田屋ホテルの客室

窓から芽吹いた新緑を
眺めながら。

明治維新が詳しくわかる
資料なども置いてあり、
自由に読むことが出来ました。








シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。