サンセバスチャンで人気のレストランBodegon Alejandroボデゴン・アレハンドロ




サンセバスチャンのレストラン
Bodegon Alejandro
(ボデゴン・アレハンドロ)で
ディナーを頂いて参りました。

美食の街バスクで
常に人気上位に入るという
地元の人もおすすめの
レストランです。

ワインも豊富で
お肉、お魚、野菜
全てのメニューが
充実しています。

量が気になると言えば
快く、一つのお更を
シェアしてくださる
ホスピタリティも
ステキでした。

Bodegon Alejandroボデゴン・アレハンドロの絶品料理の数々

サンセバスチャンのレストランBodegon Alejandro ボデゴン・アレハンドロ

さて、メニューを見てみると
お魚、お肉、お野菜の
メニューに加えて
ワインのメニューも豊富。

これは期待が出来そうです。

ところで、海外で
食事をするとなると
気になるのが
一品一品の量が
とてつもなく多い事。

日本人らしく、
皆でシェアします、
と言うと、
嫌がられたりするお店も
少なくないです。

だけど食べきれない。

ここは、そんなリクエストにも
親切に応じてくれて
魚介のスープなどは
2人前の量を
マグカップに取り分けて
出してくれる優しさ。
(´ω`*)

サンセバスチャンのレストランBodegon Alejandro ボデゴン・アレハンドロ

前菜のガスパチョ。

こちらも一口サイズ。

スペインのトマトの
美味しさは
群を抜いています。

酸味がさわやか~

サンセバスチャンのレストランBodegon Alejandro ボデゴン・アレハンドロ

あっという間に
なくなってしまった
一口サイズの
コロッケです。

オンダリビアでも
そうでしたが、
スペインのコロッケは
美味しいですね。

オンダリビアのピンチョスの記事はこちらから

サンセバスチャンのレストランBodegon Alejandro ボデゴン・アレハンドロ

な。。。ナニコレ~!!!

ホワイトアスパラが
みずみずしくて
ソースが美味しい
(´ω`*)

これもシェアして
1人1本ずつ。

サンセバスチャンのレストランBodegon Alejandro ボデゴン・アレハンドロ

サラダは、お店の方に
おすすめされてオーダー。

さすがおススメの
一品だけありますね。

スペインのお野菜は
何を食べても新鮮で美味しいです。

サンセバスチャンのレストランBodegon Alejandro ボデゴン・アレハンドロ

な。。何が起きたのか、
ここから数枚
貴重な料理の写真が
なんと、撮影失敗。

なぜか真っ黒に。

こちらは、Bodegon Alejandro
(ボデゴン・アレハンドロ)で
一番美味しかった

と言っても
過言ではない
お魚料理。

サンセバスチャンのレストランBodegon Alejandro ボデゴン・アレハンドロ

こんな暗い写真で
何を言う!

って感じですが、
この料理は
私たちがスペインに
来る前から
絶対に食べたいと
思っていた涙豆。

緑のキャビアとも言われて
早摘みのえんどう豆だそう。

ようやく会えたね、涙豆。

お味はと言うと、
普通のえんどう豆よりも
歯ごたえ満点。
味もさわやか。

えんどう豆は
早摘みに限ります。

真ん中に落としてある
温泉卵が美味。

サンセバスチャンのレストランBodegon Alejandro ボデゴン・アレハンドロ

暗い写真の最後を飾るのは
ボリューム満点の肉!

あまりにも見えにくいので
キレイな写真を
載せときます。

 

サンセバスチャンのレストランBodegon Alejandro ボデゴン・アレハンドロ

デザートになって
ようやく明るい
写真に戻りました。
(´ω`*)

2種類デザートを
頼みましたが、
このイチゴのデザートは
ダントツで美味しかったですよ。

サンセバスチャンのレストランBodegon Alejandro ボデゴン・アレハンドロ

Bodegon Alejandroでは
リオハのワインを
頂きました。

スペイン、バスク地方の
レストランは
地元のワインの
ラインナップが
ほとんどですね。

Bodegon Alejandroボデゴン・アレハンドロの詳細

Fermin Calbeton 4, 20003 San Sebastian – Donostia,スペイン

営業時間
13:00~15:30
20:00 ~ 22:30

日本語:NG
英語は大丈夫でしたが
これがあると、もっと便利です
  ☟

月曜日定休日

出発前に日本から
ボデゴン・アレハンドロの予約が
取れますよ。

ボデゴン・アレハンドロの予約はこちらから

トリップアドバイザーで見てみる








シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。