伊豆山神社の御朱印と837段の階段から本宮へ2日がかりの参拝

熱海の伊豆山神社で
837段の階段を上り
登山道を通って
山頂にある本宮まで行きました。

広大な伊豆山神社の参道、
境内を2日間に分けて
パワースポット巡り。

走湯神社から本宮まで
ご利益を頂いて参りました。

この記事では伊豆山神社の
御朱印と御朱印帳
階段~登山でしかいけない
場所を紹介しています。

 

熱海の海から伊豆山神社の階段を登る

この記事で紹介しているのは
必ず誰もが参拝する
伊豆山神社のご本殿周辺について
ではありません。

本殿から階段を下る事
837段下の伊豆山浜という海岸から
本殿まで歩くとどうなるのか。

所要時間はどのくらいなのか。

熱海の伊豆山神社の837段の階段

837段の階段を登ったあと
更に片道1時間以上かけて
修行道のような登山道を登り
山頂にある本宮まで参拝するという
片道3時間にわたる
広大な参拝路のお話です。

熱海駅からバスに乗り
180段だけ階段を登って
本殿のみお参りするという方が
一般的には多いです。

本殿のみ参拝コースの記事はこちらから

まずは走り湯の源泉へ!

伊豆山神社の837段の階段の一番下にある走り湯を紹介した看板

837段の階段は伊豆山浜の
こちらの看板から
始まりますよ。

走湯温泉(はしりゆおんせん)は
奈良時代717~724年に発見された
全国で唯一の横穴式の源泉なんです。。

日本三大古泉の一つでもあり。

発見された当時には
1分間に約900リットルという
すごい量の温泉が
海岸に流れ出ていたのです。

伊豆山浜から近くにある走り湯温泉湧き出し口

走り湯温泉の湧き出し口です。

洞窟の中は湧き出す温泉で
湯気がモクモクしています。

メガネ、カメラには
注意してくださいね。

走り湯~伊豆山神社本殿~伊豆山登山道までのフォト動画はこちらから
   ↑
音のないフォト動画ですが
走り湯温泉のところだけ
温泉が湧き出す音がします。

走り湯温泉湧き出し口は
0:22からです。

熱海伊豆山浜走り湯神社の近くにある足湯

時間が許すのであれば
走り湯温泉湧き出し口から
すぐ近くにある
足湯にも入ると最高です。

足湯に入りながら
熱海の海を見渡せるという
絶景の足湯なのです。

ただし、休日ともなると
足湯入浴待ちの行列が
出来ています。

伊豆山浜を出発!走湯神社に参拝

伊豆山神社の境外末社の走湯神社

伊豆山神社の
境外末社である走湯神社です。

熱海が温泉で有名なのは
皆さんご存知の有名な話。

「走り湯」言うのは
今から1200年前に
発見された横穴式源泉。

「日本三大古泉」
とも言われています。

病を治し長寿に効く湯という
大人気のお湯。

走湯神社は
走り湯の源泉を
守護する神社です。

階段を登り伊豆山神社本殿を目指す。

伊豆山浜から伊豆山神社本殿に続く階段

走り湯神社を過ぎると
ひたすら階段を登り
伊豆山神社の本殿を
目指します。

伊豆山神社の参道階段にいる猫

参道の途中で、この辺りにお住まいなのか
神猫たちに遭遇。

ここまで来たら
もう少しです。

伊豆山神社参道にあるプレート

見逃してはいけないのが
階段の所々にある
今、何段目なのかを表している
プレートです。

これで現在地がわかります。

伊豆山神社参道の階段

もうすぐです!

「伊豆山神社前」という
バス停が見えてきます。

伊豆山神社の参道の布袋さん

写真の布袋さんが見えてきたら
もうすぐバス停の合図です。

バス停からは、最後の階段が
180段残っています。

熱海駅からバスで
伊豆山神社に来ると
この180段だけ登れば
ご本殿に参拝できます。

ご本殿には有名な
政子石などがあります。

ご本殿敷地内にあるパワースポットはこちらから

ここで一旦、御朱印を頂きます。

伊豆山神社の御朱印帳をゲット

赤と白の龍神は
火と水の和合の象徴。

熱海で温泉を噴き出してくださる
有り難い龍。

福徳円満、
良縁と強運。

こんなありがたい御朱印帳です。

伊豆山神社の御朱印帳は紅白の龍がモチーフです

この御朱印帳を
授与した後で
気がつきましたが
他の御朱印帳に比べて
若干、サイズが小さいです。

他の神社で台紙の御朱印をいただくと
サイズによっては
収まりきらない事も
あります。

伊豆山神社の御朱印

熱海の伊豆山神社の御朱印

一緒に強運のお守りや
足腰のお守りも授与しました。

伊豆山神社のお守りはこちらから

伊豆山神社本殿から伊豆山登山道へ

伊豆山神社のご本殿から本宮へ続く登山道

ご本殿に参拝したあとは
いよいよ登山道に突入です。

もちろん、ご本殿の参拝だけで
帰られる方も
たくさんいらっしゃいますよ。

登山道に入った瞬間、
下山して来られた老夫婦から
太い木の枝を頂きました。

「この木を杖替わりに登ると
 とても便利ですよ。」

と言って頂き
有り難く枝を杖替わりに
登山を開始しました。

ご利益は傷病平癒|白山神社に到着

熱海の伊豆山神社にある白山神社の本殿

伊豆山神社ご本殿から
ハイキング道(という名の登山道)
を歩く事約30分。

一番最初に到達したのは
白山神社のご神体が
祀られているこの場所。

ご祭神は伊豆魂(くしみたま)
菊理媛命(ククリヒメノミコト)は、
病気平癒・厄難消除の神様です。

ここは「傷病平癒」
「健康祈願」の
パワースポット。

昔、夏の日照りが強い季節に
疫病が流行って住人を困らせていた時。

この白山神社の神様に
「疫病平癒」の
お願いをしたところ、
夏にもにもかかわらず
雪が降ってな一夜にして
積もったそうです。

その雪をなめたところ、
たちどころに疫病が
よくなったという
伝説があります。

ここまで参拝出来ない
という方も大丈夫。

伊豆山神社のご本殿後ろに
白山神社の遥拝所がありますよ。

伊豆山神社ご本殿敷地内についてはこちらから

さて、話はそれますが
伊豆山神社の登山道。

ここから次の目的地の
結明社まで行くには
2時間以上、
道なき道、獣道を歩きます。

自信のない方は
この白山神社で引き返すのも
一つの参拝方法です。

子恋の森公園

ハイキング道の途中
「子恋の森公園」に到着。

近くには稲荷神社がありました。

祠の隣にはお地蔵様が。

伏見稲荷」と
記してあります。

子恋の森は
「故々比の森」「故々井の森」
「小恋の森」とも呼ばれます。

仁科の堂ヶ島揺橋
(現在はありません)
下田河内の高嶺山と並んで
伊豆の三勝のひとつです。

清少納言の枕草子にも
「杜(もり)はここび」と
登場しています。

ホトトギスの名所でもあり
バードウォッチングを
楽しめます。

源頼朝と北条政子も
子恋の森で愛を
はぐくんだのでしょう。

大河ドラマ「草燃える」
の原作者、永田路さんの
小説「北条政子」に
子恋の森での二人の様子が
描かれています。

ここからは結明社
本社まですぐです。

ご利益は縁結び|結明神社の御神体

熱海の伊豆山神社の結明神社のご神体

白山神社を出発してから
獣道を歩く事2時間…。

伊豆山神社登山道の
地図によると
白山神社から20分
とありますので、
私たちが道に迷ったのだと
思われます。

ようやく到着したのが
結明神社の御神体。

景行天皇31年、日金山の
大きな杉の木から
男の子と女の子
2人の赤ちゃんが
生まれました。

この二人の赤ちゃんを
お育てになったのが
熱海、初島「初木神社」の
ご祭神である初木姫さま。

2人の赤ちゃんは
あっという間にお育ちになり、
女の事が「日精」
男の子が「月精」と
呼ばれました。

日精と月精は、
日金山にお仕えされて
「伊豆権現氏人之祖」
となられるのです。

日精・月精その終没を富士山から
天に昇られたと
記されています。

今でも「結明神」
として祀られて
縁結びの神様として
慕われているのです。

昔は、「一名恋祭り」
いう縁結びの神事まで
開かれていたほどのご利益。

当時はたくさんの男女が
恋祭りに参拝したそうです。

縁結びの神様です。

どうしてもお参りしたいけど
登山道を登るのは無理。

という方におススメの
ルートがあります。

熱海駅から七尾団地行の
バスに乗ります。

「七尾団地」で下車してから
徒歩15分ほどで行けます。

お車だと、結明社すぐまで
行けますよ。

ご利益は実り|本宮社

熱海の伊豆山神社のご本殿

結明社よりさらに歩く事
地図によると15分ですが
それ以上かかる方が
ほとんどかと思います。

伊豆山神社の本宮です。

ご祭神は・・・
正哉吾勝勝速日天忍穂耳尊
(まさかあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)

実をいっぱいつけて
頭を垂れる稲穂を表わし
「立派に実った大きな稲穂」
をたたえる人々の感謝の気持ちが
お名前に現れています。

農業、実りの神様で
いらっしゃいます。

結明神社のご神体の場所から
また、かなり歩いたところに
祀られています。

登る苦労はありますが
伊豆山神社の中では
最大のパワースポット。

パワースポットだから
行ってみたいけど
往復2時間以上は無理

という方には
結明社と同じく
七尾団地バス停で下車して
徒歩で本宮まで行くと
15分程度で到着出来ます。

伊豆山浜・伊豆山神社本宮・結明社までのアクセス

ここでは3か所への行き方を
ご紹介します。

JR熱海駅から
東海道バス、熱海循環バスで
伊豆山中央下車。
※バス停から5分程度歩きます。

熱海駅を背中にして
左側にバスターミナルが
あります。

そこからバスに乗ります。

ICカード使用不可なんで
小銭の準備をしてから
乗車しましょう。

伊豆山神社本殿へのアクセス

まずは定番で
ご本殿に参拝したいという方。

4番乗り場から乗車。
熱海~伊豆山循環
伊豆山神社先回り乗車。

伊豆山神社前下車。

料金190円
※170円となっているサイトもありますが、190円が最新です。

伊豆山神社ご本殿
駐車場は5台駐車可。

伊豆山浜へ行く

走湯神社に参拝し
837段の階段を登って
ご本殿へ行きたいかた。

熱海駅5番乗り場より
熱海~伊豆山循環
逢初橋先回り乗車。

伊豆山中央または
逢初橋で下車。

徒歩5~6分で走り湯まで
到着。

料金170円

バスが面倒な場合
タクシーを利用しても
伊豆山神社ご本殿
走り湯までどちらも
5分程度。

700円~800円。

結明社・本宮へ行きたい方

4番乗り場より
七尾原循環、七尾団地行乗車。
七尾団地下車より徒歩6分。

料金:300円

熱海・伊豆山神社周辺のおススメの宿

観光地、熱海でも
イチオシの宿を
集めました。

伊豆山神社参拝と
温泉、絶景のビューなどが
楽しめます。

コスパも宿泊プランも
全てイチオシの宿、三選です!

 

天空露天風呂がある宿 熱海の癒(ゆ) 新かどや

平成25年に完成したという
天空露天風呂が自慢の宿。

ご存じの通り、熱海は
海を望める絶景が素晴らしいです。

温泉に入りながら眺めるのも良し。

伊豆近海の海鮮を楽しめる
懐石も人気です。

JTBで見てみる

楽天トラベルで見てみる

じゃらんで見てみる

Yahooトラベルで見てみる 

るるぶで見てみる

夕食口コミ4.8の宿熱海温泉 湯宿 みかんの木

サンビーチまでは2分という
好立地のお宿。

伊豆近郊の海の幸を
使用したお料理は
口コミの評価がとても高いです。

JTBで見てみる

楽天トラベルで見てみる

じゃらんで見てみる

Yahooトラベルで見てみる

るるぶで見てみる

■海の見える露天風呂のある宿 秀花園 湯の花膳

熱海港の目の前という立地。

屋上露天風呂では
夜景と海の絶景に癒されます。

新鮮な海鮮と旬のお野菜を
使用した懐石料理も人気です。

トリバゴで最安値を比較してみる
   ☝
「秀花園 湯の花膳」と入れて検索してください。

楽天トラベルで見てみる

じゃらんで見てみる 

Yahooトラベルで見てみる 

るるぶで見てみる



シェアする