クルーズ船日本発着の旅寄港地|鹿児島グルメまとめと地元の大歓迎




私たちが大好きな寄港地、
鹿児島。

ダイヤモンドプリンセスで一度
コスタビクトリアで船でも一度
鹿児島には寄港しています。

鹿児島の素晴らしい所は
何と言っても数あるグルメ。

そして、思わず涙が出るような
港での歓迎とお見送りです。

 

鹿児島ではオプショナルツアー参加せず

鹿児島への寄港は2回とも
オプショナルツアーには
参加せず、自力で
楽しみました。

ツアーに参加しない場合、
港から町へのシャトルバスが
運行されています。

タクシーも迎えにきてくれていますが、
入港直後は、すごい行列。

もし待つのが嫌でしたら
少し時間をずらして
下船されることをおすすめします。

鹿児島グルメその①やぶ金桜島フェリー店のうどん

鹿児島

桜島の写真の前に
思わずこのうどんを紹介してしまうほど。

とにかく美味しかった!

一口食べてみて、絶句!

う、、、美味い!

慌ててお店の人に聞きに行く。

「このだし・・・
 一体なんですか?」

「あ、これ
 あごだしです」

何じゃ、この上手さー!!!

これ以来、我が家では
全ての出汁が、あご出汁に変わるほど
めちゃめちゃ美味しかったです。

ぜひ食べてみてください。

桜島へ上陸!

私たちは、桜島を観光するのに
サクラジマアイランドビューという
観光バスに乗りました。

サクラジマアイランドビューはこちらから。

はっきり言って、便数が少ないので
あまり便利ではありません(笑)

1日乗車券を買って乗車。

観光スポットで停車してくれます。

バスの中は満員。

観光スポットで下車して
車に戻ってくると
当然ですが、席は取られています。

ゆっくり見れば見るほど
バスに戻る時間が
遅くなるので、
当然席は無く、移動中は立ちっぱなし。

だからと言ってバスに早めに戻ると
席はありますが、バスの中で
待つことになります。

定期観光バスもありますが、
短くても所要時間2時間10分なので
時間が足りません。

念のため、桜島の
全ての交通案内をご覧になってくださいね。

桜島の交通はこちらから。

 

黒豚しゃぶしゃぶが絶品!

鹿児島とグルメ言えば
黒豚しゃぶしゃぶ。

うどんも食べて、
更に黒豚しゃぶしゃぶとなると
当然太るのですが、
旅先でしか食べられない物。

そんな事言ってられません。

いちにぃさん天文館店の黒豚しゃぶしゃぶ

1回目の寄港では
天文館の中にあった
「いちにぃさん」で。

ランチのコースを
注文しました。

しゃぶしゃぶと押し寿司がついて
かなりお得なセット。

「いちにぃさん」独特の食べ方は
しゃぶしゃぶに細かく刻んだ
白ネギを巻いて食べること。

私たちは、しゃぶしゃぶには
青ネギを細かく切って
入れていましたから
白ネギは初めての体験。

これがとっても美味しかった!

また、出汁もそばつゆで
食べるんだそうで。

実に珍しい。
そして、絶品!

さっぱりとしていて
いくらでも食べれます。

お肉だけはなく、
お野菜も白ネギとそばつゆのおかげで
本当に美味しく食べられました。

今までしゃぶしゃぶを
食べるときは
ポン酢とごまだれと
決まっていましたが
これからはそばつゆも
仲間入りです。

お肉を食べたところで
さすがにお腹がいっぱい。

お寿司を残してしまったら
お持ち帰りとして
包んでくれる
親切さでした
(/ω\)

いちにぃさんはこちらから。

あじもりの黒豚しゃぶしゃぶ

鹿児島

2回目の寄港では
黒豚しゃぶしゃぶ
発祥の地と言われる
あじもりへ!

バラの花の様な盛り付けが
とてもきれいでした。

あと、ここはコロッケが
有名です。
ぜひ注文してください。

それぞれ個性があって
とても美味しいかったです。

ただ・・・

下船してから
うどんも食べてしゃぶしゃぶも食べると
お腹いっぱいになるのが
早いです(笑)

鹿児島に寄港する日の
朝ごはんは少なめにするか
朝食抜きにすることを
おすすめします。

あと、鹿児島寄港の日に
船内の有料レストランを
予約しておくと
あまり食べられなくなります。

鹿児島港での熱烈歓迎と見送りに感動!

ダイヤモンドプリンセス 鹿児島

寄港地で鹿児島と言えば
本当に印象的なのが
熱烈な歓迎と
感動のお見送り。

これは、2度目の寄港の時。

出港の時の見送りは
和太鼓の演奏!

これがとっても
かっこよくて
船の上では拍手喝采!

集まってきてくれた人は
みんなペンライトを振ってくれて
船が出港したあとも
「また来てね!」
「鹿児島に来てくれてありがとう!」

と声が聞こえるほど・・・

乗船客も大きな声で何度も何度も
「ありがとう!」
と叫んでました。

クルーズ船日本発着|おすすめしたい旅行会社

決して短い旅ではない
クルーズ船の旅。

手厚くケアをしてくださる
旅行会社に巡り合えると
更にうれしいですね。

クルーズ中、船内に
旅行会社のデスクがあったり、
添乗員が船に乗られていたり、
寄港地や船内の情報をくれたり、
どの旅行会社でも安心です。

乗船客の間で評判の良い
旅行会社を紹介します。

近畿日本ツーリストのクルーズの旅

■JTBクルーズの旅

■HISクルーズの旅

■日本旅行のクルーズの旅

 








シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。