ダイヤモンドプリンセス寄港地ツアー|徳島阿波踊り・高知のよさこい境港の鬼太郎ロード




プリンセスクルーズ
大人気のツアー
秋田の竿灯祭り、
青森のねぶた祭、
徳島の阿波踊り、
高知のよさこいというお祭りに加えて
釜山と境港という観光地を回るツアー。

記事は第2段です。

日本のお祭りツアーまとめ第一段はこちらから

寄港地の魅力満載の
ツアーまとめ第2段は
境港・徳島・高知での
寄港地観光とオプショナルツアーまとめです。

 

境港で鬼太郎ロードと水木しげる記念館を満喫

鬼太郎ロードと境港詳細はこちらから

境港を訪れるのは何年振りか。

以前来た時も、良い思い出しか
ありません。

ダイヤモンドプリンセスの
オプションの中には、
足を延ばして島根県松江や
出雲大社参拝のツアーも
ありました。

が、私が鬼太郎ロードと
境港の海鮮が食べたかったので
ツアーには参加しませんでした。

港に入港した時間が早かったので
朝ごはんから市場で頂こうと
一番乗りで船を降りた私たち。

しかし港の観光ガイドで
尋ねてみた所…。

朝7時から空いているお店は
1件しかなくて、
しかもそのお店が定休日だとか。

皆さん、お目当てのお店の
定休日と営業時間は
チェックしてくださいね。

ま、それでも何とかなるだろう。

と意気込んで街へ出発。

港から鬼太郎ロードまでの移動は
シャトルバスで。

10分間隔くらいで
運転されていました。

が、しかし朝8時前の鬼太郎ロードは
人っ子ひとりおらず…。

空いているお店もなく。

ひたすら妖怪を見ながら歩きました。

境港の水産物長躯倍センターは
定休日火曜日です。
(2017年8月現在)

火曜日の場合は、
早朝は船でお過ごしください(笑)

境港の目玉は、
鬼太郎ロード、
水木しげる記念館
境港水産物直売センターが
おすすめです。

境港・鬼太郎ロードについてはこちらから

境港では大歓迎!売店から出向イベントまで

写真は、ダイヤモンドプリンセスが
出港するときのイベントです。

熱い気持ちのこもったお見送りです。

境港への入港は早朝だったのですが
朝早くから
観光ガイドの方や
売店の出店まで盛りだくさん。

おかげ様で、いろいろと
情報を入手することが出来ましたよ。

高知のよさこい祭りを楽しむ

高知ではよさこい祭りを見学。

町全体がものすごい盛り上がりで
圧倒されてしまうほど。

よさこい祭りでは、
特に有料席の手配などはなく、
港から町までのシャトルバスに乗って
好きな時間に行くことが出来ます。

夜の盛り上がりがすごい、
と言いますが
昼間からいろんな場所で
よさこいチームのパフォーマンスを
見ることが出来ます。

せっかくなら、有名な
明神丸に行って食事を・・。

と思いましたが、
想像を超える大混雑。

ひろめ市場の中も
まるで花火大会のよう(笑)。

私たちは、断念して
別の場所で食事をしましたが、
ひろめ市場や明神丸に行かれる方は
混雑や待ちは覚悟で!

ただ、少し離れた商店街などでは
比較的ゆっくりと食事が出来ますよ。

お疲れの場合、夜まで頑張って
街中にいなくても大丈夫。

昼間から十分よさこいは
見学出来ますし、
皆さん、気軽に記念撮影にも
応じてくれました。

徳島の港でいきなり阿波踊りの歓迎ぶり

阿波踊りの詳細はこちらから

写真は、阿波踊り会場ではなく・・・

なんと港で地元の人たちが
ダイヤモンドプリンセスの
入港を歓迎してくれているところ。

これには、乗船客の方みなさん
大喜びでした。

最終的には、ダイヤモンドプリンセスの
お客様も交えて踊るほどの
大盛り上がりになりました。

徳島阿波踊りオプショナルツアーに参加

徳島の阿波踊りは
想像を超えて素晴らしい
祭りでした。

私たちはツアーに参加。

有料の観覧席は
一部の二部の入れ替え制で
私たちは二部で見学。

船からの出発時間は
非常に早く、
祭り会場には有料席開場の
2時間前に到着しました。

私たちの有料席は
市役所前とかで、
周りにあまり屋台のようなものはなく。

とりあえず入った
セルフのうどん屋さんも満員!

相席でやっと空いた席に
座って急いで食事を終わらせました。

さて、2時間も時間があるのに
15分程度で食事が終了
( ˘•ω•˘ )

街を歩いていると
阿波踊り待機中の美女たちに
遭遇し、一緒に写真撮影を
してもらいました。

ただ、トイレなどは混雑していて
若干待ち時間2時間は長いです。

有料席は、S席、A席、B席など
あるのですが
ツアーで準備されていたのはA席。

それがちょっと残念。

阿波踊りの蓮が躍り込んできても
最高潮のパフォーマンスは
S席の前で行われていたようです。

S席で見たかったなぁ。
と思いました。

阿波踊りの詳細はこちらから

祭り見学のオプショナルツアーが埋まっていたら!?

阿波踊りは人気のツアーなので、
プリンセスクルーズに参加できても
阿波踊りのツアーは
既に埋まってしまっている…。

何てことがあるかもしれません。

それでもあきらめないでくださいね。

チケットは自己手配が出来ます。

また、2時間近く待つのがきつい。
S席で見たい。

という方も自己手配がおススメです。

ぜひ、よい寄港地観光に
してくださいね。

有料演舞場のチケットの自己手配についても書いています。
  ☟

阿波踊りの詳細はこちらから

ダイヤモンドプリンセス日本発着ツアー

ダイヤモンドプリンセスの
日本発着ツアーでは、
日本の旅行会社のツアーデスクも
船内に設けてあり、
オプショナルツアーや
船内の案内など
してもらえます。

船内にツアーデスクがある、
または乗船客の方とお話していて、
利用者の多い旅行会社を紹介します。

■近畿日本ツーリストのクルーズ

■H.I.Sのクルーズ

■JTBのクルーズ

■日本旅行のプリンセスクルーズ

 








シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。