ダイヤモンドプリンセスの食事|クルーズ料金込みで頂けるお料理編




日本発着クルーズで
大人気の豪華客船
ダイヤモンドプリンセス。

船内での楽しみと言えば
食事ですね。

クルーズ旅行で魅力なのが
いろいろな料理が
既にクルーズ料金に
組み込まれている事。

追加料金なしで
楽しめるお食事が豊富です。

海が臨めるバイキングレストラン。
焼きたてのピザ。
ボリューム満点のハンバーガー。

夜のディナーも追加料金なし
という充実ぶりです。

ダイヤモンドプリンセス
6回の乗船での
食事について、まとめました。

海を眺めながらバイキング|ホライズンコート

詳しく見るにはこちらから

クルーズ船ダイヤモンドプリンセスのバイキングレストランホライズンコート

ダイヤモンドプリンセスに
乗船された方が、
気楽にお食事をとれる場所として
一番利用されるのが、
船内のバイキングレストラン
ホライズンコートです。

絶景の海や朝焼けなどを見ながら
お食事をとれるレストランです。

クルーズ船ダイヤモンドプリンセスのバイキングレストランホライズンコート

お料理は全て無料。

コーヒーや紅茶、ミルクなど
無料のソフトドリンクもあります。

バーで注文するドリンクなどは
有料ですが、
それでもかなり充実したお料理が
提供されています。

時間帯によって
・朝食メニュー
・ランチメニュー
・ディナーメニュー

と、それぞれ違うものを
提供しています。

このホライズンコートの
良いところは

・食べたい時に行けばいい
・堅苦しくない
・テーブルによっては景色がキレイ

バイキングの料理は、美味しい?それともまずい?(画像多数)

詳しく見るにはこちらから

ところで・・・
無料のレストランは、
美味しいのか?

ということが疑問です。

ダイヤモンドプリンセスのバイキングレストランの朝食

こちらは、旦那が
朝食で食べたバイキングのメニュー。

クロワッサンが
映っていますが
パンの種類はかなり豊富。

ダイヤモンドプリンセスのバイキングレストランホライズンコートの食事

ハムを中心にセレクト。

チョリソは結構辛いです。

ダイヤモンドプリンセスのバイキングレストランホライズンコートの食事

パスタは、麺とソースが
別々に提供されていました。

ミートボール入りの
ミートソース。

小さなお皿はラザニア。

トマト料理はなかなか美味。

ダイヤモンドプリンセスのバイキングレストランホライズンコートの食事

バイキングレストランの
人気メニューは
日替わり、時間替わりで
出してくれる
麺のメニューです。

ラーメン、うどん、そばなど
人気です。

味は、日本のラーメン。

麺とスープをもらって
具をトッピングします。

時間帯によっては
麺コーナーは行列です。

食事のレベルは・・・

というと
日本国内の旅行で
お金を払って行くレストランだったら
行きたくないレベルですっ(笑)
(/ω\)

いえ、そんなレベルでした!

 ↑
というのは、初回に
ダイヤモンドプリンセスに
乗った時の感想。

6回目に乗船したときは
最初に比べて
随分とおいしく
なっていました。

まずいかな…と思った時は調味料で工夫する

ダイヤモンドプリンセスのバイキングレストランホライズンコートの食事

バイキングのお料理を
少し食べてみて、もし

「口に合わないな。」

と思ったら一工夫。

調味料や料理の
組み合わせによって
かなりおいしく出来ます!

私のお気に入りは
半熟に焼けた目玉焼き。

朝食の時間帯は
必ずバイキングコーナーに
ありました。

出来るだけ半熟のものを選んで
ごはんの上において
卵かけごはん…

TKGにして食べました。

もう一度言いますが、
2014年に乗船したときより

2017年の夏に乗船した時の方が
以前に比べて
ずーーーとおいしくなっていました!

カレーライスは
日本風でしたし
揚げ物などは、
おかわりするほどでした。

ちなみに調味料は、
バイキングコーナーに
揃っていますので
日本から持っていく
必要はないです。

バイキングレストランは混雑する!?

詳しく見るにはこちらから

ダイヤモンドプリンセスのバイキングの食事

ダイヤモンドプリンセスには
3000人近い乗船客が
乗っています。

朝食やランチの時間など、
ピークの時間には
バイキングコーナーも
混雑するのでしょうか。

えーー、混雑します。

バイキングレストランは
ダイヤモンドプリンセスの
14階デッキにあって
テーブルとイスはかなり
かなり広い範囲に
設置してあります。

それでも

・バイキングコーナーに近いテーブル
・屋内のエアコンのきいたテーブル
・窓際、海側

これらの席は人気があるので
別の乗船客と相席で
食事をするようになります。

相席のお食事では
他の乗船客の方と
お友達になることもあるので
旅のお仲間を作りたい方は
相席を楽しんでください。

私はちょっと人見知りな
ところがありまして。

同じように
人見知りな方。
夫婦でゆっくり
食事したいという方。

そんな方は、ちょっと不便ですが
バイキングコーナーから離れて、
屋外のテーブルであれば
ピークの時間でなくても
席はあいているので
相席になることはありません。

ただし、屋外のテーブルは
暑さ、寒さは
しのげません!

焼きたてピザにハンバーガー・デザート

詳しく見るにはこちらから

ダイヤモンドプリンセス船内ののピザ

ランチタイムから
夜遅くまで食べられるのが
人気のピザ、ハンバーガーです。

種類も何種類かあって
美味しいです。

ダイヤモンドプリンセスで無料で食べられるピザ

ランチタイムの頃に
オープンするピザコーナーは
昼食の時間は、いつも
焼きたてのピザ目当ての
行列が出来ます。

ダイヤモンドプリンセスの船内で食べられる無料のピザ

ピザの食べ方でおすすめは
当たり前ですが
焼きたてが一番美味しいです。

ランチタイムは行列に並んでも
焼きたてが食べられるので
一番美味しいな♡
というのが個人的感想です。

逆に、夜遅い時間
夜食にしようと思って
ピザを注文しましたが
焼いてからしばらく
時間がたったものだったので
お昼ほど満足感は
ありませんでした。

デザートも充実

バイキングレストランでは
デザートも充実しています。

また、バイキングコーナーでは
ありませんが
同じ14階のフロアに
アイスクリームコーナーがあります。

アイスクリームも無料ですよ。

メインダイニング

ダイヤモンドプリンセスのメインダイニングの昼食メニュー

ダイヤモンドプリンセスでの
クルーズの旅の期間中、
食事の会場となる
メインダイニングの場所は
何か所かあります。

メインダイニングでは
朝食、昼食、ディナーと
全ての食事をとる事が出来ます。

オープンしている時間は
その日の船内新聞に
案内が出ています。

ある日のメインダイニング朝食の詳細

詳しく見るにはこちらから

和朝食
 野菜の煮もの
 お味噌汁
 玉子焼き
 鯵(あじ)の塩焼き
 卵焼き
 お漬物と梅干
 ご飯またはおかゆ
 果物

コンポート類
 プルーンの甘煮
 シナモン風味のリンゴ煮

シリアル
 温製:
 オートミール クリーム入り
 オートミール 牛乳入り

 冷製:
 コーンフレーク
 グラノーラ
 オールブラン
 グレープナッツ
 フロステッドフレイク
 レーズンブラン
 スペシャルK
 ブラウンフレイク
 シュラデッドウィート
 ライスクリスプ
 ムーズリー

ヨーグルト
 プレーンヨーグルト
 フルーツヨーグルト

魚料理
 スモークサーモン
 ベーグルノクリームチーズ添え

卵料理
 目玉焼き
 ポーチドエッグをトーストにのせて
 やわらかい茹で卵
 プレーンスクランブルエッグ
 オムレツ:3種
 プレーン/マッシュルーム/ハムとチーズ

 エッグヒーター(コレステロール無しの卵)
 スクランブルかオムレツ

グリル料理
 バターミルクパンケーキ:シロップ添え
 ベーコン
 ハムステーキ
 リンクソーセージ
 ハッシュドブラウンポテト

ベーカリー
 ロールパン
 クロワッサン
 デニッシュペストリー
 イングリッシュマフィン
 フルーツ入りマフィンとブラウンマフィン
 6種の穀物入りパン

 

ある日のメインダイニングのランチメニュー詳細

詳しく見るにはこちらから
シェフのおすすめ

ブレサオーラ・デラ・ヴァルテッリーナ
 イタリアンオリーブオイルと
 パルメザンチーズ

アラスカ風シルバーサーモンのサラダ
 茹でた切り身、サヤエンドウ、新じゃが
 葱マヨネーズドレッシング

または

オッソブーコ・アラ・ミラネーゼ
 湯で炒めて赤ワイン、野菜
 マッシュルーム、トマトソースで煮込んだ
 仔牛のすね肉。
 サフランリゾットにのせて

オーストリアのリンツァートルテ
 ラズベリーソース・
 シャンティ―クリーム

前菜

ロールモップス
 塩漬けにんじん、りんごと
 じゃがいものサラダ添え

鶏のスープ・チーズダンブリング入り

野菜のクリームスープ・バジルとライス

ラディッキオとサクサクレタスの芽フライ
 ブルーチーズ・柑橘類とハーブのびねぐれっとソース

フレッシュ・サーロインの挽き肉バーガーとフライ

プリンセス自家製
ハンバーガー
チーズバーガー
ベーコンバーガー
ベジタブルバーガー
 フライドポテト付き

フライドポテトの大きなプレート
 マヨネーズ・トマトケチャップ付き

パスタ

オレッキエテ・アラ・ブリエーゼ
 円盤型のパスタ・ブロッコリ、ハム
 ミニトマトとパルメザンチーズ

タリアッテッル・ヴェルディ・アル・ポモドーロ
 緑色のパスタ、角切りトマト、にんにく、
 黒コショウのコンボード、
 ペコリーノ・ロマーノ・チーズ

メインコース

ルーペンのバストラ三・サンドイッチ
 塩漬けビーフ、サヴァークラウトのチーズ
 ライブレッド、
 ロシア風ドレッシングコールスロー
 コーシャンデル

フリット・ミスト
 揚げたエビ、ホタテ貝、イカ、白身魚
 フライドポテト添え、タルタルソース

チキンマサラ
 インドカレー、トマト、グリーンピース
 甘いクリームご飯添え

ハッシュドブラウンオムレツ
 玉葱、コショウのミックス、スイスチーズと
 サクサクの細かく刻んだポテト入り

デザート

船のアイスクリームファウンテン
 アイスクリームとフローズンヨーグルトの
 日替わりセレクション

コーヒーエクレア
 コーヒーカスタード
 コーヒーリキュールのソース

イチゴゼリー

季節のフレッシュフルーツのプレート

世界のチーズ取り合わせ
 クラッカー、ビスケットと共に

毎日のディナーの時間、場所は固定されています。

詳しく見るにはこちらから

ダイヤモンドプリンセス船内のメインダイニング

クルーズの期間中、

「メインダイニング」

というものが決められます。

朝食から夕食まで3食
食べることが出来ます。

メインダイニングは
船内に何か所かありますが

ランク別とかではなく、
どこに行っても同じサービスです。

朝食、昼食は
メインダイニング以外の場所でも
食べることが出来ますし

席も決まっていません。

唯一、ディナーだけは
決められたメインダイニングと
決められたテーブル
決められた時間に
とるようになります。

ディナーの時間とテーブル

詳しく見るにはこちらから

ディナーの開始時間は
2つから選べます。

2017年7月に
私たちが乗船したときは
ディナー開始時間は
17:30からと
19:45からの
どちらかを選べました。

ディナーの時間は
クルーズ旅行の
予約を取る時に
希望時間を旅行代理店に伝えることで
決まります。

クルーズの旅が始まると
一度決めたディナーの開始時間は
変更することは出来ません。

ただし、寄港地によっては
出港時間が夜遅くになる場所があります。

そんなときは、メインダイニングも
終日時間はフリー。

テーブルもフリーです。

ダイニングテーブルには
2つのタイプがあります。

相席で食べる8人掛けくらいの
丸テーブルと
夫婦やカップルだけで座る
2人席とあります。

どちらの席がよいか、
これもクルーズの旅を予約するときに
旅行代理店に伝えて
希望の席を取ってもらうことが出来ます。

ただし、2人席については
数が限られているので
必ずしも希望が通るとは
限りません。

丸テーブルでは
一緒になったご家族同士で
仲良くなりますので
お仲間を作りたい方は
楽しめると思います。

相席は苦手で
二人掛けの席を選ぶ方。

プライベートテーブルですが
席同市の距離はかなり近いので
やはり、丸テーブルと同じく
隣の席の方と
お話しながら食べることも
あります。

ディナーをいただける
レストランの場所と
指定のテーブルは
クルーズ旅行が始まるときに
教えてもらえます。

このメインダイニングは
会場によって料理の格差はありません。

どのレストランになっても
大丈夫です。

メインダイニングには、無理に行かなくてもいい。キャンセル連絡も必要なし

詳しく見るにはこちらから

このディナーのメインダイニング。

会場が決まっていて
席が決まっていて
時間が決まっているからと言って
絶対に行かないといけない、
という訳ではありません。

たまには有料のレストランに
行きたい。

バイキングレストランで、のんびり
ラーメンを食べたい。

寄港地でグルメを食べすぎた。

などなどの理由で
指定の時間に
メインダイニングに行かなくても
それも自由です。

特に、キャンセルの連絡などを
する必要はありません。

とても気軽です。

メインダイニングでディナーをいただく(画像多数)

詳しく見るにはこちらから

私たちは朝食、昼食では
メインダイニングを
ほとんど利用しませんでした。

ですので、料理の写真は
ディナーのメニューです。

また、ダイヤモンドプリンセスの
ガイドブックには

「ジュニアスィート以上は
専用のスペシャルメニュー」

とあります。

私たちはジュニアスィート、
スィートの宿泊なので
もしかしたら
全てが同じメニューではないかも。

では、さっそく
メニューを見ながら
好きな料理を選んで
注文してみます。

お食事は、前菜
メイン、パスタなどから選べます。

フルコースですね。

お腹がいっぱいの時は
前菜とパスタだけ
とかでも全然OKです。

ただし、8名座れる
丸テーブルで食べる場合

どなたかが
前菜、スープ、メインと
注文したとします。

そして、あなたは
前菜とメインだけにしたら

テーブルの人が
スープを飲み終わるまで
次のメインは出てきません。

その間、食べ終わるのを
ひたすら待つだけになります。

メニューは、
定番の固定メニューと
日替わりの特別メニューから
選ぶことが出来ます。

オードリーヘップバーンが
食べたというプリンセスメニュー

イタリア料理をメインにした
イタリアンナイトなどなど

日によってテーマが
変わっています。

ダイヤモンドプリンセスのメインダイニングの食事

前菜で頼んだ冷ややっこ。

これは、日本の冷ややっことは
ちょっと違いいまして。

大きな丸皿に
ちょこんと小さなお豆腐が。

ダイヤモンドプリンセスのメインダイニングの前菜

前菜の生ハム。

ダイヤモンドプリンセスのメインダイニングの前菜

前菜のサラダ…は

お味が、というより
盛り付けが雑感いっぱい。

そう。船の上の食事って
どうしても新鮮さに
欠けるんですよね。

それは、仕方がないこと。

採れたて野菜とかは
食べられない。

それでも、やっぱり野菜が食べたいと
再びサラダをオーダーしたら。。。

ダイヤモンドプリンセスのメインダイニングの前菜

(笑)

ダイヤモンドプリンセスのメインダイニングのスープ

マッシュルームのスープは
美味しかったですよ。

ダイヤモンドプリンセスのメインダイニングの春巻き

ごめんなさい!

ピントがぼけてるけど
春巻きです。

ダイヤモンドプリンセスのメインダイニングのパスタ

こちらもあまり
ピントがあっていませんが

蝶の形をしたファルファッレ
というパスタです。

なかなか美味しかった。

ダイヤモンドプリンセスのメインダイニングのメインディッシュ

どどーん!

とお肉。

焼き方はレア。

これも美味しかった。

ダイヤモンドプリンセス船内のメインダイニング

写真のメニューは
定番メニューの
鶏の照り焼き…だったと思います。

これは、美味しいです。

私はメインダイニングで
ディナーをする日は
必ず、このテリヤキを
食べていました(笑)

ダイヤモンドプリンセス船内のメインダイニング

甘かったけど、美味しかった
デザート。

ダイヤモンドプリンセスのメインダイニングのデザート

ボリューミーなデザート。

ある日のメインダイニングのディナー

詳しく見るにはこちらから

シェフのおすすめ
 北イタリア産ランギーノ生ハム
 コーンとサツマイモのチャウダースープ
 ロブスターているの網焼きとルイジアナ風蟹肉ケーキ
 または
 ビーフテンダーロインのシャトーブリアン

いつものお気に入り(定番)
 タコの酢の物
 冷ややっこ
 鮭のみそ焼き
 鶏肉の照り焼き
 牛ヒレ肉のグリルメダイヨン、バルサミコ控えめ
 お味噌汁
 ご飯と香の物
 オードリーヘップバーンのお気に入りのパスタ
 スパゲティ・アル・ポモドーロ
 ファルファッレ(蝶の形のパスタ)アル・ペスト

前菜
 はちみつとラム風味ハワイ産パイナップル
 コニャックとザリガニのパイ
  ボローバン・ニューバーグソース添え

スープ・サラダ
 冷製トロピカルフルーツソースのポテトニョッキ
 キングフリップ(白身魚)のグリル
  アジア風サラダ添え
 鴨のローストオレンジソース
 ニューイングランドポータケット産ひよこ豆と
  インゲン豆の煮込み

デザート
 小麦粉不使用チョコレートケーキダブルクリーム
 暖かいパッションフルーツのスフレ
 砂糖不使用マンゴチーズケーキ
 アイスクリーム

定番の人気デザート
 プリンセスラブボートドリーム
 ニューヨークチーズケーキ
 フレンチバニラビーンズ入りクレムブリュレ
 お好みのサンデー
 ブリ―&ゴーダチーズ
  ポートワイン漬けドライアプリコット
 季節のフルーツ盛り合わせ
 

メインダイニングでの飲み物 

詳しく見るにはこちらから

ダイヤモンドプリンセスのメインダイニングのドリンク

ディナーの時に飲むお酒や
お水意外のソフトドリンクは
有料になります。

食事のメニューによっては
少し追加料金を払うもののあります。

朝食時の飲み物

 紅茶
 ハーブティー
 コーヒー
 カフェイン抜きコーヒー
 ホットチョコレート
 牛乳
 スキムミルク
 オレンジジュース
 アップルジュース
 プルーンジュース
 トマトジュース
 パイナップルジュース

夕食時の飲み物

ドリンクメニューは
とっても充実しています。

ワインリストも
持ってきてくれます。

ワインボトルは飲み残しても
キープしておいてくれます。

食後のコーヒーは有料。

カフェラテ 2.5ドル
モカ 2.5ドル
カプチーノ 2.5ドル
エスプレッソ 1.75ドル
ダブルエスプレッソ 2.5ドルでした。

ダイヤモンドプリンセス|スペシャルレストラン(有料)とドリンクについてはこちらから

追加になっても、その場で
清算する必要はなく
クルーズ旅行が終わるときに
まとめて清算です。

記念日には、お祝いもしてくれる

詳しく見るにはこちらから

ダイヤモンドプリンセスのメインダイニングでは記念日のお祝いをしてくれる

ダイヤモンドプリンセスの
メインダイニングでは
結婚記念日、誕生日など
お祝いもしてくれます。

クルーズツアーを申し込むときに
伝えておくと良いですよ。

メインダイニングの料理は美味しい?まずい?

詳しく見るにはこちらから

メインダイニングの
肝心なお味はどうでしょうか。

やっぱり日本国内で
食べる食事に比べると
味はビミョーに違います。

それは、まずいというのではなく

・船なので新鮮さにかける
・そもそも国が違う

こんな理由です。

もし、注文した料理が

「これはちょっと食べられない…。」

というのであれば
大量に残しても
全然大丈夫です。

船内には、別のレストランも
ありますから。

ただ、バイキングコーナーのように
使える調味料は
充実していません。

塩・こしょうくらいです。

もし、どうしても心配なら
お気に入りの調味料を
旅行の準備物として
持っていくと良いですよ。

私たちは、柚子七味が
大変重宝しました。

ルームサービス

詳しく見るにはこちらから

ダイヤモンドプリンセスで無料で食べられるルームサービス

ダイヤモンドプリンセスでは
24時間利用できる
ルームサービスがあります。

※下船する日は利用できない。

写真は、私の旦那が
欲張りすぎて
阿保みたいに
炭水化物ばっかり頼んだので
参考になりませんが

イメージはこんな感じ
という事で。

ルームサービスの
一番のメリットは

混雑無しで、ゆっくり
部屋で食べれること。

ある日のルームサービスメニュー

詳しく見るにはこちらから

スープとサラダ
本日のスープ
豆腐と葱の味噌汁
グリーンサラダ
チキン入りシーザーサラダ
シェフズサラダ

サンドイッチ
クラブハウス
ローストビーフ
七面鳥の胸肉のロースト
ツナサラダ
ベジタリアン
ピーナッツバターとジャム

暖かい食事
スタジアム風ビーフホットドック
グリルドハンバーガー
チーズバーガー
クロック・ムッシュ
ブラックビーンズ入りビーフチリと
 トルティーヤチップス
ベイクド・イタリアン・ラザニア
モロッコ風ベジタブル・クロック・ポットの
 ピタパン添え(ベジタリアン向け)

ペストリーショップから
キャラメルフラン
チョコレート・ファッジ・ケーキ
チョコレート・チップ・クッキー

船内パントリーから
コーヒー
紅茶

朝食のルームサービスは
6:30~10:30

フレッシュフルーツ
ヨーグルト
シリアル
エッグマフィン
などが注文できます。

ダイヤモンドプリンセス日本発着ツアー

ダイヤモンドプリンセスの
日本発着ツアーでは
船内に旅行会社のデスクがあります。

オプショナルツアーや
船内の案内など
してもらえますよ。

乗客の人とお話をして
評判の良かった旅行会社を
掲載しておきます。

■近畿日本ツーリストのクルーズ

■JTBのクルーズ

■日本旅行のプリンセスクルーズ

■ クラブツーリズムのクルーズ

■H.I.Sのクルーズ

クルーズ関連の記事
寄港地から食事、お部屋まで!
6度のクルーズ乗船記一覧はこちらから

特別な日に是非行きたい
ダイヤモンドプリンセスの有料レストランとどりんくメニュー

旅の楽しさは事前準備で決まる
クルーズに持っていくと便利なもの一覧








シェアする